暑さも小休止

 昨日までの猛暑も今日は豪雨とともに小休止です。昼前から猛烈な雨が降り出し、それとともに気温も急降下しました、夕方まで雨の1日でしたが、昨日から10度以上も下がり少々肌寒を感じました。大雨で農作物への影響も心配したのですが、雨不足気味の畑には潤いの雨だったのかも。
 暑さが残る早朝の丘風景をUPします。

_DSY3001.jpg
朝靄が少し残る丘風景
_DSY3023.jpg
朝の風に揺れる麦畑 麦も色づき月末には収穫が始まります。

 核兵器の使用や保有などを法的に禁ずる核兵器禁止条約が7日米ニューヨークの国連本部で開かれている条約交渉会議で採択されました。しかしこの会議に世界唯一の被爆国の日本は不参加!ヒロシマ・ナガサキの「ヒバクシャ」の失望と怒りにアベはどのように説明するのか?

連日の真夏日

 今日のあいさつは「暑いですね」の1日でした。10日間ほど真夏日が続いており、33度まで気温が上がっています。暑さに弱い北海道人としては日中外に出るのもつらい毎日です。6月は寒い寒いと文句を言っていたのですが、暑くなればまた文句を言っている本当に勝手です(笑) 好天と気温の高さで農作物もすっかり生育しました。麦も色が変わり始め今月末には収穫が始まりそうです。

_DSB0248.jpg
麦畑もすっかり夏の装いに
_DSB0216.jpg
菜の花畑の上を通過する旅客機

 G20が終わっても、福岡・大分の災害があってもなかなか帰ってこなかったアベがようやく戻ってきたようです。いない間に加計問題や森友学園問題が国民も忘れるとでも思ったのか。帰ってきたとたんに支持率急降下。慌てて九州の災害地に出向き、国会にも顔をだすとか。内閣改造をしようとお友達内閣は限界です。

真夏日の丘で

 30度超えの真夏日が続いています。今日は夕立がありましたが、気温も下がらず蒸し暑い1日でした。涼しさを求め北海道にいらした方にはちょっとお気の毒です。この暑さの中でも農家の方は畑作業です。

_DSB0244.jpg
夏の太陽の下畑の手入れは欠かせません
_DSB0199.jpg
かぼちゃ畑での農作業

 前川喜平・前文部科学事務次官が加計学園問題につき国会で初めて発言をした。獣医学部新設をめぐりアベの意向が強く働いた疑惑がさらに深くなったが、当事者のアベは国外に・・・・・国民に説明できないアベは外国でが大張りきり?
 国民はもう騙されない!

今日も暑い一日

 真夏日が続く北海道の旭川地方です。北海道=涼しいイメージがありますが、毎年7月から8月かけ30度超えの日が続くことはよくあります。ただ朝夕はやはり涼しく、8月のお盆が過ぎると初秋の風が吹き出します。短い夏は北海道でも最も彩豊かな季節でもあります。

_DSB0232.jpg
菜の花が満開で7月中旬までが見頃です
_DSB0269.jpg
菜の花畑は昆虫たちの憩いの場所

都議選以降政治の流れが変わりつつあるのか?今までただ沈黙だった自民党内部からアベ批判が漏れてきたり、大手新聞の論評が少し変わったりと。しかし、これは普通のことでアベ政権の機関紙のような新聞社の責任は重い(産経・読売は完全に政権広報誌状態ですが)

夏の青い池

 7月最初のブログです。7月に入りすっかり盛夏の日々となっています。今日の最高気温も30度越えで今年一番の暑い1日でした。明日もまた暑そうです。夏の訪れとともに美瑛の「青い池」も一段と青く輝いています。短い北に夏が始まりました。

_DSY2810.jpg
深緑を映し出す青い池
_DSY2803.jpg
青い池を吹きぬける風が水面を揺らします。
明日からまた夏の北海道をUPしていきます。

都議選の自民党惨敗はアベ政権の終わりの始まりか。それでもシラを切り、ぶち切れるアベとその仲間たち。まさしく忖度政治!
プロフィール

nsuzuki

Author:nsuzuki
北海道のほぼ中心部に位置する旭川・美瑛・富 良野などの自然、人、産業、そして動物たちを写真をとおして紹介していきます。
上川盆地・富良野盆地は北海道の中でも冬の厳しい寒さと、夏の暑さの差が50度にもなる地域であり、大陸的な気候を思わせる地域です。
それだけに自然も豊かであり、大雪山連峰と美瑛・富良野に見られる丘の風景は特筆するものがあります。
これから、自然とそこに生きる人たちが作る「彩りの大地」をお楽しみください。

詳しくはリンクのHPへどうぞ

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
QRコード
QR