FC2ブログ

明日から3月

 2月も今日で終わり、明日からは3月です。九州や関西、関東では梅、桜の季節ですが、北海道はまだまだ雪の中。今朝も-20度の朝を迎え、3月初日の朝も-20度の予想です。あとひと月春をじっくり待ちたいと思います。

_DSY5035.jpg
今年は積雪も多く、厳しい寒さの日も続きました。どこを見ても深い雪景色です
_DSY5044.jpg
屋根に積もる雪、赤い窓が白い雪の中で印象的でした

新1年生から高級ブランド「アルマーニ」デザインの新標準服を導入する東京・銀座の中央区立泰明小学校。6年間でいくらかかるのか、公立学校の発想ではないような気がします。格差社会を象徴するような現実を見ました。
スポンサーサイト



快晴十勝連山

 朝から快晴瀬下。朝の気温-23度、日中は-3度その差20度でした、なぜか快晴の陽ざしを浴びあまり寒く感じませんでした。明日も-20度近くまで下がりそうですが、日中は冬も終盤を感じる天気になりそうです。この快晴の下、十勝の山並みが輝いていました。

_DSY5059.jpg
快晴の空に十勝の山並みがが映えます
_DSY5089.jpg
冬の冷たい空気が十勝連山を美しく見せます

中国で憲法改正により国家主席の「任期撤廃」に進むとか、また一人、強権政治家が増えそうです。長期政権が政治を腐敗させる過去の歴史の繰り返しか!トランプ、プーチン、習近平、アサド、エルドアン、アベそして金正恩・・・・・

旭川神楽岡公園にて~冬を楽しむ

 朝は連日-10度以下の気温ですが、日中の日ざしが少し春めいてきました。今年は積雪の多い冬でしたが、この雪を楽しむ人たちもたくさんいます。旭川の神楽岡公園では歩くスキーを楽しみ、いい汗をかいています。

_DSC1876.jpg

_DSC1884.jpg
澄み切った冬の空気をすいながら、新雪を歩くスキーで楽しんでいます。私はスノーシュー派ですが。

 「働き方改革」関連法案の今国会提出断念など野党6党の要求に対しては拒否。政府・与党は法案提出を譲らない構えで、2018年度予算案については27日に衆院を通過させる方針とか。またしても力による国会運営が。裁量労働制に関する政府の調査データもまたまたアベの忖度?

旭川神楽岡公園にて~春を待つ小鳥たち

 まだまだ真冬日の北海道ですが、少しづつ陽射しが柔らかくなってきました。今年は積雪も多く、小鳥たちにとっても春が待ち遠しのでは。

_DSC1869.jpg
木の枝で様子をうかがうコガラ
_DSC1867.jpg
飛び立つコガラ

 ピョンチャン冬季オリンピックも閉会式で終わりました。選手たちの頑張りで多くの感動をいただきました。メダルを獲得することも素晴らしいことですが、勝者も敗者も素晴らしいコメントにも感動です。特に小平選手には人としての素晴らしさを感じました。昔のように「日本のためにたたかう」コメントがないのもいいね(東京五輪の組織委員会長の森さんはどうも違うようですが)
この後はパラリンピック、みなさんの活躍を期待してます。

氷瀑

 昨日に引き続き美瑛の「しらひげの滝」で撮影した写真です。この季節しらひげの周りにはブルー色の氷瀑ができています。この氷瀑も3月中旬にはとけだします。3月末までライトアップもされています。

_DSC1843.jpg
ブルー色の氷瀑 快晴の日だとさらに青く輝きます
_DSC1818.jpg
いらひげの滝の流れと氷瀑

 今まで五輪のカーリング女子「日本対英国」の銅メダルをかけた試合ををTVで観戦し、日本勝利で銅メダルの瞬間を見ていました。その最中には高木菜那選手がスピードスケート新種目マススタートで金メダルを獲得のニュースも。チャンネルを切り替え拍手を送っていました。 平和の祭典!そうです平和でなくてはスポーツ観戦もできません。

美瑛白ひげの滝

 今日は少し気温も上がり久しぶりに真冬日から解放されました。しかし明日からまた荒れ模様で、すでに外は吹雪です。
日中、穏やかだったので美瑛白ひげの滝を撮影してきました。雪の中のブルー滝もいいですね。

_DSY5021.jpg
美瑛川は凍りつくことなくブルーな流れです
_DSC1780.jpg
滝のしぶきがすっかり凍りつきブルーの「氷瀑」です

 与党自民党議員の暴言がおさまらないようで、今度は渡辺孝一衆院議員(比例北海道)が裁量労働制の不適切データ問題を巡る野党の国会質疑について、「誹謗(ひぼう)中傷クラス」と。一強与党のおごりかそれとも議員の質の低下か。

まだまだ寒さが続きます

 2月も後半となり、少し陽ざしが柔らかくなってきたような気がします。冬も終盤かなと思うのですが、実際はまだまだ寒さが続いています。氷が融けだすのはもう少し先かな。

_DSC4484.jpg
寒さの中のナナカマド
_DSC4643.jpg
小川の氷もまだ解けるそぶりを見せません

旧優生保護法の下、障害者らへの強制不妊手術の実態が明るみに出てきました。北海道もかなりの方が強制不妊手術を受けされてるようで、11歳の子まで含まれていたとか。北海道が最多と知り唖然としています。誤った法律でも成立してしまえば動き出し、人権すら後回しになります。、「働き方改革」関連法案にしてもいつ姿が変わるか・・・・・

白樺林

 北国の冬らしい風景の一つに白樺林があります。新緑の頃もいいのですが、真冬の白樺の木々もいいものです。鹿でもいてくれると最高なのですが。(歌でも出てきましたね・・・・白樺♪青空♪♪)

_DSC1779.jpg

「働き方改革」関連法案審議のアベの答弁にあきれています。根拠のないデータ問題で開き直ったり、責任逃れをしたり・・・・そのくせ朝日新聞に対する攻撃はまさに権力にあぐらをかいた自分本位。何処かに大統領と同じことをしている。

雪のキャンバス

 昨日の快晴は1日だけで終わりました。今日はうっすら雲模様で冬空です。昨日の快晴の空の下雪に映る影いい被写体になりました。

_DSC1763.jpg
送電塔の影です
_DSC1768.jpg
青空に木々の影が映えます

「働き方改革」関連法案の裁量労働査データがどうもおかしいようで、アベも謝罪したようですが、法案の再審議については消極的なようです。つまり労働者のための「働き方改革」ではなく、大企業の使用者のための「働き方改革」が見え隠れ!

久しぶりの快晴

 今日は朝から快晴の空。朝の気温は-20度ですが、雲一つない真っ青な空です。この天気に誘われて上川町の旭ヶ丘まで撮影に行ってきました。夏場はガーデン人気で観光客も多数訪れるところですが、今日は雄大な大雪の山並みを独り占めでした。

_DSY4996.jpg
真っ白な雪に覆われた牧場と大雪の山並み
_DSY4985.jpg
旭ヶ丘から大雪連山を遠望

 スピードスケートの女子500メートルが行われ、小平奈緒さんが36秒94の五輪新記録で金メダルに輝きましたね。昨日の羽生選手との連日の金でした。講義終了後、銀メダルのイ・サンファ選手(韓国)と肩を組み健闘をたたえあう姿もいいですね。オリンピックを政治利用したり商業主義に走るお偉方も多いですが。

深雪の旭川プラタナス通り

 買い物の途中でスナップしました旭川市の緑ヶ丘から神楽岡を走るプラタナス通りです。今年は雪も多くプラタナスの並木にも雪がはりついています。この通り四季を通じて被写体となる場所です。

_DSC1758.jpg
少し吹雪気味でした
_DSC1755.jpg
例年にない大雪で車道もすっかり狭くなっています

国税庁長官の佐川宣寿氏が依然として雲隠れのようです。昨日から確定申告がスタートしたのですが、大事なお仕事もなげうってどちらにいらっしゃるのか。国会の周辺にはきっといないのでしょう。(それでも税金から給料はしっかり支払われているようですが)

チョット見つけた1枚

 雪深い2月を車で走ったり、街中をぶらぶら歩いたりしながらシャッターを押した1枚です。普段見慣れている風景もファインダーから見るとまた違う風景に見えることも。

 _DSC8419.jpg
旭川彫刻美術館で
_DSY4899.jpg
美瑛の丘で

 米国の高校でまたも銃の乱射事件が。17人もの若い命が失われた。それでも銃規制を進めないアメリカ・・・・・本当に世界一の先進国なの?

青い空と太陽の光が恋しくて

 北海道の日本海側は荒れ模様の日が続いています。特に滝川市周辺は大雪が続きJR函館本線の札幌と旭川間は完全にストップしています。今週も雪とどんよりした冬空が続きそうで、晴れた日に撮影した写真を見ながら快晴の冬の青空を恋しく思っています。

_DSY4804.jpg
おだやかな冬の青空 しばらく大雪の山並みも眺めることができません
_DSY4877.jpg
冬の青空に輝く太陽 空気が澄んでて気持ちがいいのです

 森友学園問題に関する新資料がわんさかと出始めている。すでに廃棄されたと国会答弁もした財務局だが全くのうそ答弁だったらしい。ところがニュースでは大きく取り上げられず、オリンピックの影に隠れている状態。怪しい答弁の佐川宣寿・前理財局長やアベ夫人を国会に呼べば少しは明らかになるはずなのに、アベもアソウものらりくらりの逃げ答弁・・・・嗚呼姑息、.姑息

2月の一コマ

 今日も寒い真冬日で日中も-8度までしか温度が上がらず、冷凍庫状態です。吹雪が続いているとこもあり、JR線もかなり混乱しています。これが北国の冬なのですが。
 そんな冬風景を
_DSY0759.jpg
冬の雲間からかすかな冬の日ざし
_DSY4907.jpg
白一色の2月の風景

 オリンピックを契機に南北朝鮮の流れが変わりつつあるのか。米国も北朝鮮との対話の可能性を示唆し始めている。アベは「圧力・圧力」一辺倒の外交であるが、今にアメリカからも梯子を外されるのでは。それにしても北朝鮮の外交はしたたか。

凍てつく川面

 今日も寒い寒い1日でした。平昌五輪も相当寒い中での競技でちょっとかわいそうですね。
この寒さで川面も凍り付いてしまっています。明日もこの寒さ続きそうです。

_DSC1729.jpg
川が流れいるのですが今わほとんど雪原状態です

いま、オリンピックをTV観戦しながらか更新しています。モーグルで銅メダルのニュース速報が入りオオと思っていると、スピードスケートの女子1500メートルが行われ、高木美帆さんが銀メダル!さて女子ジャンプの高梨沙羅は・・・・・ただいま観戦中

寒さが戻ってきました

 昨日までは暖かな日が少し続いていましたが、今日は雪も降りだし寒い冬が戻ってきました。夜になり少し吹雪き模様です。
しばらく冬の日が続き北海道です。

_DSY4964.jpg
雪の舞う中の白い太陽
_DSC1739.jpg
木々は雪の花をつけ静かに春を待っています

 佐賀県神埼市での自衛隊ヘリ墜落事故で、家を失った住人がネット上で罵声を浴びているとのニュースを聞き唖然とした。先日も沖縄で相次ぐ米軍ヘリの不時着や部品落下の事故では「それで何人死んだんだ!」と副内閣相から国会でやじが飛んだ。
過去にもこのような事故で市民が犠牲になっているのに、どこかおかしい感覚の人が増えているの?

夕暮れ

 寒さがひと段落し、今日はプラスの気温で真冬日から解放されました。各地では冬のお祭りが開催されているのですが、この季節としては過ごしやすい1日だったと思います。夕暮れも心なしか温もりを感じます。(まだまだ春は遠いですが。)

_DSB9240.jpg
冬の夕焼けぞら。風は冷たいのですが何となくほっと

 冬季オリンピックが始まり、ついついテレビ観戦をしてしますています。本当に平和の祭典となり、オリンピック・パラリンピックが終わった途端に物騒な世界情勢にならないことを祈ります。

屋根の雪下ろし作業

 厳し寒さも小休止か、今日はこの季節としては気温も0度近くまで上昇しチョットほっとしています。ただ暖気が来ると屋根からの落雪もあり、屋根の雪下ろしをよく見かけます。今日は旭川の彫刻美術館(旧旭川偕行社)で屋根の雪下ろし作業が行われていました。

_DSY4919.jpg
相当の高さの屋根での作業、見ているほうがドキドキものです
_DSY4915.jpg

_DSC8426.jpg
旭川偕行社は陸軍第七師団が旭川に設営されたさいに、将校たちの社交場として明治三十五年に建設された建物で、今は彫刻美術館となっています。

 冬季オリンピック競技平昌(ピョンチャン)大会が始まりました。平和の祭典ですがその裏では政治的思惑も・・・・
開会に先立ってアベは9日午後、韓国の文在寅大統領と会場近くのホテルで約1時間会談した。「北朝鮮の非核化に向けて圧力を最大限まで高めていく必要がある」とのべたとか。北朝鮮がこのオリンピックを政治的に利用していることは見え見えだが、圧力一辺倒で本当に解決できるの。ミサイルが飛んできたとき本当に国民を政府や、米国が守れるとは思えないのですが。

冬の旭川空港

 旭川空港の周辺を撮影しました。雪のないときはいろいろなところから撮影できるのですが、冬は雪の中をスノーシュで歩きながらの撮影になります。雪の中でひたすら飛行機を待ちながら。

_DSC1631.jpg
カラフルなAIRDOが飛び立つ準備です。遠くには旭川の街並みも
_DSC1660.jpg
突然頭上を飛行機が下りてきました。中部空港からのANA便です

産経新聞社が8日朝刊1面で、沖縄市で昨年12月に発生した交通事故を巡り米海兵隊員が日本人男性を救助したとする記事について、事実が確認されなかったとして、「おわびと削除」との記事を掲載した。あれだけ救出を報じない琉球新報・沖縄タイムスを「報道機関を名乗る資格はない」などと批判したのにフェイクニュースだったとは・・・・産経新聞は与党の機関紙らしく裏も取らずに「沖縄の米軍」をよいしょした結果でしょう。

出会い

 今日もマイナス24度名で気温が下がりましたが、穏やかな冬日の一日でした。大変な積雪で日常生活に支障がでているところもあるようですが、グーンと気温が下がる日は冬晴れのことが多いようです。
 寒さが厳しい雪原で今日はキタキツネとと遭遇しました。よくキタキツネに出合うことが多い場所ですが、今日のキツネはじっくりと撮影させてくれました。

_DSC1669.jpg
こちらを警戒しながらも興味津々のキタキツネ
_DSC1720.jpg
雪原の中を森に向かって去っていきました

トランプ米政権が米国の核戦略の指針「核態勢見直し」を発表した。ロシアや中国、北朝鮮が核兵器増強を進める現状に対応し、爆発力を小さくし、機動性を高めた新型核兵器の導入を明記した。使える核兵器を保持するという、核廃絶とは真逆の方向!!
それに対し、河野太郎外相は「高く評価する」との談話を発表!!河野太郎さんあんたもアベに取り込まれたか??

特急オホーツク

 北陸地方は大変な豪雪で日常生活にも大きな影響が出ているようですね。こちらは寒さは厳しいのですが、雪も降らず穏やかな1日でした。明日からも寒さは厳しいようですが、除雪作業からは解放されそうです。
 北海道のJR線の存続が今話題となっています。今回撮影した札幌と網走間の特急「オホーツク」も2往復となってしまいました。今後北海道のJRはどうなるのやら。談合だらけのリニアには大金がつぎ込まれるけれど、北海道をはじめとする赤字線は消えていくのか・・・・さみしいいですね。

_DSC1502.jpg
トンネルを抜け雪の中を走る特急オホーツク
_DSC1515.jpg
特急オホーツクのシンボルマークは「クリオネ」

 今、丹羽宇一郎さん(元中国大使・元伊藤忠商事社長)の「戦争の大問題」を手にしています。そのカバー表紙の言葉から「戦争をなくすためにはまず戦争を知ることである。日本人は72年間戦争をせずにきたが、同時に長い間戦争を知ろうとせず過ごしてきた。あと10年もすれば、戦争を知っている世代はいなくなるだろう。我々は戦争の語り部を失ってしまうのだ。今が最後のチャンスである。」
 その通りだと思います。この本をじっくり読んでみます。

青い空と冬の丘

 冬の青空の写してみました。丘の風景と青空は冬の撮影の定番かな。

_DSY4549.jpg
丘の雪原にキタキツネの足跡
_DSC1605.jpg
牧場に立つ一本木

 沖縄名護市の市長選で辺野古反対の現職が負け、政府与党が推す無所属新人が当選した。当選した渡具知氏は新基地建設の是非を明言せず、争点ぼかしに成功した。これで辺野古推進にアベは走り出す。沖縄の声はそれでも基地を望んでいない!

冬山遠望

 冬真っ最中の北海道ですが、今年はほとんど雪の降らないところでも積雪があったり、何年振りかの豪雪であったりと日本中真っ白な雪景色の日が今年は多いようです。旭川周辺は真っ白な風景が普通ですが・・・・・ 明日からまた雪の予報です。

_DSC1586.jpg
遠くに見えるのは十勝の山並み
_DSY4782.jpg
こちらは大雪山

 今日は沖縄名護市の市長選投票日でした。まだ結果は出ていませんが、最大の争点は基地問題です。ところが与党の自民・公明は経済を前面に出し基地問題には逃げ腰。つまり基地反対派が勝利すれば国からのお金は沖縄にはいかないという脅し?
いま、アベは沖縄の声を、良識をあらゆる手でつぶそうとしている。これは保守政治ではなく恫喝政治だ!

冬の太陽

 厳しい寒さなのに、冬の青空で輝く太陽を見るとちょっとホッとします。今年は鉛色の空の日が続いたのでことさら感じるのかもしれません。明日からはまた曇天模様ですが、それはそれで良しとし、撮影してみます。

_DSY4858.jpg
美瑛の定番の林で撮影しました。夕日を写し込む写真が多いのですが、今日は冬の太陽を主役に撮影です。
_DSY4780.jpg
道路沿いのバス停留所 静かにバスが来るのを待っているようで・・・

 1月12日にノーベル平和賞を受賞したICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)のフィン事務局長が来日しました。アベとの面談も希望していたようですが、アベは逃げたようです。
 そのフィンさんが北朝鮮の核の脅威に対する核抑止論に対し、核抑止論の矛盾点を突き「核の抑止力は神話にすぎない」「もし核抑止論が正いいのなら北朝鮮が核を持つことも正しいことでは」と強烈に批判をしました。核兵器は人類を終わりにすることにつながり、ヒロシマ・ナガサキの悲劇を訴えることが日本の役割では(もしミサイルが飛んできたら、政府も米国も国民を守れません。米国から高額の兵器を売りつけられても!)

青い影

 今日は朝から快晴。今冬の最低気温のマイナス24度まで下がりましたが、雲一つない青空の朝を迎えました。寒さで空気がピーンと張りつめていました。この天気も明日の午前中までのようで、午後からは雪が舞うかもしれません。
 寒さの厳しい快晴の日が雪原に青い影を写しだしています。
_DSY4839.jpg
木々の青い影が雪原をキャンバスに替えました
_DSC1583.jpg
棚田の陰影

 私の愛読書に「通販生活」があります。その春号の表紙に田中角栄の言葉が掲載されていました。
「戦争を知っている世代が政治の中枢にいるうちは心配ない。平和について論議する必要もない。だが、戦争を知らない世代が政治の中枢となったときはとても危ない」 
 まさしく、今です!アベ政治を指している言葉だと思います。(昔の自民党にもたくさんのまっとうな政治家がいたということです)

冬眠中でした

 お久しぶりです。昨年12月から家族の体調不良や私自身も体調、様々のことでしばらく撮影もブログ更新も休止していました。ようやく撮影もできる状況になりましたので、ブログを再開することにしました。突然の休止、そして突然の再開ですがまたお付き合い下さい。ようやく冬眠から覚めました!

_DSC1565.jpg
今年の冬は寒い日が続きますね。雪の降る日も多く、久しぶりの撮影も雪との格闘です。
_DSC1549.jpg
真冬の快晴で雪が輝いていました。

 これからも写真とコメントでブログを楽しんでいただけたらと思っています。たまには毒舌コメントもと思いながら・・・
プロフィール

nsuzuki

Author:nsuzuki
北海道のほぼ中心部に位置する旭川・美瑛・富 良野などの自然、人、産業、そして動物たちを写真をとおして紹介していきます。
上川盆地・富良野盆地は北海道の中でも冬の厳しい寒さと、夏の暑さの差が50度にもなる地域であり、大陸的な気候を思わせる地域です。
それだけに自然も豊かであり、大雪山連峰と美瑛・富良野に見られる丘の風景は特筆するものがあります。
これから、自然とそこに生きる人たちが作る「彩りの大地」をお楽しみください。

詳しくはリンクのHPへどうぞ

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
QRコード
QR