FC2ブログ

かすむ空

 春霞かそれとも大陸から流れてきた大気汚染物質なのか、天気は快晴なのですがかすんだ空が続いています。明日化r少し雨も降るようなので、そのあとはすっきりした空となるのかな。

_DSC2630.jpg
木々にも新緑の葉が見えてきました。何となくかすんでいますが。
_DSC2642.jpg
かすむ丘風景

読売新聞の全国世論調査で憲法を「改正する方がよい」は51%だったとか。共同通信の調査では自民党の改憲案に否定が多数なのですが。確かに設問により結果が真逆になることもあるかも。また、アベは読売新聞の全国世論調査を過大評価するのかな。
スポンサーサイト



春耕

 北海道から離れていました、さらに帰宅後風邪をひきすっかりブログを無断欠席してしまいました。ようやく撮影も始めましたが、すっかり春真っ盛りとなり、まもなく桜も咲きそうです。この連休は桜を撮影できそうです。
 春となり、ブログの更新も休まないようにしますのでお付き合い下さい。

_DSC2640.jpg
トラクターの音が聞こえる季節となりました
_DSY5765.jpg
旭川空港近くで撮影

今年のトップニュースの一つとなる南北会談が終わりました。いよいよ米朝会談。歴史は変わるのかとの期待と疑念が交差していますが、間違いないのは日本は「蚊帳の外」・・・・・自民党でもアベが蚊帳の外の置かれるのも近いかも。

明日かは春の陽気?

なかなか春の陽気になりなせん。今日も朝は小雪模様。明日からは少しずつ気温も上がりる予報ですが。

_DSY5590.jpg
空は春色ですが
_DSY5613.jpg
サイロだけが残った廃墟あとにはまだ雪が

14日に国会前で3万人が集まったアベ退陣を要求する集会がかいさいされました。全国各地でも同じような集会が開催されています。今のアベ政治に本気で「NO」をつきつけなくては!

間もなく北に行くの?

 白鳥の姿もあまり見かけなくなってきまいた。北に向かって飛び立ったのか、集団で行動しているはずの白鳥が1羽だけ残っていました。はぐれたの?それとも居心地がいいの?カモたちと意気投合したの?



本日の夕刊トップ記事は「米英仏シリア攻撃」でしたが、ロシアとの確執も絡みなんとも不気味なことで。ゲームのように巡航ミサイルを撃ち込んだもとには、何ら罪もない市民も。トランプ、プーチン、アサドの駆け引きの犠牲者は無力な子どもや、市民・・・・・・
「米英仏シリア攻撃」、アベも支持しているようですが。

ブルー

 美瑛の「青い池」の水面を覆っていた氷も消えて、ブルーな池が戻ってきました。まだ回りには雪も残っていますが、早春の青い池です。

_DSC2555.jpg
白樺の間から見る青い池
_DSC2621.jpg
青い水面を早春の風が

 「森友」国有地問題にみる嘘だらけ答弁、アベの嘘が明らかになる加計文書、自衛隊日報隠ぺい・・・・・・・・
この1年間の国会論議、意味不明解散は何だったのか!

春の流れ

 寒い毎日ですが、雪の姿もすっかりなくなってきました。雪解けとともに川の流れに勢いがついてきました。冬の川から春の川へとすっかり変わりました。

_DSA5698.jpg
雪解け水で水量もふえています。
_DSZ7242.jpg
山の雪も融けだし、流れに勢いが

毎日出てくる新しい疑惑。それでも知らぬ存ぜぬのアベ。音を立てて崩れていくアベ政治にのに気付かないの?
このままでは民主主義もシビリアンコントロールもずたずたになってしまう!

春の寒さが続いています

4月も中旬に入りますが、寒い毎日です。春一番に咲くクロッカスなども蕾からなかなか咲きだしません。
明日からは少しずつ暖かくなりそうなので、さきだすかも。

_DSC2518.jpg
クロッカス
_DSC2531.jpg
福寿草の仲間かな?

国会のニュースを見ていての感想!自民党議員の「怒り」チョット演技にみえた。官僚たちが勝手に改竄したり、ごまかしたり、隠したり。誰のために?忖度でしょう。

早春の太陽

 春とは思えない寒さが続いています。どんよりとした雲でひと月季節が戻ったようです。夕暮れの太陽をねらってみましたが、厚い雲間から真っ赤な太陽が姿を現しました。太陽の色は春を感じる色でした。すぐに沈んでいきまいたが。

_DSC2517.jpg

_DSC2510.jpg
雪雲の中を沈んでいく太陽です

 政治の世界はずうっとおかしいのですが、レスリング界のパワハラ、相撲界の暴力と非常識。今の日本は非常識が「常識」となのと勘違いしてしまいます。

黄連雀

黄連雀(キレンジャク)は旭川市の鳥となっているようですが、意外と見かけない鳥です。冬に日本に渡ってくる渡り鳥でこの周辺には冬にしか見かけることはありません。餌の少なくなる冬にナナカマドの木にたまに群がっていることがありますが、春になるとキレンジャクの姿をあまりみませんね。

_DSC2289.jpg

太平洋戦争前に日米戦を当時の陸海軍や各省庁さらに民間人が様々な角度から分析しその結果「日本必敗」の答えだ出された。(丹羽宇一郎著戦争の大問題より)しかし、軍部は無視し戦争に走った。つまり都合の悪い情報は握りつぶし、うそだらけの情報で国民を戦争に引きづり込んだ。その結果は・・・・ 自衛隊幹部の日報隠しは戦前の発想と変わらずなのか!

北へ

 寒さが戻った北海道ですが、ハクチョウたちは北に向かって飛び立っていきます。明日も寒いようでなごり雪の予報です。ふたたび春の日差しが戻るのは来週になりそうです。

_DSC2365.jpg

陸上自衛隊の日報隠ぺい問題。国会では防衛相のウソ答弁。戦前の軍部の隠ぺい体質と同様か。文民統制が揺らいでる、アベの管理能力!

雪解けまでもう少し

 真っ白に覆っていた雪が一気に融け、土が顔を出してきました。春耕の作業はまだ始まっていませんが、土の匂いが漂いだしてきました。明日から週末に少し寒さが戻りそうです。うっすら白く戻るかもしれません。

_DSY5384.jpg
雪に覆われていた農道も走行可能になりました
_DSY5338.jpg
雪解けが進んだ水田

道徳の教科化が小学校では今春から、中学校でも2019年度からはじまり、中学道徳教科書の検定も終わったようです。しかし、道徳心を養うことは大切だが、教科化で価値観の押し付けや子どもの内面を評価することへの疑問もある。最も怖いのは戦前のような愛国主義的思想の植え付けでは。アベの狙いはそこにあるのかも。

春とともにキタキツネも活動活発に

 最近撮影に出るとキタキツネに出会うことが多くなってきました。雪解けとともに餌も取りやすいのか歩き回っています。

_DSC2191.jpg
残雪で出会ったキタキツネ
_DSC2169.jpg
ちょこんと座り込みこちらを観察中
_DSC2223.jpg
餌をくわえたキタキツネ

アベが放送法にも手を出しそうです、彼の言っている公平とは、自分に都合の悪い放送には批判し、都合のいい放送は優遇することかもしれない。戦前の放送は国の都合いい放送だけが流れ、多くの放送関係者が追放され戦争へと突き進んだ。そんな時代に戻すわけにはいかない。

春が駆け足で

 日に日に雪が消え、フキノトウが顔を出しました。雪深い北国の冬から春を迎えるこの季節は体も心もウキウキします。

_DSY5343.jpg
雪解けとともに顔を出すフキノトウ

佐川証言納得できぬ72%しかし内閣支持率は42.4%の微増? 理解不能の世論調査 日本国民は政治にさめているのか?

北に向かう白鳥たち

 春の陽気に誘われてか、白鳥の群れが北に向かって飛んでいきます。近くの農業用水の「東神楽遊水地」に白鳥たちが羽を休めに集まってきました。本格的な春になる4月中旬には北に飛び立っていきます。

_DSC2497.jpg
用水地で夜を過ごし,早朝から北へ向かう準備が始まります(東神楽町森林公園)
_DSC2445.jpg
早朝の空を飛ぶ白鳥(東神楽森林公園)

4月1日は「エイプリルフール」ですが、国会やアベを見ていると、1年中「エイプリルフール」のようです。前回の解散総選挙の理由、防衛省の日報嘘答弁、森友・加計問題、さらには財務省公文書改ざん 等々 4月1日ぐらい本当のこと言ってみたら・・・・・
プロフィール

nsuzuki

Author:nsuzuki
北海道のほぼ中心部に位置する旭川・美瑛・富 良野などの自然、人、産業、そして動物たちを写真をとおして紹介していきます。
上川盆地・富良野盆地は北海道の中でも冬の厳しい寒さと、夏の暑さの差が50度にもなる地域であり、大陸的な気候を思わせる地域です。
それだけに自然も豊かであり、大雪山連峰と美瑛・富良野に見られる丘の風景は特筆するものがあります。
これから、自然とそこに生きる人たちが作る「彩りの大地」をお楽しみください。

詳しくはリンクのHPへどうぞ

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
QRコード
QR