6月最後の日は真夏日

 いつもご覧いただきありがとうございます。
 今日も朝から快晴で、北海道人としては猛暑の1日でした。(28度しかないのですが) 6月初旬からの低温傾向で遅れ気味だった作物の成長もこの暑さが続いてくれると挽回しそうです。美瑛の丘も久しぶりの好天で麦の緑も深くなり、ジャガイモの花も咲きだしました。

_DSB7550.jpg
麦の穂が色づいてきました。7月末には収穫です。
_DSB7636.jpg
少し咲き出したジャガイモの花 7月の中旬にはジャガイモの花畑になりそうです。

スポンサーサイト

大雪森のガーデン その2

 突然夏がやってきたような1日でした。27度まで気温も上がり、快晴で明日も30度まで気温が上がる予報です。この天候で少し足踏み模様の農作物の成長が一気に進みそうです。そろそろジャガイモの花が咲き、小麦の穂も畑を覆いつつあります。
 今日は先日の続きになりますが、大雪森のガーデンで撮影したものをご覧ください。

_DSZ9141.jpg

_DSZ9100.jpg

_DSZ9071.jpg
花をアップで撮影しましたが、花の名前を覚えることが苦手で・・・・

 今日の北海道新聞に「陸自募集で高校生宅訪問」の見出しの記事が載っていました。住民基本台帳で入手した個人情報をもとに高校生宅を訪れ、募集活動をしているようです。本来高校生の就職活動は学校経由で行うことが基本ですが、これでは準徴兵制度の準備のようです。きっと募集活動ではおいしい話ばかりで、戦争法により戦場に送られるリスクは説明しないのでしょう。

大雪森のガーデン

 久しぶりに晴れの日、初夏の陽射しが戻ってきました。今日は上川町の大雪森のガーデンまで撮影に。北海道各地に観光ガーデンがありそれぞれのガーデンでも花の見ごろになっています。大雪森のガーデンも初夏の花が咲きでしました。

_DSZ9112.jpg
メコノプシス・ベトニキフォリアの花です。ヒマラヤの青いケシと言われています。
_DSZ9108.jpg
虫たちの季節でもあり、毛虫が若葉を食べていました。

6月の山並

 少々寒い6月の風が吹く、晴れに1日でした。久しぶりに遠くの大雪・十勝の山並みも眺めることができました。一月前までは残雪が残る山並みでしたが、日に日に短い夏の山に代わっていました。本格的な夏が待ち遠しい気分です。

_DSB7408.jpg
大雪山を背に農作業の姿が
_DSB7438.jpg
すっかり雪渓が小さくなってきた十勝の山並み

慰霊の日
 今日は沖縄戦で命を落とした20万人以上の犠牲者を追悼する「慰霊の日」です。昨年の「戦争法」強行以来「平和」が軽くなった気がしています。その平和を最も希求している知は沖縄ではないでしょうか。この平和を最も粗末にしているのはアベ政治です。
こんな政権に改憲を語ってほしくないし、語らせないためにも参議院選の1票を大切にしたものです。

ポピー

 役場の前庭に咲くポピーを写してみました。雨の日が続き、ポピーの花も少しくすんで見える感がありましたが、今日は柔らかな初夏の陽射しの中で風に揺れるポピーです。北海道もポピーの花とともに夏が始まりそうです。

_DSZ9054.jpg

_DSZ9048.jpg
風に揺れる鮮やかないろのポピー

 東京電力が福島第一原子力発電所の事故のあと、2か月以上、炉心溶融が起きたことを認めなかった問題で、東京電力が依頼した弁護士らの委員会は、当時の社長が官邸からの指示を受けて炉心溶融ということばを使わないよう指示していたことを明らかにした。東電の社長は隠ぺいととられても当然と記者会見したが、参議院選公示日前にNHKも詳しく報道し始めた。
どうも胡散臭い・・・・・本当に官邸からの指示があったのかの確証すら明らかでない中で東電の責任逃れがまた始まったのでは?

森の中で

 ようやく平年並みの気温に戻って来たようです。季節外れの気候も一段落ですが、まだ初夏の太陽は戻ってきません。本州では真夏日も記録しているのですがこちらは涼しい毎日でした。北海道は気温が上昇するとともに屋外バーベキューの季節でもあります。休日ともなるとどこからともなく焼肉の匂いが漂います。
 森の中を散策しながら撮影したものをUPします。目に入っていた被写体をマクロレンズで写しました。

_DSC1933.jpg
葉が造形的で打つ木しかったので
_DSC1916.jpg
自然が作る美 タンポポの種子

 「安倍晋三さん、本土にお住まいの皆さん、加害者はあなたたちです。しっかり沖縄に向き合ってください」
6月19日に那覇市で開催された「沖縄女性殺害事件に抗議する県民大会」で訴えた大学生の玉城愛さんの言葉です。すべての国民は自分に呼びかけられた言葉と感じるべきです。とくに与党自・公の国会議員は!

ようやく雨が上がりました

 雨模様の6月でしたがようやく雨雲も去ったようで、明日からは晴れ間も期待できる日のなりそうです。ここ1週間ほど季節が逆戻りしたような天候と気温でしたので、少し暑さが戻ることを期待しています。
 パッとしない天候ですが丘の風景も初夏へ変わりつつあります。作物もすっかり成長し深い緑が丘をつつみつつあります。

_DSC1894.jpg
雨雲の去った丘風景
_DSC1900.jpg
6月らしくない寒さが丘をつつんでいます。中央には美馬牛小学校の塔も見えました。

6月19日
 明日6月19日に米軍属女性死体遺棄事件を受け、名護市辺野古の新基地建設阻止を掲げる「オール沖縄会議」の事件に抗議する県民大会が那覇市で開催されます。これは沖縄県民の問題ではなく日本国民の問題であることがまだ認識されていないことが残念です。この事件に関しアベは米大統領に強く抗議した様子をニュースで流しましたが、政治的パフォーマンスでしかありません。なぜなら不平等な日米地位協定の本質には手を付ける意思が全くないいのです。
 沖縄はまだ占領地なのか?日本は米国の植民地なのか? 

土砂降りの1日

 昨夜から雨が降り続いた1日です。6月になってからは安定した天気が続きません。今日は1日おとなしく家で写真の整理をしていました。その中から乗り物の写真をUPしてみました。

_DSC5613.jpg
雨雲の中から飛行機が下りてきました。
_DSB7142.jpg
6月の数少ない晴れの日に遭遇したライダーたち

 舛添さんが都知事を辞任することになったようです。セコサにはただただあきれるばかりでした。あれだけ舛添さんを都知事選で持ち上げていた自公政権の手のひら返しの早かったこと。参議選を目前に舛添さんもあっさり切り捨てられました。しかし、本質的な問題は結局闇の中?政治資金規正法がいかにザル法であるかも明らかになりました。
 ところで舛添さんより悪そうなアマリさんやオブチさんのお金の問題はやはり法的には問題なしですか。東京五輪の「ワイロ」疑惑はどうしたのかな?結局問題はあっても法律違反ではないとの結論ですか!

庭に咲く花

 6月に入り天候がすっきりしない日が続いています。昨日まで雨模様ででしたが今日は晴れ間も見える1日でしたが、明日からはまた下降気味の天候のようです。こんな不安定な天候でも庭先の花が次々と咲きだしました。

_DSB7368.jpg
満開を迎えたデージーの花
_DSB7362.jpg
ゲラニュームとカモミール(?)

 

若葉

今日もご訪問ありがとうございます。
 雨の後は初夏の陽射しが降り注ぎ、今日は24度まで気温も上がりました。近くの雑木林をのぞいてきました。この陽気で森の草木も若葉の季節をむかえています。明日からは少し天候が崩れるようですが、そのあとの陽射しで若葉も深い緑に変わりそうです。

_DSZ9030.jpg
花芽
_DSZ9034.jpg
若葉(まだ虫食いになっていませんでした)

366兆円
この数字は企業の内部保留の額です。この金は大企業や富裕層の手の中から外には出てこない。そのため賃金も上がらず、中小企業への恩恵も少ない。格差だけが広がる・・・・・・  この内部保留金が賃金に、中小企業に流れる経済状況を作り出す約束をしたのはアベさんではなかったのか。今回消費税の再延期で社会保障の財源は不透明になり、またしても弱者切り捨てか?
法人税は安くし大企業優先に便宜を図るアベさんにはもうだまされません。(儲かっているのに法人税を払っていない大企業たくさんあります。ここから税金を取れば社会保障の財源だって確保できるはず)

水田風景

 6月も中旬をむかえました。今年の畑作・水田とも農作物の成長は順調のようでつい先日までは弱々しかった稲の苗もすっかり根付いています。水の張られた水田では稲の間をオタマジャクシが泳ぎ、カエルがにぎやかに泣いています。それをねらうアオサギの姿も見ることができます。警戒心の強いアオサギは人影を見るとすぐ飛び去りますが、根気よく狙っていきます。今回はアオサギが去ってしまった水田ですがご覧ください。

_DSB7290.jpg
日に日に緑が濃くなる水田
_DSB7308.jpg
遠くに大雪山を望む

 すでに参議院選が始まったような感があります。各政党それぞれの公約が新聞で報道されています。それを読みながら何とも納得がいかないことを一つ二つ・・・
 アベさんどうしたの?急に改憲の話をしなくなったようですが。またまたダンマリ戦術で「戦争法」のように選挙に勝つと急に公約に昇格ですか。
 アベさんどうしたの?消費増税延期の要因はなんですか。アベノミクスは失敗だったのでしょう。潤ったのは大企業のみ!勤労者の実質賃金は上がらず、福祉は切り捨てさらに格差が広がる現状では消費税を上げることができないということでしょう。
 アベさんせこい! 舛添さん並みにせこい!2014年の総選挙で国民に約束した消費税増税できる景気はどこに・・・・・

春の青い池

 季節外れの雪のニュースで始まった6月も中旬をむかえようとしています。今日は雨模様ですが、さほど寒くもなく植物には心地よい雨でしょう。週末からは晴れ間も戻り、初夏を感じる季節になりそうです。
 美瑛の白金にある「青い池」も観光シーズンを迎え多くの人でにぎわっているようです。四季を通じてよく撮影するのですが、その時ごとに微妙に違う「青い池」です。今年もまた何度も通うことになりそうです。(7・8月の土曜、日曜はひどい渋滞になり、たどり着くのも大変ですが)

_DSB7251.jpg
まだ残雪が残る十勝の山並みが見えます。
_DSB7250.jpg
新緑の木々の間から青い池を撮影

6月の雲

 いつもご覧いただきありがとうございます。
 今日もさわやかに晴れた1日でした。旭川のスタルヒン球場では日本ハムと広島のナイターの試合がありました。試合が始まるころには気温も20度を下まわり少し寒いナイターではと思いますが、北海道も初夏気分です。(私はテレビ観戦でしたが)
 春に空を見上げながら撮影した「雲」の写真をUPします。上空には澄んだ冷たい空気も残っているせいかなかなかおもしろい雲を見ることができました。

_DSB7289.jpg
筆で描いたような雲
_DSB7279.jpg
ひと塊だった雲が分かれ、そして青空に吸い込まれるように消えていきます

6月の空

 ようやく北海道らしい空気の澄んだ春の快晴の日となりました。本州では梅雨の季節ですが、北海道はさわやかな春から初夏の季節を迎えようとしています。晴れた日に浮かぶ雲もいい被写体となります。

_DSB7116.jpg
日が昇るとともに畑からは水蒸気が上がり、さわやかな風が丘をつつみます。
_DSB7191.jpg
気温が上がるにつれ上空の雲がさまざまに形を変えます

エゾノリュウキンカ

 6月に入りはじめて晴れた1日でした。気温は17度ほどでしたが、昨日まで寒かったので暖かく感じられる人なりました。久しぶりの晴の日に旭岳の麓までエゾノリュウキンカを撮影に行ってきました。まだところどころ雪も残っていましたが満開の状態です。
 エゾノリュウキンカは別称「ヤチブキ」とも言います。食用になりおひたしなどで食べるのですが、最近は群生しているところも少なくなり、見て楽しむ早春の花となっいています。

_DSB7202.jpg
旭岳ロープウェイ山麓駅の周辺にはエゾノリュウキンカと水芭蕉の群生地が広がっています。
_DSB7227.jpg
フキににた葉と黄色の花のエゾノリュウキンカ

流れ

 今日も雨模様で4月上旬のような気温の1日でした。運動会をはじめ屋外での催し事も中止となる荒れた日でしたが、明日からは太陽が戻ってきそうです。明日の予報は晴れでその後も晴が続き、気温も20度まで上昇するとか。撮影日和の1週間になりそうです。
 なかなかすっきりした天気にならない日が続きましたが、それでも6月になると川の流れも春らしくなってきました。新緑の中を春の流れを眺めてきました。

_DSB7106.jpg
小さな中州に芽吹いた柳
_DSZ1405.jpg
山間では雪解け水が音を立てながれています

 国会が閉会した途端すっかり選挙モードに永田町界隈は入ったようです。アベノミクスの失敗や憲法違反の「戦争法」そして東北や熊本の地震災害と原発事故の現実。さらには沖縄に対するアベの植民地的政策・・・・・これらがすべて過去へと葬られようとしている。与党を参議院選に勝利させれば歯止めのきかない独裁的暴走政治が始まるのでは。野党が奮起すべきなのだが、もう失うものない民進党の弱腰。アベ政治を終焉させることが今の野党の使命では?

何気ない道

 6月は春も最高の季節のはずですが、暦が一月以上戻ったような日が続いています。今日も小雨が降り気温も10度ほどしか上がらず寒い春の日になっています。朝から暖房をいれ、分厚いトレーナを着ている有様です。明日までは低温傾向のようですが、来週は少しずつ春らしくなる予報なのです期待しています。(明日と明後日は多くの小学校で運動会が予定されているのですが、雨と気温が心配です)
 今日も5月末に撮影したものを載せました。道シリーズ第2弾になってしまいますが。農道を写して回ってい中からUPしました。たまに鹿やらキタキツネに遭遇することもありますが、今回は出会うことができませんでした。

_DSB7098.jpg
山中に立派な道路が突然出現!撮影している間の車両はありませんでした。
_DSZ8923.jpg
普段はトラクターしか通らない農道です。この日はうるさいくらい蝦夷春ゼミが鳴いていました。

 北海道七飯町の山林で行方不明だった小学2年生が無事に見つかり、朝から大きなニュースになっていました。うれしいニュースを久しぶりに見た感じがします。そのあとのニュースが東京都知事の舛添だったのでなおさらです。

 今日から6月に入ったのに寒い1日でした。十勝岳では雪が降ったようです。明日も春先の1日になりそうです。大雪・十勝の山並みはまた雪化粧になるかもしれません。
 今日は5月末に撮影した農道をUPしました。冬は通行止めになる農道ですが、雪解けとともにトラターが行きかう道路です。

_DSB7012.jpg
この日は快晴で遠くの山がよく見えています。
_DSB6999.jpg
農道をモノクロで
プロフィール

nsuzuki

Author:nsuzuki
北海道のほぼ中心部に位置する旭川・美瑛・富 良野などの自然、人、産業、そして動物たちを写真をとおして紹介していきます。
上川盆地・富良野盆地は北海道の中でも冬の厳しい寒さと、夏の暑さの差が50度にもなる地域であり、大陸的な気候を思わせる地域です。
それだけに自然も豊かであり、大雪山連峰と美瑛・富良野に見られる丘の風景は特筆するものがあります。
これから、自然とそこに生きる人たちが作る「彩りの大地」をお楽しみください。

詳しくはリンクのHPへどうぞ

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
QRコード
QR