2月も今日まで

 明日から3月です。少し春の気配を感じていたのですが、朝から荒れ気味の天気で、明日にかけ猛吹雪の大荒れになりそうです。数年に1度の猛吹雪が予想され、すでに北海道各地に警報が出ています。3月のスタートは大雪かもしれません。
 天候が荒れる前の白樺林です。雪の中の白樺林は北海道を感じる風景でもあります。新緑のころもいい被写体になります。

_DSZ6134.jpg

_DSZ6160.jpg
青空にもよく映え、また雪面に映し出される影が絵になります

 高浜原発4号機(福井県高浜町)が発電機のトラブルで緊急停止したようです。26日に再稼働したばかりの原発がトラブルとは。放射能漏れ等はないとのことですが本当ですか? 絶対安全などないのが原発であることは明らかになっているのに。原発がなくても日本は動いている。
スポンサーサイト

美瑛町新栄の丘から

 久しぶりに晴れました。久しぶりに大雪・十勝の山並みを遠望できました。久しぶりに新栄の丘で撮影してきました。

_DSZ6100.jpg
赤い屋根の家です。新栄の丘からも見ることができます。ここも無断で畑に入る観光客をみます。
_DSZ6103.jpg
十勝岳と美瑛の丘 やはり木がアクセントになっています。

本日の空模様

 今日も真冬日でした。1日中マイナスの気温でしたが、晴れ間も見え、少し春を感じる雲が浮かんだ空模様でしたが、午後3時過ぎにはやはり2月らしい雪雲が空を覆いました。本州方面からは花の便りや花粉情報が出ていますが、北海道の春の歩みはまだまだのんびりのようです。

_DSZ6028.jpg
春の近づきを感じる空模様でいたが・・・・・
_DSZ6048.jpg
時間がたつにつれ雪雲が・・・・・

2月の風景

 まだまだ積雪も多く、氷点下の日が続いていますが、この寒さもピークを過ぎたようです。マイナスの気温の中にも春が近づく気配がします。空の色も少しづつ変わってきました。来週からは3月、冬から春に変わる北の空気感を撮影したいものです。

DSC_0565.jpg

DSC_0563.jpg
冬の張りつめたような空気感が和らいできたような気がします。北海道の春はゆっくりとやってきます。

国民をだます政治屋たちの節度のなさ
 民主党の鈴木貴子衆院議員(比例北海道ブロック)が離党届を提出した。父の鈴木宗男が代表を務める地域政党「新党大地」は、4月の衆院北海道5区補選と夏の参院選で自民党と選挙協力する方針とか。鈴木貴子議員も当面は無所属で活動するが、将来的な自民党入りを検討している。確か鈴木貴子は「戦争法」にも反対し、自民党をも批判していた。それがころっと自民党へ鞍替え!これこそ政治家ではなく政治屋。親子ともども私欲満載の政治屋です。

美瑛町「哲学の木」が伐採!

 美瑛町の撮影スポットの一つでもある「哲学の木」が伐採された記事が北海道新聞夕刊にのりました。観光客の増加により農地に無断で入るなどのマナーの悪さは以前から指摘がありました。しかし観光客による経済効果も大きく難しい問題ではあります。観光客も写真を撮影する側も当然ルールを守ることは当然でが、観光客・カメラ愛好者=迷惑な人たち的な見方も心配です。日本がこれから観光立国も視野に入れるなら解決しなくてはならない課題です。
【 2013年にもJALのコマーシャルで使われた通称「嵐の木」(上富良野町)でも同様な問題がニュースになりました】

DSA_4758.jpg

DSA_2698.jpg
以前に撮影した「哲学の木」

「北海道新聞」電子版の記事の一部より
北海道・美瑛の「哲学の木」 所有者、苦悩の伐採 観光客が農地侵入
【美瑛】上川管内美瑛町の農地に立つ1本のポプラ、通称「哲学の木」が24日、農業を営む土地の所有者の手で倒された。町内でも有数の撮影スポットだったが、老木で倒れる危険性があり、農作業への支障が懸念されていたことに加え、農地に踏み入る国内外の観光客らが後を絶たなかったため。関係者によると、所有者は「悩んだ末に決めた」と話しているという。
 思索にふける人のように映る「哲学の木」は、丘陵地の農作物や雪などと相まって美しい光景をつくりだし、全国区の被写体として知られていた。
 樹齢は不明だが、長年にわたって風雪にさらされ、弱っていた。また、町などが日本語や英語、中国語などで農地への立ち入り禁止を伝える看板を設置してきたが、無視して入り込むケースが続いていた。


骨董屋(蔵出し写真です)

 昔の写真を整理していたら、旭川の街中で冬の骨董屋の店先で撮影した写真が出てきました。歩道まで骨董品(?)があふれ、周りから見ると少し異様な風景でした。何枚か撮影しましたが、店主に胡散臭い顔で見られたことを覚えています。この骨董屋も知らない間になくなってしまいました。

080126001.jpg

080126002.jpg
以前に撮影した写真が数年たち、また新しいい感覚で見ることができるのもいいですね。ご感想をお待ちしています。

雪と風が作る造形

 今日もご覧いただきありがとうございます。
 吹雪の後には自然が作り出す見事な造形を見ることができます。前日とは全く違った雪と風が作り出す美です。今夜も少しばかり風が強くまた例年並みになった積雪がで明日はまた違った自然のオブジェを見ることができそうです。

_DSB5281.jpg
牧草地の一角が全く違う風景に
_DSZ6009.jpg
光と陰の雪と風で作られた造形

雪降るしらひげ滝

 連日の雪で少々疲れ気味です。北海道の2月の雪はサラサラして軽いはずなのですが、ここ1週間に降った雪は水分を含んだ重い雪で、除雪作業もはかどりません。
 今日も雪が降ったり晴れ間が出たりの天気。うまく晴れ間に当たれば面白い写真が撮影できるのではと思い美瑛町の白金温泉にある「しらひげの滝」へ出かけてきました。しかし、晴れ間どころか吹雪気味の雪降りで、待てども晴れませんでした。それではと雪が降る中の滝を撮影してきました。

_DSB5239.jpg
降りしきる雪を写しこむためスローシャッターで
_DSZ5965.jpg
風に舞う雪と滝の流れ

自衛隊の作戦計画策定に制服組が権限移譲を要求とのニュースが流れました。アベによる、防衛官僚が自衛官より優位な立場から大臣を補佐する仕組みだった「文官統制」制度を全廃したことにより、制服組が主導権を握ろうとしている動きと見るべきでしょう。まさしく戦前と同じ構造に・・・・・・これは危険だ!

ポーズをとるキタキツネ

 ここ1週間は深夜から朝にかけて雪が降っています。1週間での降雪量は1mほどになると思います。日中は3月のような気温となるため融けだすのですが、除雪作業が毎朝の日課になっています。ちょっと春が待ち遠しい気分です。
 今日はこの雪の中を餌を求め、姿を見せるキタキツネの写真です。ちょっと警戒しながらも立ち止まり「早く写せよ」とポーズをとっているように見えたのシャッターを切りました。このあと雪原に去っていきました。


冬毛のキタキツネはきれいです。

白い太陽

 今日も季節が1カ月進んだような天気でした。雪がグングン融けていくようで昨日から10㎝以上積雪が少なくなりましたが、春霞がかかったような空で1日が終わりました。予報では明日からは気温も下がり、吹雪の予報となっています。
 冬の青空を撮影したいところですが、青空が顔を出してくれないので、白い太陽を撮影してきました。空を覆う薄曇りの中に太陽が見え隠れしています。

_DSC7235.jpg

_DSB5196.jpg

 昨日の安倍首相と民主党の野田前首相との予算委員会での顔合わせを観ました。2012年の党首討論のこともあり話題となっていましたが、このときの約束の定数削減が実現してないことのやり取りの中で、アベは「これは、わが党の責任だが、お互いに共同責任です。これは、3党みんな、代表して名前を書いているのですから」と答弁した。えええ・・・その約束の下、衆議院が解散され自民党が勝ったのでは、3党間の約束事ではなく国民への約束のはず。開き直りやふてくされ答弁にあきれる!

春のような風が丘を吹きぬけています

 暖かい朝なのですが10㎝以上の積雪!除雪に1時間以上かかりました。湿った雪は本当に腰にこたえます。どんよりした今日の空模様ですが、美瑛の丘まで撮影に行ってきました。丘に吹く風も春のような風で、2月とは思えません。静かな丘の風景でした。

_DSB5155.jpg
静かな丘にキツネの足跡が
_DSC7229.jpg
雪に映る影も淡い陽の光でやさしく見えます

私のホームページNS写真工房「彩りの大地北海道より」のギャラリーを更新しました。四季の作品をご覧いただけると幸いです。
HPアドレスは http://nsuzukigallery.web.fc2.com/です。このブログからもご覧いただけます。

冬の森を歩く

 昨夜からの雪が20㎝ほど積もり、旭川の積雪も60㎝以上になりました。今年一番の積雪です。気温は-1度ほどで寒くはないのですが、重たい雪でした。明日からはプラスの気温になりそうで、本当に今年の冬の天気は寒暖の差が大きくなっています。
 それでも例年より雪が少ないのか、冬の森も歩きやすい気がします。(スノーシューを履いてですが)そんな森の中で撮影してみました。

_DSZ5753.jpg
大きな木の洞 動物の巣にはなっていないようです
_DSZ5772.jpg
雪が作る自然の造形

また自民党の議員が話題を提供していますね。「黒人、奴隷が米大統領」と発言した丸山和也議員、さらに「日本を米国の51番目の州に」発言とこの人おかしいのでは? 謝罪会見らしきものでも人種差別発言と本人が思ってないことにあきれます。(以前から間の抜けた弁護士タレントでしたが)

冬の日の一こま

 今日も雪が舞う1日でした。冬晴れを待っているのですが、しばらくはこのような天気のようです。
毎日のように撮影に歩いていると、普段は見逃してしまう風景にはっと思う光景を目にすることがあります。枯れた葦に積もった雪がスキーが残した後で新鮮な風景に見えてきました。思わずシャッターを押していました。



 政治とはと考え、 広辞苑の解説を読んでみました。「人間集団における秩序の形成と解体をめぐって、人が他者に対して、また他者と共に行う営み。権力・政策・支配・自治にかかわる現象。」と説明があり、理解できたような、できないような。ただ最近の国会周辺を見ていると「政治権力」「政治支配」ばかり前面でて「政策」や「自治」がなおざりにされている気がします。
 野党も国民の思いが聞こえないのかエゴのぶつかり合い・・・・・お互い好き嫌いを言ってる場合なのですか?

低気圧接近中

 暖気の後はやはり強い寒気が入り込み、吹雪の日が2日ほど続きました。車を運転していると一瞬視界がなくなるほど吹雪いたり、急に晴れ間がでたりとめまぐるしい天候でした。低気圧の接近で上空の雲の動きが激しい寒空です。

_DSB5113.jpg
雲間から太陽の日がさしだしましたが、上空は暑い雲が広がり始めています。
_DSB5108.jpg
雪雲が空を覆い、地吹雪が

今日から日銀のマイナス金利がはじまりました。麻生太郎財務相は「消費や投資にプラスに働き、経済の拡大が期待される」と述べていましたが、はたしてそうでしょうか?近いうちのそのしわ寄せは国民に来るのでしょう。アベノミクスの化けの皮がはがれていく・・・・

輝く木々

 今日もご覧いただきありがとうございます。
 3日ほど続いた暖かい日も昨日で終わり、早朝から吹雪となりました。昨日の雨で少なくなった雪も今日1日で元に戻りました。
昨日の雨氷が融けずに残っています。木々についた雨氷が朝の日差しを浴び輝いています。自然が作ったイルミネーションのようです。
_DSZ5928.jpg

_DSZ5911.jpg
木々についた氷が輝いています

雨氷


 暖かな日が続きました。12日から氷点下にならない日が今日まで続きました。昨夜からは雨が降り続き雨氷が見られています。
雨氷は0℃以下でも凍らない過冷却状態の雨が、地面や木などの物体に付着することをきっかけに凍って形成される硬く透明な氷のことですが、北海道ではこの季節は雪が降るため雨氷をめったに見ることはあまりありません。このため舗装の出た道路や木々の枝は氷が付いた状態です。明日の朝は町中スケートリンク状態化も。転ばないように気をつけなくては。

_DSZ5781.jpg

_DSZ5779.jpg
木の枝に触れた雨が見てる間に氷になっていきます。明日はどんな状態になっているのやら。

宗谷本線比布駅

 宗谷本線の比布駅を撮影しました。昔とちっとも変らないホームですが、駅舎は今建て替え中でした。古い駅舎も撮影したかったのですが残念。北海道のJRはほとんど赤字路線ですが、やはり厳しいい冬には重要な交通機関です。ひっそりとしたホームの跨線橋を撮影しました。

_DSZ5306.jpg

_DSC7218.jpg
線路をまたぐ跨線橋 昔と変わりません
_DSC7206.jpg
撮影していると稚内からの特急「スーパー宗谷」が通過していきました。

合格を祈ってます

 先日郊外の撮影途中に旭川市にあるた鷹栖神社により撮影してきました。小高い丘にある神社ですが、春は桜も咲きなかなかいい神社です。冬は初詣の時以外はあまり人影もありません。絵馬が奉納されていましたが、受験シーズンで合格祈願が書かれていました。春も近いかなと思いました。受験生の皆さん頑張れ!

_DSZ5274.jpg
受験生の願いが
_DSZ5260.jpg
初詣からのおみくじが結び付けられていました

 劣化する国会議員を毎日見せつけられてます
1、憲法も表現の自由の自由も無視した高市総務相の電波停止発言(他にもいろいろある人ですが) 2、北方領土の担当相島尻は歯舞を読めず(勉強しろよ) 3、除染基準値根拠なしとわめく丸川(除染作業をしてみろ) 4、屁理屈で憲法9条を叫ぶ稲田 5、不倫議員 宮崎  きりがない!しんがりは 国会答弁もまともにできず、国民にも説明できないお坊ちゃん首相アベ
 ・・・・・ 政治の劣化・劣化・劣化
野党の追及も及び腰? 岡田さん腹をくくって自民党に対抗できる勢力の結集を …・野党も劣化しては悲劇です。

旭山動物園で

 先日撮影してきた旭山動物園での写真をUPしました。
今日も穏やかな冬の日でしたが、明日からはさらに気温が上がるとか。この季節プラス5度にもなると春近しの気分になってしまします。いやいや春はまだ先の先です。

_DSB4909.jpg
ペンギンとにらめっこしました。なかなか貫禄あるペンギンでした。
_DSB4930.jpg
シロクマの後ろ足をアップで。当然ながら水槽のガラス越しで撮影。肉球がお大きい!

2月の街をスナップ

 旭川の街中を久しぶりにスナップ撮影しれきました。北海道は今が一番寒さの厳しい季節の中をぶらぶらしながら、目につくものにレンズを向けてみました。スナップは以前のよう気軽に撮影できなくなったようで、今回はスローシャッターで撮影してみました。

_DSZ5609.jpg
役者絵の前をパンダの帽子の子どもがかけていく
_DSZ5625.jpg
野外彫刻「サキソフォン吹きと猫/作者:黒川晃彦」
_DSZ5594.jpg
ペットショップ前で撮影

 昨日NHKの「クローズアップ現代」に女優の樹木希林さんが出演されていました。がんを”生ききる”とのテーマでしたが、番組の最後の樹木希林さんのコメント「この番組はNHKの宝物ですね。国谷裕子さん素晴らしいです」 私の想像ではそのキャスターをアベの意向を受けた籾井会長が降板させたようです。生放送でカットされない中でのご意見、樹木希林さんすごい!

寒さの中で働く人たち

今日もご覧いただきありがとうございます。
 2月も中旬に入りましたが、今年は例年になく厳しい寒さも大雪もなく冬が進んでいます。来週はかなり気温の高い日がありそうなのですが、例年暖気の後には厳しい寒さが来るのですが今年はどうでしょう。
 今日は、暖かいといってもここは北海道です、まだまだ氷点下の日が続きます。その寒さの中で働く人たちを撮影しました。

_DSB4937.jpg
雪の中をアザラシに小魚を与える飼育員さん(旭山動物園)
_DSZ5226.jpg
無人駅で安全確認を行うJR普通列車の車掌さん(函館本線伊納駅)
_DSB5039.jpg
屋根の雪を下す作業員さん(旭岳温泉)
 
 高市早苗総務相が放送局が政治的な公平性を欠く放送を繰り返したと判断した場合、電波停止を命じる可能性に言及した。それでは政治的な公平性とはなんなのでしょう。現政権を批判する=公平性を欠くことですか。現政権や自民党それに加担する公明党の行っていることこそ放送局やマスコミに対する不当な政治介入ではないでしょうか。国民は知る権利があるのです。NHKはこのことをほとんど放送していません・・・・・すでに国営放送化?(自民党がマスコミを利用してSPEEDの今井絵理子を参議院選に擁立  あきれてます)

氷彫刻

 穏やかな天気も昨日までと思っていましたが、昨夜から早朝にかけ10㎝ほどの雪がふりましたが、陽が上がってから冬晴れの一日になりました。この天気に誘われるように6日から始まった「旭川冬まつり」の氷彫刻を撮影してきました。制作風景も撮影したかったのですがすでに終了していました。今夜からライトアップもされるようです。氷彫刻は11日まで見ることができますが、12日には壊され氷のかけらになります。

_DSZ5643.jpg

_DSZ5549.jpg

_DSZ5575.jpg
6日から寒い中を昼夜をかけ作成されたものです。寒さが厳しくなければ見ることのできない作品です。

冬の旭川空港

 穏やかな冬の日もどうやら終わりのようです。今、外は雪で明日は除雪作業から1日がはじまりそうです。今年は大雪の日が少なく例年より少ない積雪なので少しばかり楽しています。
 今日は旭川空港にある公園「グリーンポート」で撮影してきました。滑走路がよく見える公園は雪に覆われ、スノーシュ(西洋かんじき)をはかないと入れない状態ですが、夏とは違う飛行場を撮影してきました。

_DSZ5345.jpg
小高い公園から航空機を望む
_DSZ5378.jpg
ゆきけむりを上げ離陸滑走

 アベが憲法改悪に向け前のめり状態です。「お試し改憲」だの、押し付けられた憲法だのさらには「戦争法」での違憲批判を逆手に取ったような姑息な手法で改憲の流れを作ろうとしています。独裁者的発想のDNAを岸のおじいちゃんから受け継いだ彼が憲法を変えるのは危険極まりない!安倍寛氏のDNAは受け継がなかったのかな?

冬の夕暮れ

 2月としては暖かい日が続いています。各地で行われている冬のイベントもかなりの人出のようです。外国の方も相当来ているようですが。今日は北海道の最高峰の大雪山系旭岳の麓に撮影に出かけました。パウダースノーを求め多くの方が来ていましたが、話しかけられた大半は外国の方。日本語の通じないところにきているような錯覚に!世界からたくさんのお客さんが来ることはとてもいいことなのですが。

_DSB5027.jpg
日暮れの雑木林(東川町 旭岳温泉)
_DSB5082.jpg
冬の茜雲(東神楽町)

おだやかな冬の日

 今日も穏やかな1日でした。寒さもほどほどで、雪はちらつく程度。晴れ間もありました。こんな日が毎日だといいのですが、まだまだ冬本番なので油断はできない北海道の冬の生活です。今日は穏やかな日の丘の風景をご覧ください。吹雪になると全く違う風景になります。美瑛で撮影しました。


午後の陽射しに雪を少し色づいてきました。
_DSZ4855.jpg
晴れの日は遠望できますが、雪がふりだすと近くの家も見えない風景になります。

冬の散歩道

 一番寒さが厳しい季節ですが今日は暖かな1日でした。(最高気温0度) 明後日までは寒さも緩んだ日が続きそうですが、日曜からはまた寒さが戻ってきそうです。
 最近は健康志向なのか多少寒くてもよく屋外で活動する方に出合います。雪原をスキーで歩く方や郊外の雪道を散歩する方など雪にも寒さにも負けないで運動しているようです。

_DSB4745.jpg
新雪の中でスキーを楽しむ
_DSA9344.jpg
犬をおともに冬道を散歩中

 アベが憲法改悪に向け躍起になっています。立憲主義を壊す憲法改悪反対の声の逆手を取って「自衛隊」の現状は違憲ともいえるので立憲主義にのっとり改憲が必要だと屁のような詭弁!そういえばアベの秘蔵っ子稲田朋美も同じようなこと言ってまいた。軍拡主義の現政権よ国民を馬鹿にするのもいい加減にしてほしいいものです。

神居古潭のつり橋

 冬としては穏やかな日です。今日は旭川郊外の国道12号線沿いにある「神居古潭」まで撮影に。昔は交通の難所だった神居古潭ですが今では車で気軽に行ける場所となっています。しかし冬は石狩川にかかる神居古潭のつり橋は通行止め!冬の神居古潭をじっくりと撮影したかったのですが残念です。つり橋をちょっと離れたところから撮影してきました。

_DSB4962.jpg
上川盆地から石狩平野へと流れる石狩川にある渓谷ですが、四季を通じて絵になります。

ライトアップされたしらひげの滝

 2月の入り毎日北海道らしいい冬の日が続いています。雪も少しずつふえ40㎝ほどの積雪になりました。寒い北海道ですが少しでも冬を楽しくといろいろなことが行われています。雪像を作ったり、深々と降る雪の中のイルミネーションだったりと白一色の世界に彩りを演出しています。よく撮影している美瑛の「青い池」も先月までライトアップし人工的に青い池のイメージを作っていました。今は「しらひげの滝」がライトアップされています。

_DSB4897.jpg
ライトアップされたしらひげの滝 人口の光で照らされた中でブルーの流れを見ることができます。

日銀が「マイナス金利」の導入を決定しました。円安と株価上昇の効果はあるらしいとか。そこで儲かるのは輸出中心の大企業と株を買えるお金持ち!庶民は貯蓄しても利子はなし、国債金利低下で年金財源は目減り、そのつけは国民に。政府はバラマキ政策でそのつけは子どもたちに・・・・・・この国どうなるの?それでも上がる内閣支持率?野党はバラバラ(北海道の地域政党大地は知らぬ間に与党に?さすがにムネオさん変わり身が早い)

旭山動物園で撮影

 2月になりました。いつもご覧いただきありがとうございます。
 久ぶりに旭山動物園に行ってきました。家からは車で20分も走れば動物園なのですが、1年以上行っていませんでした。冬に行くのも初めてかもしれません。動物園の来園者は日本人より外国人の方が多いようです。
 北海道の冬の寒さは今がピークなのですが、アザラシやペンギン・ホッキョクグマなどは元気そのものです。冬の動物園もいいものです。

_DSB4924.jpg
ひげも凍りついているのですが、アザラシにとってはいい季節です。
_DSB4950.jpg
雪がちらつく中でたたずむ2匹のニホンザル 「今日も凍れますね(しばれますね)」と会話しているようです。
プロフィール

Author:nsuzuki
北海道のほぼ中心部に位置する旭川・美瑛・富 良野などの自然、人、産業、そして動物たちを写真をとおして紹介していきます。
上川盆地・富良野盆地は北海道の中でも冬の厳しい寒さと、夏の暑さの差が50度にもなる地域であり、大陸的な気候を思わせる地域です。
それだけに自然も豊かであり、大雪山連峰と美瑛・富良野に見られる丘の風景は特筆するものがあります。
これから、自然とそこに生きる人たちが作る「彩りの大地」をお楽しみください。

詳しくはリンクのHPへどうぞ

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
QRコード
QR