春の忠別湖

 春らしい陽ざしが続いています。今日も20度ほどの気温と澄んだ空気がさわやかでした。この天気、明日まではもちそうなのですが、そのあとは雨の予報が出ています。畑は水をほしがつているので、大地のとっては恵みの雨かもしれません。
 今日は旭岳の麓にある忠別湖の写真をUPしました。忠別湖は人造湖で一級河川・石狩川水系忠別川に2007年に建設されたダムです。遠くに大雪の山並みも遠望でき、四季を通じ景観のいい湖です。今回は春の忠別湖を撮影してみました。

_DSZ1410.jpg
木々の緑が溶け込んだ湖面
_DSB7079.jpg
湖面を通る春のそよ風の中に釣り人の姿も

 消費税増税が延期されるようです。当然の結果でしょう。アベノミクスの失敗が明らかになったようです。それでもG7では世界経済が原因のごとくまたしてもすり替え戦術!参議院選に向けた高齢者への3万円のばらまきや年金財源の運用失敗・・・・金持ち、大企業優先の経済政策のつけで庶民はアップアップなのだ!
スポンサーサイト

大雪の残雪も少なくなってきました

 心地よい春の陽射しの1日でした。最高気温も22度ほどで、春本番の日が続いています。午後からは多少風が吹いたためか空気の澄み大雪の山並みも一望できました。ここ1週間ほどで残雪模様もすっかり変わり、山にも春が訪れつつあるようです。そろそろ春の大雪の撮影に行こうと思っています。

_DSB6987.jpg
緑が一層濃くなり、山の残雪もかなり少なくなりました
_DSB7034.jpg
菜の花が満開です。秋まき小麦の緑の中で黄色い花が輝いていました

 オバマ大統領がついに、いや、ようやく広島を訪問しました。スピーチでは戦争で犠牲になった人々への追悼と核保有国は核なき世界を追求する勇気をもつ必要を訴えていました。その通りだと思いますが、世界で最も無差別的な空爆を行うのもまた米国です。
 その横で「再び悲惨な経験を決して繰り返させてはならない。核兵器のない世界を必ず実現する」と語るアベにちょっとしらけ気味です。武器や原発を輸出したい人のコメントですから。政治的セレモニーで終わらないことを願うばかりです。

緑・緑・緑

 昨日までの初夏の気温から、今日は少し肌寒い1日となりました。(これがこの季節の気温なのですが) 早朝には雨も少し降り、田畑や森の緑が一段と濃くなった気がします。明日からはまた晴の日が続く予報ですので、さらに緑の北海道になりそうです。

_DSB0724.jpg
半月前は枯れ木のよう姿だった木々も今は緑の林に変わりました。
_DSB0770.jpg
緑のトンネルのような散歩道

明日からG7が三重県の志摩で開催されますが、各国首脳の腹の探り合いの場となるのでしょう。きっと成果を強く強調し、アベさんは政権延命に利用すると思われます。アメリカに尻尾を振りながら・・・・・・

庭先の花

 初夏のような日が続いています。春が駆け足で去っていたようで、我が家の小さな庭にもいろいろな花が咲き始めました。今年の夏は北海道も真夏日がありそうです。早咲きのラベンダーも6月には紫の花をつけそうな勢いで緑を増しています。

_DSB6918.jpg
スズランが咲きました。三寸あやめはもう満開です
_DSB6913.jpg
芝桜もこの暑さで一気に開花しました。

元米海兵隊員の米軍属による女性遺体遺棄事件はひどい!6月には事件に抗議する数万人規模の県民大会を開催知るとのことです。サミットに訪れるオバマ大統領にも過去の広島・長崎とともに沖縄の今も見てほしいものです。

新緑の樹木

 5月の初めには枯れ木のように見えた木々に緑が返ってきました。新緑が濃くなるにつれ、春色の丘が広がりだしています。
今日は26度まで気温も上がり、明日からは30度の予報です。早春から一気に真夏になりそうです。

_DSB6905.jpg
緑も深くなった美瑛の丘
_DSB6812.jpg
木々も新緑につつまれてきました

まだ咲いてた一本桜

 全国的に初夏の気温になっているようですが、北海道も夏がやってきたような気温になりつつあります。旭川地方は明日からは28度まで気温ががるようです。週末には30度になりそうです。北海道の中で冬は寒く、夏は暑い上川盆地らしい気温でもあります。
 初夏の日差しなのですが、山沿いではまだ桜が満開です。旭岳温泉ではこれからが桜の季節になります。

_DSB6851.jpg
畑の一角で見つけた遅咲き桜
_DSC7818.jpg
残雪の山並みを背景に咲く桜

春耕のころ

 丘の広い畑ではトラクターの音がいま鳴り響いています。春の農作業が最盛期をむかえた春の風物詩です。春の農作業が終われば収穫に向けた農家の人たちの地道な作業は毎日続きます。作物の成長とともに丘の風景も日々変わっていきます。

_DSB6848.jpg
真っ白な残雪の山並みを背景に春耕作業が
_DSZ8316.jpg
収穫に向けた植え付け作業

いつもご覧いただきありがとうございます。今日も彩られていく北の風景をご覧ください。

春の寸景

 昨日までは初夏の陽気でしたが、今日は4月初旬に戻ったような肌寒い1日になりました。明日からはまた初夏の陽気に戻るようです。本格的な春とともに初夏が始まる北海道です。
 今日は春のチョットたし風景を撮影していました。ほとんど撮影に人が来ることのない場所で、穴場的なところで撮影しました。

_DSB6789.jpg
マルチシートが一面の丘陵の畑(たぶんかぼちゃの畑です)
_DSZ8781.jpg
麦のロールと桜

五月晴れの丘風景

 3日間ほど五月晴れの日が続き、朝から撮影に出かけてきました。初夏のような陽ざしでしたが、丘に吹く風は少し肌寒く、まだ早春の北海道です。明日は雨の予報も出ていますが、春本番の北海道は雨の日も絵になります。

_DSC7730a.jpg
この季節の秋まき小麦の緑は丘での撮影の主役
_DSZ8747.jpg
農道の奥には大雪の山並みが望めます

今日も快晴

 昨日から初夏のような陽気の北海道です。朝から晴れ渡り、遠くの山並みの一望できました。この季節に大雪・十勝の山並みは意外と見えないのですが。この天気朝うの前半まで続きそうです。来週は気温も上がり、撮影にはいい季節かもしれません。
 農作業も本格的に行われていますので、作業の邪魔にならないように、撮影させていただきたいものです。
_DSC7715a.jpg

水田にも水が入り、まもなく田植えのシーズン
_DSZ8599a.jpg
澄み切った空と秋まき小麦の緑そしてまだ雪深い山並み

お金にかかわる話題で騒がしいようですね。その一つは20年東京五輪・パラリンピック招致活動において、招致委員会側から国際陸連関係者に不正な送金があったとされ、フランスの司法当局が捜査を行っている問題で、日本オリンピック委員会(JOC)は2億円の送金を認めたようです。「コンサルタント料」で不正ではないとか???
その二 そのオリンピック開催都市の東京都知事舛添さんの公私混同ともいえる公金お使い方と恥ずかしい釈明???
庶民には理解不能

快晴の春の日

 本日もご覧いただきありがとうございます。
昨日の低温の日から一転、今日は25度まで気温も上がり、朝から雲ひとつない快晴の1日でした。空気も澄み大雪・十勝の山並みも一望できました。美瑛の丘も春の作業がほとんど終わりをむかえています。日に日に彩が豊かになる北海道です。
 明日の予報も晴です。

_DSC7718.jpg
秋まき小麦の緑もすっかり濃くなりました
_DSZ8662.jpg
快晴の空の下、十勝の山並みを望みながらのビート苗の植え付け作業

桜も終わりに

 昨日から季節が1月ほど戻ったような低温の北海道です。今日は最高気温も一ケタでやはり暖房が必要でした。それでも、春は進んでいくようで桜の花も散り間もなく終わりを迎えます。北海道は広いので釧路ではこれから桜の季節ですが。
 明日は一気に初夏のような気温が予想されています。今日との気温差は15度以上とか。体がついていくのか・・・・

_DSZ8489.jpg
満開のエゾヤマザクラ
_DSB6602.jpg
水鳥が泳ぐ貯水池に咲くエゾヤマザクラ

早春をモノクロで

 今年の春は寒暖の差が大きいようで、今日は雨模様で気温の上がらない1日で、暖房を入れてしまいました。明日の午後には天候も回復すると思いますが、桜も終わりに近づきましたが、今度は新緑と始まった農作業風景の撮影をと思っています。
 今日は早春の風景をモノクロで撮影してみました。普段と違う風景がそこにあるようです。
今日もご覧いただきありがとうございます。感想をお聞かせください。

_DSB6730.jpg
農業用水池の流木 冬には水が抜かれるのですが、春の貯水とともに流木も流れてくるようです。
_DSB6744.jpg
風に揺れる桜 スローシャッターで撮影し、モノクロで表現してみました。

新緑

 春の心地よい日がやってきました。先月まではモノトーンの林もすっかり色づいてきました。新緑が目に飛び込んできます。明日は雨模様の予報ですが、雨上がりの後の新緑は一層鮮やかになるでしょう。

_DSZ8474.jpg
新緑の木々とヤマザクラ
_DSB6642.jpg
白樺の木々も新緑に

 憲法学者の小林節慶大名誉教授が安全保障関連法を「憲法違反」として法廃止を掲げる政治団体「国民怒りの声」を旗揚げすると発表した。アベ内閣退陣を目指し、野党統一候補を提唱していたが、野党第1党の「民進党」の煮え切らない姿勢に自ら行動を起こしたようです。自民党の一強を終わらせるには健全な野党が必要ですね。

水辺の桜

 今日は朝から快晴の1日でしたが、春らしく少しばかり霞がかかった空模様でした。ほぼ満開の水辺に咲く桜を追いかけてみました。水田にも水が張られ春本番です。明日も予報は晴れ、撮影日和になりそうです。
美瑛町聖台ダム(美瑛町聖台貯水池)で撮影

_DSZ8463.jpg

_DSZ8453.jpg

_DSB6712.jpg

若葉の季節

 ここ数日雨模様ですが、この雨で若葉が一気に芽生えたようです。また雨に打たれた桜も満開を迎えています。明日からは天気も回復しそうで、青空の下で新緑が一層輝くかもしれません。

_DSB6559.jpg
日に日に緑が濃くなっています
_DSB6551.jpg
若木にも若葉が
_DSB6571.jpg
林の中にはエゾエンゴサクが満開です

桜とこぶしの競演

 北海道も本格的な桜の季節をむかえました。旭川市内では5月3日に開花し、4日には満開となった桜もあります。同時にこぶしの花も満開で、桜とこぶしが共演しています。昨日からの雨で若葉も芽生え、緑につつまれた北海道がはじまりました。
郊外の桜は来週が見ごろのようです。
旭川市神楽岡公園で撮影

_DSB6513.jpg
桜とこぶしの花が共演
_DSB6541.jpg
すでに満開のエゾヤマサクラ
_DSB6516.jpg
サクラを背景に咲くこぶしの花

連休中の富良野で

 いつもご覧いただきありがとうございます。
 ゴールデンウイークも終わりました。この連休中の天気は5月2日・3日以外は行楽日和とまではいかなかったようですが美瑛・富良野には多くの観光客の方がいらしたようです。多くの家族連れを見ていると、平和だからこそ連休を楽しむ親子の姿を見ることができるのだと感じました。子どもたちに明るい未来が残せることを願いながらの「こどもの日」です。

_DSZ8117.jpg
富良野市のぶどう畑から十勝連山を望む

青い池

 本格的な春の訪れとともに美瑛の青い池もブルーの色を増してきました。この連休も多くの観光の方が訪れています。春先は池の底の泥が混じり濁りのあるブルー色でしたが、5月に入り本来の色に戻ってきたようです。

_DSZ8206.jpg
静かな青い池
_DSZ8208.jpg
風により水面がゆれまた違う表情に

春本番

 連休後半は春本番の最高気温26度でスタートしました。旭川でも桜の開花宣言があり、この気温で明日にでも満開になりそうです。この陽気で農作業も一気に始まりました。美瑛の丘ではジャガイモの種イモ植え付けがピークです。7月にはジャガイモの花が丘をつつむことでしょう。
 明日も気温は高めでですが、天気は下り坂の予報。2・3日は春雨の日々かもしれませんが、さらに深い緑を演出してくれそうです。

_DSZ8270.jpg
ジャガイモの種イモ植えは丘の春風景
_DSZ8309.jpg
畑にはまっすぐなうね模様が

春の到来

 5月に入りようやく春本番の陽気になってきました。4月末には降雪もあったのですが、桜前線も札幌まで到達しました。札幌まで出かけ桜咲く札幌大通公園でスナップ写真を撮影してきました。やはり花が咲き、春風が吹くとウキウキする感があります。

_DSZ8143.jpg
大通公園の桜は満開でした
_DSZ8173.jpg
噴水の前のベンチでは家族連れが春を楽しんでいました
_DSZ8131.jpg
噴水が春の訪れを感ます
_DSZ8129.jpg
乳母車に乗った猫ちゃんも春を楽しんでいました

 明日は5月3日 「憲法記念日」です。ここ数年憲法がないがしろにされています。憲法の精神を踏みにじるような政治に恐ろしさすら感じます。自民党の「憲法改正草案」は国(権力者)が前面に出てきます。戦前の憲法よりひどいもので、個人の権利は二の次です。独裁政治の始まりすら感じます。平和憲法を守るために行動しなくては。
プロフィール

Author:nsuzuki
北海道のほぼ中心部に位置する旭川・美瑛・富 良野などの自然、人、産業、そして動物たちを写真をとおして紹介していきます。
上川盆地・富良野盆地は北海道の中でも冬の厳しい寒さと、夏の暑さの差が50度にもなる地域であり、大陸的な気候を思わせる地域です。
それだけに自然も豊かであり、大雪山連峰と美瑛・富良野に見られる丘の風景は特筆するものがあります。
これから、自然とそこに生きる人たちが作る「彩りの大地」をお楽しみください。

詳しくはリンクのHPへどうぞ

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
QRコード
QR