4月も終わりなのに雪が舞って

 昨日から寒気が北海道上空を襲い、すっかり冬に舞い戻ったような日が続いています。こちらは朝にうっすら雪景色でしたが、道東では40㎝近くの積雪があったようです。すでに車のタイヤは夏用に履き替えているので走行は無理でしょう。この寒さで今日は家に閉じこもって写真の整理をしていました。その中からの写真です。

DSC_0957.jpg
美瑛の白金温泉地区もようやく春らしく
DSC_0965.jpg
雑木林にはふきのとうの花が咲きだしていました

 明日からは春らしい天気が戻ってきそうです。春の北海道を撮影してまわりますので、またご覧ください。
スポンサーサイト

我が家の庭にも花の季節が

 先日、我が家の庭にパンジーの花を植えました。本州では冬に咲く花のパンジーですが、北海道は春の花として花壇に植えられます。桜とともに本格的な花の季節がやってきましたが、明日からは雪の予報で花壇のパンジーも雪の下になりそうです。

_DSB6487.jpg
パンジーの中でも花が小ぶりな「ビオラ」です
_DSB6463.jpg
大人の雰囲気の紫のパンジー
_DSB6490.jpg
昔は遊蝶花とよばれたそうですが、確かに蝶のようで納得しました

北海道も花の季節に

 桜前線が函館に上陸し、昨日は札幌でも開花しました。いよいよ北海道も花の季節です。旭川周辺は桜の開花には少し時間がかかりそうですが、カタクリは例年より早く満開になりました。見ごろは今週中のようです。明日までは天気も持ちそうなのですが、連休スタートは少し寒さが戻る予想です。道東方面は雪の予報まで出ています。

_DSZ7993.jpg
例年より早めの開花です
_DSZ8025.jpg
カタクリとエゾエンゴサクが満開
_DSB6391.jpg
春空とカタクリ (旭川市男山自然公園で撮影)

早春の奥入瀬渓谷

 桜を追いかけながらの東北でしたが、最後に早春の奥入瀬渓谷で撮影し、北海道に戻りました。北海道にも桜前線が上陸したようですが。奥入瀬の春は今始まったばかり、新緑の季節とは違う奥入瀬の流れを楽しんできました。
また奥入瀬渓谷の四季を撮影したいものです。

_DSZ7839.jpg
緑はまだ少ない早春の奥入瀬
_DSB6312.jpg
奥入瀬の流れに姿を見せたカワガラス
_DSZ7888.jpg
奥入瀬渓谷は苔の渓谷でも

桜を求めて東北へ 青森

 今日もご覧いただきありがとうございます。
 岩手から青森に移動し、桜の名所の弘前公園へ。弘前の開花は5分咲き程度でしたが、場所によってはいい桜を見ることができました。青森ではこぶしの花も満開で山間で見ることができました。ローカルニュースで十和田市の桜が満開との報道があり急きょ移動し撮影してきました。

_DSZ7730.jpg
弘前公園
_DSB6243.jpg
弘前公園内のこぶしの花
_DSZ7957.jpg

_DSZ7945.jpg
満開の十和田市官庁街通り(下2枚)

明日は東北さて鋭の最後として奥入瀬渓谷での撮影したものをUPする予定にしています。ご覧ください。

桜を求めて東北へ 秋田から岩手へ

 東北での撮影旅行から昨日帰ってきました。今撮影した写真の整理中です。おおむね天候にもも恵まれましたが、帰ってくるともう少しじっくりと撮影したい場所もありました。機会があればまた撮影に行きたいと思っています。東北で撮影した作品をもう少しご覧いただきます。明日からはまた北海道の早春風景の撮影を再開します。

_DSZ7551.jpg
秋田角館の枝垂れ桜
_DSZ7566.jpg
岩手小岩井牧場の一本桜ですがつぼみ状態でした。岩手山をバックに撮影
_DSZ7606.jpg
盛岡市内の盛岡地方裁判所の石割桜

 衆議院北海道5区の補欠選挙の投票日が明日になりました。アベ政権の今後に大きな影響を与える選挙になるかもしれません。アベノミクスの失敗や憲法無視の「戦争法」など独裁ていな政治手法に対する国民の意思表示の始まりの選挙でもあります。注目しています。

桜を求めて東北へ 山形から秋田へ

 山形の桜は満開でしたが、強風で花びらが空に舞っていました。まった桜の花びらはお堀を桜色に。秋田方面は5分咲きで、桜で有名な角館の桜も満開とはいきませんでしたが武家屋敷としだれ桜はやはり定番の桜風景でした。有名な桜の観光地もいいのですが、畑の一角やちょっとした空地の桜もいい被写体になりました。

_DSZ7397.jpg
移動中の畑で撮影(山形市)
_DSB6111.jpg
散った桜がお堀で花を咲かせる(山形市霞城公園)
_DSB6190.jpg
白壁としだれ桜(角館)

桜を求めて東北に 山形

 東北での桜巡りも福島から山形に移動しました。17日から18日にかけ大変な強風で、満開の山形の桜もかなり散ってしまいましたが、山形市の霞城公園の桜は見事でした。少しばかり足を延ばし、酒田に向かい「土門拳記念館」を訪れましたが、土門作品に圧倒されてきました。

_DSB6107.jpg
見事な満開の枝垂れさくら(霞城公園)
_DSB6065.jpg
強風で散った桜の花がお堀に(霞城公園)
_DSC4009.jpg
風格を感じる土門拳記念館(酒田市) いつまでも色あせない作品に感動

桜を求めて東北に

 16日から桜を待ちきれなく、東北に来ています。フェリーで東北に入り、福島から東北を北上中です。福島は桜も散り始めていますが、遅咲きの桜を撮影しました。山形では雨と強風で心配しましたが、散る桜もまたいいものです。明日は秋田で撮影予定です。

_DSZ7265.jpg
フェリーで愛車とともに北陸に上陸
_DSZ7289.jpg
福島県三春町の滝桜 日本3大桜の一つで見事な桜ですが、すでに散り始めていました。
_DSZ7347.jpg
会津若松市鶴ヶ城の桜 

5年前、震災と原発事故の中でも東北の桜は見事な花を咲かせました。今それを楽しみに行くことは東北の応援になると思います。熊本・大分の震災にも少しでも応援できることを見つけなくては。

早春の美瑛川

 山間の雪解けも進み、ブルーリバーの別称のある美瑛川の流れが戻ってきました。青い池はすっかり全国区の観光名所になりましたが、美瑛川の青さは美瑛の市街地まで続きます。今回撮影っした場所も青い池からはかなり下流ですが、ブルーな流れを楽しむことができます。

_DSZ7218.jpg
美瑛川と十勝の山並み
_DSZ7230.jpg
条件がそろうときれいなブルーの流れを見ることができます

小雨模様の丘風景

 つい先日まで真っ白だった丘もすっかり雪も融けました。今日は小雨模様の1日で、10度の気温にしては肌寒く感じました。間もまく農作業も始まり、日に日に活気のある丘風景になりますが、作業の支障にならないようにこの春も撮影させていただきます。

_DSZ7169.jpg

_DSZ7166.jpg

冬が戻ってきました

 朝から冷たい風が吹いていましたが、午後から本格的に雪が降ってきました。吹雪模様の雪で見る見る間に白くなっていきます。庭先で咲いている花も、葉を出し始めたチューリップも雪が積もりつつあります。明日の朝は路面凍結の心配もあり、すでに夏タイヤの履き替えた車は注意しなくては。

_DSZ7153.jpg
真っ白な雪の中でチューリップもふるえています
_DSZ7162.jpg
吹雪模様で庭木も白くなりました。まだ雪の季節は終わっていませんでした!

雪がちらつく寒い1日でしたが

 春は小休止の状態で、今朝は水たまりにうす氷がはっていました。明日まで寒さが続くようです。この寒さの中でも植物たちは活動を始めています。例年より10日以上早く近所のにはではカタクリの花が咲き、我が家ではクリスマスローズの花がきだしました。寒い1日でしたが春を感じます。

_DSZ7137.jpg
寒さにちょっと震え気味のカタクリ
_DSZ7146.jpg
クリスマスローズも次々と咲きだしました。休眠期間が過ぎ一気に花をつけます。

美瑛の青い池の雪もとけだしました

 順調に進んできた春の陽気が、昨日から足踏み状態です。今日は雪もちらつく時間もあり、寒さが戻ってしまいました。明日にかけて雪が降るのかもしれません。4月の雪は珍しくはないのですが。それでも雪解けは進み、美瑛の青い池周辺も入ることができるようになりました。青い水面も顔を出し、冬の眠りから覚めたようです。

_DSA5645.jpg
ブルーな水面が見えるまで氷がとけだしました
_DSA5702.jpg
残雪と青い流れの美瑛川

 TPPの関連質疑が国会で始まったが、議論にならない状況の中、ようやく地検が甘利氏問題でURなど捜索、元公設秘書を任意聴取が始まった。これほど疑惑だらけのことを今まで地検が動かったのに疑問符が付くが、徹底して解明してほしいものです。政府・与党の横やりはあるだろうけど。独裁者を目指すアベだから。
 

樹の造形

 春の陽気が続いていますが、森の木々はまだ冬の装いです。葉をすっかり落とした樹の枝が造形的な形であり、モノクロで撮影してみました。ひと月後には若葉におおわれ、緑の木々に姿を変えます。

_DSB5969.jpg
葉をつける季節とは違う印象の木々
_DSZ7107.jpg
風雪に耐えた造形美です
_DSZ7129.jpg
造形的な樹にカラスのシルエットを入れてみました

旭川空港

 本格的な春を思わせる雲が出ていたので、私の散歩コースにもなっている旭川空港へ。 飛行機の撮影も楽しいいのですが、今回の主役は雲にしました。旭川空港の周辺は撮影ポイントも多く、雪解けとともに通行可能な道路も多くあり、大雪や十勝の山並み一望でき、季節を問わず撮影に来る方も多いようです。

_DSB5944.jpg
滑走路が見渡せる場所から出発前のJALを
_DSB5931.jpg
到着便のAIRDO

庭先の花

 早春の陽気とともに、我が家の小さな庭にも春を待ちわびていたように花が咲きだしました。冬の間、寒さを耐えた草木が活動を始めたようです。今年は桜前線もかけ足で進んでいるようなので、5月とともに花の北海道になりそうです。

_DSB5956.jpg
雪解けとともに咲き出したクロッカス
_DSB59591.jpg
紫の花のチオノドクサ(語源はギリシャ語で雪の中で輝く意味らしいです)

TPPの国会審議が始まった。民進党が求めていた政府の交渉資料は、全て黒塗りされ、内容は分からない状態。これで審議ができるのか?交渉過程はすべて秘密?甘利さんはいつまでご静養?これが開かれた政権なの。厳しく追及されるとまたアベはまたぶち切れするのでしょう。

早春の空

 気温も日中は+10度以上の日が続き、さわやかな春風を感じています。雪国に住んでいると春の訪れは身も心も開放的になります。雪に埋めれていた農道も通行できるようになり、走り回っています。昨日は早春の空を撮影してきました。すっかり空も雲も春色です。明日は快晴の予報、また一歩本格的な春に近づきます。

_DSB5889.jpg
まだ雪が残る丘の空も春色に
_DSB5916.jpg
農道の雪も融け、春の訪れを感じます

4月からテレビの番組が大きく変わりました。NHKの「クロ現」 国谷裕子さん、TBS系「NEWS23」岸井成格さん、テレビ朝日「ニュースステーション」古舘伊知郎さんが降板し、現政権に批判的な姿勢を見せたキャスターが姿を消しました。放送界がアベに取り込まれているのでしょうか・・・・・・TBSの「サンデーモーニング」だけが奮闘しているようです。それにしてもNHKのNW9は完全に政権の意向に近いコメントばかり、河野キャスターのコメントは可もなく不可もなく、まだ大越さんのコメントは実があった。

ネコヤナギ

 すっかり春らしくなってきました。本州からは桜満開の便りとどいていますが、こちらはネコヤナギが満開(?)です。桜間の開花まではまだ時間がかかりそうなので、とりあえずネコヤナギで春の訪れを感じています。

_DSC7671.jpg

_DSC7680.jpg

_DSC5066.jpg

4月の山並み

 例年にないはやさで雪がなくなりました。日陰に一部残るだけで、すっかり春景色に変わりつつあります。入学式のころ雪が降ることもある北海道ですが、今年は春の陽射しの入学となりそうです。春気分を感じる毎日ですが、遠くの山並みはまだ雪に覆われています。大雪・十勝の春はまだ先です。旭岳の麓で桜が咲くのは6月初旬ですから。

_DSC5040.jpg

DSC_0777.jpg
遠くの山並みは真っ白!

4月になりました

 各地で桜の便りが聞こえてきました。すでに満開になったとこもあり、例年より早く桜前線が北上し、間もなく東北までたどり着きそうです。北海道にも今月末には桜が咲きだすかもしれません。旭川周辺は5月になりそうです。
 4月らしい陽気の中、旭川のとなり「深川市」で撮影してきました。深川市は稲作地帯でその水田を一望できる戸外炉峠(トトロ峠)は隠れた夜景スポットです。水田に水が張られる頃はなかなかの景観になります。

_DSB5848.jpg
遠くには暑寒別の山並み
_DSB5844.jpg
雪が残る水田地帯遠望
_DSB5858.jpg
トトロ峠にはネコバスもあります
プロフィール

nsuzuki

Author:nsuzuki
北海道のほぼ中心部に位置する旭川・美瑛・富 良野などの自然、人、産業、そして動物たちを写真をとおして紹介していきます。
上川盆地・富良野盆地は北海道の中でも冬の厳しい寒さと、夏の暑さの差が50度にもなる地域であり、大陸的な気候を思わせる地域です。
それだけに自然も豊かであり、大雪山連峰と美瑛・富良野に見られる丘の風景は特筆するものがあります。
これから、自然とそこに生きる人たちが作る「彩りの大地」をお楽しみください。

詳しくはリンクのHPへどうぞ

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
QRコード
QR