雪だるまの親子?

 1月今日で終わり、早いもので明日からは2月となります。北海道の2月は雪や氷のイベントが目白押しです。「札幌雪まつり」がスケールも大きく有名なのですが、各地で大規模、小規模さまざまな冬を楽しむ行事があります。我が家では妻が雪だるま人形を作ったので、外に並べて撮影しました。お遊び写真です。

_DSB4889.jpg
スポンサーサイト

雪の表情

 今日も寒い朝でした。-18度の朝でしたが日中も-11度までしか気温は上げりませんでした。それでも天気は晴れで肌がピリピリする空気を感じました。こんな日は雪が輝くのでさっそく撮影に。今日のテーマは雪をモノクロで!一昨日に降った新雪が落ち着いた頃なので雪をかき分け撮影してきました。

_DSZ5155.jpg
氷の張った河に降り積もった雪 雪の層が水の波紋にも見えました
_DSZ5161.jpg
風のいたずらか まるみをおびた形と陰影と雪から伸びる枯れ枝が気になり撮影

吹雪の中を走る

 昨日撮影した、吹雪の中を走る列車の写真をご覧ください。先頭車両は雪がはりついた状態で走っています。本当に冬の北海道っを定刻通りに走らすことは大変なのかもしれません。いろいろとトラブル続きのJR北海道ですが他県にはない厳しい自然環境を走る列車を応援したいです。

_DSZ5034.jpg
キハ183系気動車 特急としては古い型になります。ジーゼルエンジン車両です。
_DSZ5069.jpg
789系L特急スーパーカムイ こちらは電車です。

雪の無人駅にて

 午前中は風雪模様で久しぶりに除雪作業をしました。この風雪こそ以前から狙っていた列車撮影のチャンスと出かけてきました。
ところが予想以上の吹雪になり雪まみれになりながらの撮影でした。小さな無人駅で普通列車と乗客を中心にに撮影しました。
何度か撮影に行く駅ですが、普段は乗り込む人はほとんどいないのですが、今回は2名の方が列車を待っていました。ラッキーでした。

_DSB4816.jpg

_DSB4820.jpg
吹雪の中の小さな駅です。(旭川郊外の伊納駅で撮影)

甘利経済再生相が、金銭の授受をめぐる疑惑について説明する会見を開き、経済再生相を辞任しました。これでこの件は終わりになるのでしようか?それはあまりにも国民を馬鹿にしていますよ。

冬の川岸

 石狩川の冬の川岸にうっすら氷が張ってきました。旭川周辺はまだ上流の流れで、川一面が氷におおわれることは少ないのですが、なぜか年々氷の面積が少ないように思います。その分作品にするとおもしろい造形が写し込めます。川面の氷はその日の気温や降雪状態また晴具合や時間により大きく変化します。

_DSZ4992.jpg
気温-10度、天候晴の石狩川 少し暖気が来るととけて流れ出します。

雪けむり

 昨日の寒さから一転、今日は気温が上がり日中にはプラスちかくまでになりました。昨日の最低気温との差は22度ほどあり、暖かく感じられた1日です。しかしこれからが北海道の寒さ本番!油断できません。
 一昨日は気温も低く、粉雪状態でしたので雪煙を上げて走る電車を撮影しようとうろうろしてきました。その時撮影した1枚です。なかなか「撮り鉄写真」は難しい。

_DSZ4986.jpg
函館本線を走る「スーパー宗谷」 雪けむりが多すぎて車体が隠れてしまいました。

凍える朝

 ついに今年初めて北海道で-30度を記録しました。旭川から車で1時間半ほどの下川町では-31.8度を記録しました。私のところでも-23度まで下がり、郊外では-30度近くまで冷え込みました。やはり厳寒の空気感は違います。外にいると顔が痛い!
 気温が下がると空気が澄み、青空が広がります。そんな朝の風景をご覧ください。

_DSB4779.jpg
石狩川の支流忠別川の厳寒の朝です。撮影時-21度
_DSB4788.jpg
橋におかれた馬の彫刻ですが、すっかり霧氷で白くなっています。

 米軍普天間飛行場がある沖縄県宜野湾市の市長選で与党が推薦した現職が勝ちましたが、早速菅義偉官房長官が同飛行場の辺野古移設に反対する翁長知事批判を始めたようです。この選挙結局焦点をぼかし、目先の金を政府与党がちらつかせた結果でしょう。米軍普天間飛行場をなくしたければアベの言いなりになれと恫喝しているのかな。本当の民意は聞こえない劣化した政権らしい。

マイナス20度の石狩川

 今朝の気温は旭川でマイナス15度でしたが、郊外に出るとさらに下がりマイナス20度超えです。こんな日は霧氷が見れることが多いので石狩川沿いを回ってきました。川岸の木々は樹氷の花が咲いていましたが、陽が上がるとともに10時過ぎには散っていきました。まいなす30度近くになると昼過ぎまで真っ白に輝く霧氷が見れるのですが、最近はそこまで寒くなることが少なくなりました。

_DSB4691.jpg
川岸の木に樹氷の華が
_DSZ4907.jpg
中州の冬枯れした草木も樹氷が満開

 自民党の稲田政調会長が名古屋での政治資金パーティの中で憲法9条の改正示し、その理由に自衛隊は違憲であり、これこそ立憲主義が空洞化していると述べたとか。アホか!違憲状態に自衛隊をしたのは誰だ!憲法を空洞化しようとしているのは誰か!本当にアホか。
 甘利明経済再生担当相をめぐる金銭授受疑惑に関し、自民党山東派の山東昭子会長が「政治家自身も身をたださなければならないが、(週刊文春に)告発した事業者のあり方も『ゲスの極み』。まさに『両成敗』という感じでたださなければならない」と述べたとか。金銭授受が事実なら成敗されるのは甘利さんでしょう。不正を告発するのは悪いこと? 山東さんアホか!

雪原にて

 少し風があると北海道の雪は風に飛ばされ、地面から雪が舞いあがることもしばしばです。風がおさまった後にはまた違う風景が現れたりもします。そんな雪原を写しました。空には青空も見えていますが風は冷たかったです。

_DSB4667.jpg
雪の下には農道が通っているのですが、すっかり雪に覆われてしましました。冬は寒々とした雪原です

冬の青空

 いつもご覧いただきありがとうございます。
 冬の嵐も去り、静かな冬日の1日です。寒さも緩み屋根に雪が一気に落ちています。この季節雪下ろしの事故に注意です。
 この静かな天候も今週まで、来週からはまた荒れ気味の天候となりそうです。しばらく青空を望めないかもしれないので、冬の青空写真をUPしてみました。(1月21日に美瑛で撮影)

_DSB4688.jpg
美瑛周辺を回るとこんな丘の風景がよくあります
_DSZ4872.jpg
冬木と冬の空

雪上の足跡

 大荒れの天気もようやく回復しましたが、いまだにJRや道路は不通箇所もかなりあるようです。幸いこちらはほとんど荒れることなく低気圧は過ぎ去り、冬晴れとなりました。今年は本当に太陽が顔を出す日が少なく、貴重な1日となりました。
 冬の青空を撮影に行きましたが、強い風でできた風紋もあり少し天気が荒れた後は普段と違う風景が見れます。
 動物たちもこの青空に誘われてか雪の上に足跡を残しています。特にキタキツネの足跡が多く見ることができます。

_DSB4645.jpg
キツネの際跡がくっきり!肉球の後もわかります
_DSZ4896.jpg
2匹のキタキツネに遭遇しました。警戒しながらもこちらに興味深々

株価の下落が止まりません!年金財源もかなりの目減りでしょう。この株価の下落が賃上げ抑制の口実となり、そつけは庶民に。
アベノミクスがうそだらけなのが明らかになってきました。それでも大企業は儲け、大臣は口利きでワイロでホコホコ?

冬の街

 冬の街角を撮影に行ってきました。朝から風があったので、少し吹雪になるといい被写体に出合えるかと期待をしながら撮影しましたが、こちらはほとんど降雪なしで空振りでした。北海道でもオホーツク側は1メートルを超える雪が降って大変なことになっているのですが。
 旭川駅前のビルから旅行にきているらしい人を写してみました。雪が降っていると北国らしかったのですが、また挑戦します。

_DSC3406.jpg
旅行ケースを転がしながら行進しているようです

足跡

 北海道は道東を中心に暴風雪の1日でしたが、こちらはほとんど雪も降らず、風もありませんでした。北海道でも本当に天候が違います。昨日荒れた天候の写真でもと思っていましたが普段と変わらない冬の日でした。
 旭岳に向かう途中に忠別ダム湖がありますが、全面氷が張り雪原状態です。その湖面で作業をする人の足跡がくっきり残り、抽象画のように見えました。作業のする人がいてもいい被写体になったかもしれません。

_DSB4439.jpg
すっかり氷におおわれた湖面に足跡出現!
 
 利潤追求のみのを求め安全無視で起きた軽井沢のバス事故、儲けだけで倫理感ゼロの廃棄カツ転売事件。劣化する日本!国会のアベさんの答弁も劣化状態。「表現の自由」制限が妥当とは。権力ある者は都合の悪いことは制限したがるからね。

明日からは荒れた天候に

 厳しい寒さがひと段落したら次は大荒れの天気になりそうです。すでに関東や東北では大雪だったようですが、北海道も道東が暴風雪になりはじめました。こちらはまだ静かですが、明日からは大雪の予想です。雪に慣れている北海道人ですがさすがに1日に1メートル以上の雪には打つ手なしです。雪がおさまることを祈り、家で待つしかありません。事故や大きなトラブルがないことを願っています。しばらく望めない秋晴れの写真をUPします。

_DSZ4786.jpg
今年は冬の青空が少ないです。明日は大荒れの様子をお知らせすることになりそうです。

真冬日が続いいます

 今日もマイナス15度まで気温が下がっています。道内ではマイナス30度近くまで冷え込んだところもあるようで、さすがの北海道人も震え上がっています。日中は陽ざしもあり体感的には暖かく感じる時間もあるのですが、実際の気温はマイナス8度ほど。寒さにも少しずつ慣れてきました。
 近くの神社の鳥居の赤が雪の中で目立っていたので撮影してみました。冬は人の姿も全く見えませんが、初詣の足跡が残っていました。

_DSB4547.jpg
森の中にひっそりと赤い鳥居が(東神楽町)

撮影の途中に寄り道しコーヒーで暖をとってきました。東川郊外にあるお店で「ハルキッチン」といいます。ランチのお客さんも結構いました。今度はランチでも
_DSB4597.jpg
東川町東11号南4番地にあります。旭岳天人峡に向かう道道1160号沿いにあります。近くには写真家深山治さんのギャラリーも

寒い1日でした

 ただいまの気温マイナス16度です。今朝もマイナス15度まで下がりましたが、夜に曇ったためか放射冷却にはあまりならず、霧氷の花も咲きませんでした。日中は気温も上がらず完全に冷凍庫状態の1日となりました。寒さの厳しいい北海道の1月をUPします。

_DSZ4800.jpg
美瑛の丘にある通称「クリスマスツリーの木」です。私としては夏より冬のほうが好きな場所ですが、マイナス20度にもなると霧氷で真っ白になることもあるのですが、今年はまだなっていません。また靄につつまれた日没時は幻想的な風景にもなります。

久しぶりに冬の快晴

 寒さが一段と厳しくなった今日は、冬の快晴の1日となりました。青空が広がったのは今年初めてかもしれません。青空の丘の風景を撮影してきました。久しぶりの青空で撮影されている方も結構来ていました。このまま夜も晴れると放射冷却現象で明日はマイナス20度近くまで下がりそうです。朝から晴れると朝靄と霧氷の華が木々に咲くかもしれません。

_DSZ4752.jpg
夏の風景がポスターなどになることがよくある「赤い屋根」です(美瑛町)

 先日 山田洋次監督の「母と暮らせば」を観てきました。吉永小百合さんと嵐の二宮和也さん主演の長崎原爆を題材にした作品です。この作品で戦争の愚かさと戦争に翻弄される人々の姿を描く人間ドラマです。この作品をとおし、山田監督の反戦メッセージが伝わりました。こんな映画の時代を繰り返さないためにもやはり憲法9条を守らなくては!

冬山

 本格的な冬の訪れとともに、夏とはちがう風景が広がっています。新緑の春、赤く染まる秋の山の姿が冬はすべて白と黒の世界。そんな白と黒の世界が朝夕にいろを変え、また吹雪の日には山の姿すら見せない。

_DSB4467.jpg

氷の世界

 北海道は寒さが続いていますが、みなさんのところはいかがですか。しばらくはマイナス10度前後の日々が続きそうなのですが、これも北海道らしくていいのかもしれません。今日は旭岳に向かう途中にある忠別湖周辺を撮影してきました。
 天人峡温泉に向かう途中に垂直に立つ柱状節理(北海道は上川町層雲峡が有名)があるのですが、その岩からしみ出た水が凍りついていました。これから寒さが厳しくになるにつれまだ大きく成長するかもしれません。

_DSB4475.jpg
岩からしみ出た水が氷の柱を作っています。(東川町天人峡付近)

 アベが低所得高齢者に3万円を支給するらしいのですが、これで低所得者問題が解決するの?1回きりの支給は参議院選に向けたばらまきでしょう。何でもありかい!低所得・長時間労働の労働者も救済するのが政治でしょ。パートで25万円を稼げるとか、家庭総収入が月70万円になるとか・・・・アホか。この後はTPPがらみで農家へのばらまきそして農村を破壊するのでしょう。

寒い1日でした

 出かけていたので三日ぶりの更新となります。今日は寒い1日で、日中もマイナス7度ほどしか気温も上がらなかったようです。雪もこの1週間ほど降り続き、少なかった積雪も例年並みに近づいています。
 大阪まで行ってきたのでこの寒さは体にこたえます。留守中の除雪をご近所の方がすませてくれていました。感謝です。

_DSZ4555.jpg
いたるところ雪・雪・雪です

 大阪で、四天王寺に行ってみましたが、歴史あるお寺のバックには「アベノハルカス」が見えました。おもしろい!
_DSC3327.jpg

白い丘

 雪が少しずつですが、毎日降り続き積雪も多くなってきました。普段の生活では雪が少ないのは多いに助かるのですが、自然界では様々な影響がありそうです。雪が少ないと凍結する地面の深さも違い、融雪後の作物にも影響が出ます。やはり雪も天からの贈り物なのかも。

_DSZ4602.jpg
深い雪は丘を包む布団です

雪の中でも元気

 本格的な冬もすぐちかくまでやって来たようですが、森の動物達は元気に厳しい冬を生きています。
いつも通っている旭川の神楽岡公園のエゾリスも元気にに走り回っています。冬は動物達にとっては食料を得ることが大変な季節。エゾリスも秋にかくしたドングリ探しに必死です。

_DSB4321.jpg
私には遊んでいるようにしか見えないのですが、餌を探している行動なのか?

雪のキャンバス

 昨日から気温が下がる傾向にあり、降る雪もパウダースノーになりつつあります。この白い雪に晴れた日は木の影が青く見えます。特にマイナス20度近くまで下がる冬の快晴の日は特に青みが強いような気がします。今年はまマイナス20度以上にはなっていませんが、これからが冬本番の日があると思います。
 
_DSZ4592.jpg
「青い影」のタイトルの曲がありましたね(昔の曲ですが)

 北朝鮮が水爆実験に成功したとの報道、また、またアベさんは北朝鮮脅威論で軍事強化や憲法改悪に利用し、危機をあおるんだろな。北朝鮮も指導者がアホだから国民はひどいことになっているのでしょう。

雪中の神社

 大雪にはなっていませんが、毎日数時間雪の舞い降りる日が続いています。積雪30㎝ほどあります。例年から見ると半分ほどですが、先1週間は雪の降りやすい傾向ににあるので、日に日に積雪がふえそうです。
 この雪の中にひっそりと立つ小さな神社を被写体にしました。雪も降っていたのですが細かい雪でうまく写しこめませんでしたが、この神社も新年にはお参りの人を迎えたのでしょう。雪を踏み固めた参道に少しずつ雪が積もりはじめました。

_DSZ4714.jpg

 参議院選挙に向けアベ首相が「改憲」を叫びだしました。「戦争法」を強行し味をしめたのでしょうが、今国民が求めているものやこの動きがアジアの人たちが日本の見方を変えてしまうことも考えず。
「憲法9条」は私たちの誇りであり、財産です。若い人たちが憲法を守るため立ち上がることに期待!

冬の森

 北海道の1月としては暖かく、降り積もる雪も水分が多いベタ雪です。例年はさらさらとした雪なのですが。このベタ雪はエゾ松木々に積もっています。自然が作るクリスマスツリーですが、このベタ雪は重さもあり、枝が折れることもよくあります。

_DSZ4703.jpg

冬の丘めぐり

1月3日が過ぎていきます。年齢とともに正月気分も足早に去っていくようです。明日からは仕事始めの方も多いのではないでしょうか。 
 1月の美瑛の丘は夏の賑わいとは違い、静かな雪景色となっています。でも夏とは全く違う風景が広がり、北海道を本当に感じることができるのが冬だと私は思うのですが。天候には左右されますが。

_DSZ4573.jpg
誰もいない丘にはキタキツネの足跡が

明日には190回の通常国会が開催されますが、国民にわかる国会にしてほしいものです。「戦争法」「辺野古問題」「原発再稼働」など日本の未来を変える問題が目白押し!一億総活躍社会」とは「一億総動員体制」とはちがうの?格差拡大社会はどうするの?アベさん逃げないで答えてよ。(共謀罪が成立すると政権批判はまずいのかな)

1月の川面

 今年の正月は寒波の到来もなく、例年より暖かい日が続いています。例年氷がはる川面もまだまだ流れがしっかり見え、厳しい寒さはまだ先なのかもしれません。今日は午後から湿った雪がふりだだし、朝の朝は木々が真っ白な雪をかぶっていると思います。
 
_DSC8892.jpg

明けましておめでとうございます

 2016年がはじまりました。みなさん明けましておめでとうございます。今年の正月は北海道のこの季節としては暖かく、静かな元日です。今年も写真を通して北海道を少しでも感じていただければ幸いです。
 今年が本当にいい年となり、不幸はさる(猿)年になることをねがっています。(○○内閣もさるといいのですが)

_DSZ4622.jpg
十勝の山並みを遠望(美瑛町)
プロフィール

Author:nsuzuki
北海道のほぼ中心部に位置する旭川・美瑛・富 良野などの自然、人、産業、そして動物たちを写真をとおして紹介していきます。
上川盆地・富良野盆地は北海道の中でも冬の厳しい寒さと、夏の暑さの差が50度にもなる地域であり、大陸的な気候を思わせる地域です。
それだけに自然も豊かであり、大雪山連峰と美瑛・富良野に見られる丘の風景は特筆するものがあります。
これから、自然とそこに生きる人たちが作る「彩りの大地」をお楽しみください。

詳しくはリンクのHPへどうぞ

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
QRコード
QR