初冬の色

 本格的な積雪の後は雨の日が続いています。陽射しの時間もありますがどんよりとした初冬の空となってきました。街路樹の葉を落とし、丘のカラマツ林も色づいてきました。今年の紅葉はあまり良くなかったので、11月初旬にカラマツ林が黄金色に輝くことを期待しています。

_DSZ3987.jpg
すっかり落ち葉の絨毯に覆われています。(旭川市)
_DSB4011.jpg
カラマツ林も色づき始めましたが、カラマツの葉が散るころは雪の季節がはじまります。(美瑛町)

沖縄県名護市辺野古で政府は、海の埋め立てに向けた本体工事に着手しました。沖縄県民はもちろん多くの国民の声をまったく黙殺し「戦争法案」と同じように強行しました。この政権は「戦争法案」「辺野古問題」「原発再駆動」そして教育問題すべてを力づくで進めようとしています。「一億総活躍」ではなく「一億総切り捨て」政策そのもの残りの二千万人のための政治です。
スポンサーサイト

初冬

 北海道はいよいよ雪の季節になりつつあります。彩り鮮やかな晩秋から一晩で冬になるのが北海道です。10月25日からふりだした雪で26日は真っ白に積もった雪の朝でした。日中にはほとんどとけけましたが、郊外や丘の上では雪が残っています。降ってはとけそしてまた雪の繰り返しの中で冬がやってきます。昨日車も冬用のタイヤに履き替えました。

_DSB3951.jpg
初冬の水田と大雪の山並み(東神楽町)
_DSB4031.jpg
美瑛の丘にはまだ積雪がありました。山並みはすっかり雪化粧

 四国電力伊方原発3号機の再稼働に愛媛県知事が同意をしました。福島の原発事故からわずか4年で次々と原発の再稼働が始まっています。あたかも福島の放射能の危険性がおさまりつつあるようなデマを流す政府のもとでの世界一厳しい安全基準なんか信じることができますか?

落ち葉の季節

 先週は群馬を旅行中のためブログをお休みしてしまいました。天候に恵まれた旅行でしたが、北海道に戻ると冬の気配です。今日も早朝より雪が降り、うっすら積もりました。寒い1日になっています。窓の外は雪です。この後も雪の予報で明日の朝は一面真っ白かもしれません。
昨日今年最後の晩秋を写してきました。木々の葉はほとんど散っていますが、晩秋と初冬が入り混じったような風景でした。
明日からは冬の風景を撮影しなくては。

_DSB3877.jpg
ほとんどの木は葉を落とし、初冬の姿です(旭川市神楽岡公園)
_DSB3929.jpg
落葉と紅葉の木。(旭川市神楽岡公園)

いつもご覧いただきありがとうございます。

新そば

 秋も深まりましたが、北海道は今新そばの季節です。そばは長野が有名なイメージがありますが、実はそばの国内生産量は北海道がダントツで各地の有名なそばの原料も北海道産のそば粉が使われています。
 そのそば粉で蕎麦打ちを研究しているグループがあり、蕎麦打ちの様子を撮影させていただきました。蕎麦打ちにも段位認定があり、有段者の皆さんの日ごろの成果を撮影させていただきました。

_DSB3758.jpg

_DSZ3941.jpg

ぽかぽか陽気の1日でした

 昨日からの好天が続き、今日も日中は20度近くまで気温が上がったようです。この秋最後の行楽日和の1日でした。私もこの天気につられて紅葉を求め歩き回ってきました。毎年赤や黄色の木々が川面に映る場所として訪れる旭川の「神居古潭」へ出かけてきましたが、先日の二つの爆弾低気圧で色づいた葉が散った状態でした。近くの果樹園にも行ってきましたが、やはり爆弾低気圧の影響を受けたとのことでしたが、それでもリンゴたちは落ちずになっていました。色づいた山を背景にリンゴの木を撮影してみました。
撮影させていただいたのは旭川市神居町西丘にある二階ファミリー果樹園で、リンゴ狩りもできます。

_DSB3679.jpg
青い空に赤いリンゴが輝いていました。(旭川市 二階ファミリー果樹園)
_DSB3684.jpg
山はすっかり色づき、晩秋のリンゴ畑です。(旭川市 二階ファミリー果樹園)
_DSZ3817.jpg
紅葉と石狩川の流れ(旭川市 神居古潭)

晩秋です

 今朝は冷え込みました。朝の気温(6時)は0度で初霜がありました。朝が冷え込むと日中は快晴のことが多いのですが、やはりぽかぽかの小春日和でした。この冷え込みで紅葉もピークをむかえています。街中も田園地帯も丘も秋の深まりのつつまれています。明日も快晴の予報です。紅葉もあと1週間ほどで終わりになるかも。

_DSB3637.jpg
雑木林の木々も秋色に染まりました(東川町)
_DSB3547.jpg
白樺の葉もすっかり黄色に変わりました。北風が吹くと音を立てて散っていきます。(東川町)

 TPP(環太平洋経済連携協定)交渉がまとまりつつあります。北海道の農業がどうなるのか疑問だらけです。農業は食料の自給とともに自然の保持にも大きくかかわっています。アメリカ主導でアメリカの安全基準の押しつけも激しくなるでしょう。やっぱりアベは経済でもアメリカの言いなり・・・・

雪の便りの季節に

 昨日から一気に冷え込み、ついに雪がちらつきました。積雪を心配していたのですが旭川周辺は積もることはありませんでした。富良野方面では積雪になったようですが、早すぎる冬の使者に戸惑っています(昨年の最初の積雪は10月29日でした)。この寒さで紅葉もすっかり進み彩の晩秋を迎えています。明日は快晴の予報なので楽しみにしています。

_DSB3444.jpg
日に日に紅葉が進んでいくのがわかります。明日はまた一段と秋の彩りに(東神楽町)
_DSB3509.jpg
黄葉を迎えた老木(東川町)

 沖縄知事が辺野古埋め立て承認を取り消しましたね。それ受け政府は取り消しの無効を求める不服審査請求を国土交通相に出すらしいのですが、これこそ茶番でしょう!結局民意を無視した強行です。「戦争法案」や「原発再稼働」と同じ流れ。知らぬ間に独裁国家になったのかな。

人里も紅葉の季節

 今日は朝日がまぶしい1日の始まりでしたが、秋らしいい青空には残念ながらなりませんでした。それでも、厚い雲間から陽が紅葉を照らすのを見ることができました。
 すっかり人里も紅葉の季節となり、明日からは気温も下がり、連休明けには雪もちらつきそうです。秋の深まりの後にははやくも初冬をむかえます。

_DSB3478.jpg

_DSB3468.jpg
木々がすっかり色づきました。この紅葉もあと1週間くらいで終わりそうです。
_DSB3481.jpg
忠別川上流の紅葉です。釣り人の姿も見えました。

風雨の日が続きました

 台風23号から変わった低気圧の影響で全道的に荒れた天気が続いています。幸いに上川地方は大きな被害もありませんでしたが、秋の収穫作業はストップした状態です。明日は回復するようですが、来週からまた雨の予報で、気温も下がりそうです。もしかすると雪が舞う日があるかもしれません。
 この雨で秋の撮影も停滞気味です。これまで撮影したも写真をのせましたのでご覧ください。

_DSA8170.jpg
これから収穫がはじまるビート畑です。雪が降り出すころまで作業が続きます。
_DSZ3695.jpg
秋晴れの大雪の山並みです。残念ながら2日間ほど暑いあつい雲に覆われています。

10月の森

 台風の影響で北海道は大荒れです。昨日から所用で札幌に行ってきましたが昨日は快晴、今日は大荒れの天気の中を往復してきました。この暴風雨で高い峠は吹雪き模様のようです。秋から冬へのカウントダウンが始まりました。そんな秋の森を一昨日撮影しましたのでご覧ください。

_DSZ3702.jpg
少し色が付き始めたカラマツ林。10月末には黄金色の森となります。
_DSC7139.jpg
すっかり色づいたダテカンバの木々 この嵐で葉は散ったかもしれません。

 アフガニスタンで米軍が「国境なき医師団」が運営していた病院を空爆し22人が死亡のニュースが入ってきました。当初米軍は誤爆と認めなかったようですが、実態が明らかになるにつれ誤爆を認めました。しかし米軍の空爆はいつも無差別的なもので今回は「国境なき医師団」の病院だったため明らかになったことです。大国の正義は本当に独善的!

晩秋十勝岳連山

 今日は朝から快晴で、久しぶり秋空を見ることができました。この好天で大雪・十勝の山並みが見事に望めました。十勝岳の麓を中心に撮影してきましたが、7合目付近は雪に覆われ、すそ野は紅葉と初冬と晩秋が同居している風景です。例年より赤い色が少ないようですがこれから半月は短い北海道の秋を撮影できそうです。

_DSB3387.jpg
美瑛模範牧場から望む十勝の山並み(美瑛町)
_DSB3417.jpg
白い噴煙を上げる十勝岳の秋風景(美瑛町)

初冠雪の山並みを望む

 10月の声とともに大雪山では本格的な雪が降りました。つい1週間前までは雪の姿は見えなかったのですがすっかり冬の姿に変わりました。天候の回復が遅れ紅葉と雪のコントラストの風景はまだ見ることができませんが、明日から晴れる予想ですのできっと大雪山の麓は見事に紅葉になっているでしょう。明日撮影に入る予定です。

_DSZ3668.jpg
新雪をかぶった十勝連山(旭川市)
_DSZ3687.jpg
冬の装いの旭岳を砂糖の原料となるビート畑より遠望(旭川市)

 福山雅治さんと俳優の吹石一恵さんの結婚が話題になっています。明るいニュースはいいですね。ところがこの結婚に関して菅義偉官房長官は祝辞を述べながらも29日、フジテレビ(やっぱりフジテレビ)の情報番組で、「この結婚を機に、ママさんたちが一緒に子どもを産みたいとか、そういう形で国家に貢献してくれたらいいなと思っています。たくさん産んで下さい」と発言していました。エエエ!国家に貢献てどのような意味?つい70年以上前そんなスローガンがあったような気がします。「産めよ、殖やせよ」てこと。

深まる秋

 久しぶりに撮影に行ってきました。昨日からの嵐模様はおさまりつつありますが、まだ風が強い状態です。吹く風もすっかり秋風の冷たさに変わりました。天候が崩れる前にと稲の収穫も急ピッチで行われており、稲が刈り取られた水田が目立ち始めました。森も色づきはじめ日に日に秋の深まりを感じます。

_DSB3277.jpg
収穫がおわつた水田横の雑木林も紅葉が始まりました(東神楽町)
_DSB3339.jpg
雲間から大雪の山並みが雪で白くなっているのが見えました(東神楽町)

アベが国連で演説していました、戦争法が成立したから自衛隊を地球の裏側にも送れると・・・・国民には十分に説明できない人がすっかり上機嫌で演説です!アメリカに金も土地(基地)も自衛隊の命も捧げるつもり? TPP交渉も危険水域!

9月の寸景 その2

 10月になりました。今日は予報どおり早朝より暴風雨状態で家に閉じこもっています。大雪の山並みは7合目付近まで冠雪し晴れると紅葉と雪の白の世界がひろがるのですが、この嵐では撮影も無理なようです。一気に来た寒さで紅葉も駆け足状態進んでいますが、この嵐で散ってしまうのが心配です。天候が回復したら撮影に出る予定です。
 今週は撮影に行けてないので(大腸ポリーブ切除入院や嵐の天気で)9月に撮影したものをご覧ください。

_DSC6894.jpg
夕暮れにアオサギの集まる場所で撮影しましたが、警戒心の強いアオサギにあっさり逃げられました。(東神楽町)
_DSC6919.jpg
9月の末はよく夕焼けになりました。夕焼けの次の日は良い天気のことが多いのですが、今年はちょっと違っていました。気象もちょっとおかしい感がします。(美瑛町)
プロフィール

Author:nsuzuki
北海道のほぼ中心部に位置する旭川・美瑛・富 良野などの自然、人、産業、そして動物たちを写真をとおして紹介していきます。
上川盆地・富良野盆地は北海道の中でも冬の厳しい寒さと、夏の暑さの差が50度にもなる地域であり、大陸的な気候を思わせる地域です。
それだけに自然も豊かであり、大雪山連峰と美瑛・富良野に見られる丘の風景は特筆するものがあります。
これから、自然とそこに生きる人たちが作る「彩りの大地」をお楽しみください。

詳しくはリンクのHPへどうぞ

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
QRコード
QR