夏の丘をモノクロで

 全国的に猛暑のようですが、北海道も暑い毎日が続いています。今週は30度前後の日が続きそうです。少々暑さにぐったりなのですが、あとひと月もするとこの暑さが懐かしくなるかもしれません。この暑さが終われば駆け足で秋がやってくるのが北海道です。
 そんな暑さの続く丘の風景をモノクロで写してみました。白と黒の丘の風景も新鮮でした。

_DSB2169.jpg
収穫を待つ麦畑
_DSB2151.jpg
砂糖の原料となる甜菜(ビート)畑
スポンサーサイト

睡蓮の花

 今日は午前中から北海道らしくない暑さと湿気になっています。(本州各地から見るとまだまだ涼しいのかも)昨日が雨模様の1日できおんも23度までしか上がらなかったので、今日の30度の気温は非常に暑く感じます。もう少しスカッとした夏空の北海道を期待しているのですが…・
 昨日雨の中を旭川郊外の小さな池に行ってきました。ここの池は毎年睡蓮の花が咲きます。本当に小さな池で手入れもされていないようですが、短い夏に彩りを添えています。雨の中で咲く睡蓮です。また近いうちに撮影し思っています。

_DSC2026.jpg

_DSC2023.jpg
農業用水の池かもしれませんが、雑木林に囲まれた池に毎年睡蓮の花が咲きます。

「戦争法案」の審議がいよいよ参議院で始まります。支持率低下が続く安倍政権はそれでも法案の成立を強引にめざすようですが。これだけ各地で反対の声が広がる中、首相は十分な国民の理解がなくても強行する姿勢!ますますヒットラーに似てきています。国民を無視し立憲主義を理解しない政権にはご退陣願いたいものです。(相変わらずNHKの報道は国営放送のようになっていますね)

麦の収穫が始まりました

 蒸し暑い1日で、気温も30度まで上がりました。この暑さの中で麦の収穫作業が始まりました。一昨日の雨と風の影響で収穫作業に入ることができない場所もありますが、真夏の収穫作業が丘のあちらこちらで始まっています。強い雨が降ると作業の中断を余儀なくされるので寸暇を惜しんで続けられます。
 作業の邪魔にならないように撮影してきました。

_DSB2266.jpg
大型のコンパインが広い畑の麦を一気にに収穫していきます。
_DSB2278.jpg
コンバインは20代の若者たちが中心に作業が続けられています。

庭に咲く花

 今日は早朝から豪雨状態でした。昼近くから雨も小降りになりましたが、一日中湿気の多い夏の日になりました。
我が家の小さな庭もいろいろな花が咲きだしました。昨日まだ雨の降る前に撮影してみました。花の名前はなかなか覚えることができませんが知っている範囲で紹介していきます。

_DSC1943.jpg
るこう朝顔(ルコウソウともいいます) 2メートル以上つるが伸び、2センチほどの赤い花が次々と咲いています
_DSC1954.jpg
亜麻の花 今話題の「アマニ油」が種子からとれます。北海道では昔は各地で植えられていたようです。(布地の原料として以前栽培されていたところには地名に麻が付くところが多いようです)
_DSC1952.jpg
クレマチス白万重(しろまんえ) 今が盛りにしろ花が次々と咲きます。

 安倍政権の支持率が急降下しました。当然でしょう!急にテレビ等での露出度を高めているようですが、正体が見えた今、全然説得力なし。今度は参議院での審議に合わせて一部マスコミを利用し中国や北朝鮮の脅威論を宣伝し始めますよ。その前にしっかりした外交でしょう。

夏・空・雲

 関東地方も梅雨明けとなり、本格的な夏とともに猛暑が続く毎日になっているようです。こちら北海道も夏らしくなってきましたが、さすがに猛暑日はほとんどなく、朝夕は涼しくも感じる日が続いています。今日はそんな涼しさを感じる北海道の空と雲を写真にしました。夏の暑さの中に吹く一瞬の涼風を感じてください。

_DSZ2190.jpg
収穫を待つ小麦畑の上空には雲が流れています
_DSB2181.jpg
夏の太陽が降り注ぐ牧草畑と白い雲

残雪

 夏も本番ですが大雪や十勝の山並みにはまだ雪が残っています。今年は5月の気温が高かったのと降雪量も少なかったようで例年から比べると残雪の量も少ないようですが、この残雪が解ける前に新たな雪が2か月後にはふりだすかもしれません。本当に北海道の夏すぐに過ぎていきます。

_DSC6784.jpg
残雪もすっかり少なくなり夏山の姿です。
_DSC6822.jpg
山の窪地に残る雪 再び撮影に出かけたときはとけてなくなっているかも

新国立競技場の建築計画が白紙になったようです。当然ですが、ここにきて国民の声を反映して白紙にしたとか・・・・ 首相は国民の声が聞こえなかったり聞こえたりと都合のいい耳を持っているようです。また与党の国会議員の皆様も強行採決について反省の弁を述べたり、新国立競技場の白紙についても急に支持したり、つまり「後出しじゃんけん」状態ですね!

夏のしらひげの滝

 今日は空気の澄んだ過ごしやすい夏の日でした。この天気につられ久しぶりに美瑛の白金温泉にある「しらひげの滝」を撮影してきました。今ではブルーリバーとして有名になった美瑛川の上流にある滝ですが、私は四季を通じてよく撮影に行きます。季節により水の量や川の色が微妙に違います。夏は涼しげなブルーに見える流れです。
 
_DSZ2329.jpg
今年は水量が多い感じでした。山の雪解けが早かったからかな?
_DSC6807.jpg
しらひげの滝は地下水が溶岩層の割れ目から、美瑛川に流れ落ちていきます。
_DSC6813.jpg
人の顔にも見える岩に滝の水がたたきつけています。

 「戦争法案」が衆議院を通過しました。やはり与党の単独強行採決!つくづく自民党の劣化状態を感じました。公明党は自民党の金魚のふん状態。民意を感じ取れる国会議員はいないのか。「いつか来た道」はNO

麦畑

 昨日の蒸し暑さがうそのような涼しいい1日でした。朝からはまた夏が戻りそうですが、四国、中国、近畿地方は台風が心配ですね。
今日は順調に成長している麦畑の風景を見てください。今年は順調に成長した麦ですが、そろそろ収穫の時期むかえています。これから収穫まで強い雨風がなく麦が倒れなければいいのですが。(倒れると品質が落ち製品にならないことがあります)

_DSZ1642.jpg
麦とキガラシ(キガラシは緑肥として畑に埋め込まれます)
_DSB1562.jpg
農道と麦畑
_DSB1594.jpg
麦畑から望む十勝の山並み

 「戦争法案」が衆院平和安全法制特別委員会で与党単独強行採決をしました。首相は「まだ国民の理解は得られてない」と認めながらの強行採決!国民をなめているんじゃないですか。この内閣は国民を不幸にすることがはっきりしました。与党の一角を担う公明党も同罪ですが(平和の党公明党…冗談でしょう)
 またNHKの報道姿勢にも疑問、疑問  受信料拒否でもしたい気分(NHK会長は首相のお友達でですからね)

丘の夏

 ただいま30度まで気温が上がり、強い風が吹いています。蒸し暑く北海道らしくない夏の日となっています。北海道人はこの蒸し暑差には弱いですね。
 夏の暑さの中での農家の人たちは広い畑で作業中です。畑でひたすらに働いている人かと思ったらカカシでした。

_DSC6766.jpg
広い畑を一歩ずつ除草作業をしています
_DSC6773.jpg
よく鹿が顔をだすので畑の真ん中で案山子がにらみをきかしています。

 戦争法案の衆院での与党単独強行採決が現実味を帯びています。民主主義や立憲主義を知らないおじいちゃん子の首相は「決めるべき時には決めるということだ」「「90時間を超える審議を行った」など国民無視、違憲無視、野党の質疑無視の姿勢で強行しようとしています。日本が崩れていく・・・・・・

星空

 今日も朝から夏の陽射しがそそいでいます。北海道も各地で30度以上の真夏日を記録していますが、今年の長期予報は冷夏かもしれないとか。やはり夏は暑くなってほしいものです。
 昨夜は雲一つない快晴の夜空でした。久しぶりに北斗七星をゆっくり見ながら星の降る夜空の撮影をしてきました。撮影の途中に旅客機が上空を通過し、しっかり写りこんでしまいました。

hosi2017.jpg

ようやく夏の空に

 なかなかやってこなかった夏がようやくやって来たようです。7月8日から夏空が広がりだしました。太陽の下では暑いのですが、木陰に入ると本当にさわやかな夏の風を感じることができます。これが北海道の夏です。沖縄地方は台風で大変なようですが、こちらでは空を眺め、短い夏を実感しています。夏の空をモノクロで撮影してみました。

_DSZ1881.jpg
夏の空に湧き出る雲は絶えず変化し、形を変えます
_DSZ1874.jpg
山の奥から一気に雲が流れだします。(2枚ともオロフレ峠で撮影)

やはり新国立競技場の建築費が話題になっているようです。お金は夏雲のように一気に湧いてきませんから・・・・

丘の風景

 昨日は夏日でしたが、今日は朝から小雨模様で北風が吹く肌寒い1日でした。今年のぐずついた天気は農家の人たちにとっては悩みの種になっているようです。明日からは天気の回復が見込まれ、きっと農作物も太陽の光を浴びぐっと成長することでしょう。
 今日の午後に撮影した丘の様子をご覧ください。

_DSB1612.jpg

_DSZ1836.jpg
機械による農作業が中心になっていますが、まだまだ人による農作業もたくさんあります。
_DSZ1630.jpg
作物によりさまざまな緑の色が丘をつつみます。

 新国立競技場の工事費がなんと2520億円かかるとか!オリンピックもいいのですが、福島の復興が先でしょう。東京ばかりに資金が流れるゆがんだ国土になりつつあります。国外で約束したり、見栄を張ったりする偉いリーダー(?)がいるからでしょうか。

花が一斉に咲きだしました

 今日は朝から夏らしい天気でした。気温も25度近くまで上昇し、ようやく夏の気分を味わいました。夏の訪れとともに、庭先や観光ガーデンをはじめ野山にも花が咲きだしました。これから二か月は北海道は花の季節です。どこに行っても被写体となる花が咲き誇ります。私も夏の雲といろいろな花の写真を撮影していく予定です。
 
_DSZ1754.jpg
ラベンダーも咲き始めました
_DSZ1772.jpg
ポピーの花は次々と咲いていきます
_DSZ1780.jpg
花の蜜を吸うエゾシロチョウ(日本では北海道にだに生息しています)

ジャガイモの花が咲きだしました

 寒く日照も少なかった6月が過ぎ、ゆっくりと夏になりつつあります。沖縄では連日30度以上のようですが、今まで寒かったので北海道では20度を少しばかり過ぎると暑く感じてしまします。夏に近づくにつれ丘の風景が彩り豊かになってきました。
 ジャガイモの白や薄い紫の花が咲きだしました。さまざまな色合いのグリーンとジャガイモの花とが見ごろになりつつあります。

_DSZ1828.jpg
白いジャガイモが絨毯の様に咲き始めました。7月中旬までが見ごろです
_DSZ1808.jpg
ジャガイモの品種によって花の色は違います。男爵やメークインは薄い紫の花が咲きます。この花はメークイン系だと思います。
ジャガイモの花を写すときは畑に入るのは厳禁です。気を付けて。

 7月3日に安倍首相が「報道批判問題」について謝罪しました。しかにその言い回しはいささか不愉快になる感がします。これまで朝日新聞バッシングや放送2社に対する自民党の聞き取り調査など今回の問題もその流れの一環です。まるで戦前の発想とヒットラー的手段に見えてきました。

雨雨上がりの空 その2

 昨日は黒い雨あがりの雲が日没とともに消えていき、茜色の雲になりました。そんな雲を見ながら明日は夏空をと期待したのですが、今日は朝からどんよりとした曇り空・・・・・ 午後からは青空も見えましたがなかなか夏がやってきません。
「明日天気にな~れ」と願いながら昨日撮影した茜色の空を見てください。

_DSC6763.jpg
茜色の空と飛行機
_DSC6751.jpg
茜色に色づいた雲

雨上がりの空

 7月なのに冷たい雨が降っていましたが、ようやく晴れ間も見えてきました。まだまだすっきりしない天気で、上空には黒い雲が厚く残っています。そんな雨上がりの雲を撮影してみました。雲の切れ間から日はさしていますが、まだまだ不安定な空の様子が雲から感じることができました。まるで日本の政治状況のようです・・・・
_DSC6703.jpg
東の空には黒い雲がありますが、西日がさしてきたので天気も回復傾向かな
_DSC6711.jpg
西の空には雲の切れ間も。時間の経過とともに雲が消えていきました。

雨の1日

 今日から7月、夏本番のはずなのですが、昨日から雨模様でさらに気温も20度になりません。夏らしい写真をと思っていますが、天気ばかりは思い通りになりません。雨の日にしか撮影できない写真もあるので撮影に出かけました。雨に濡れた花がいい被写体になり、雨の中で撮影してみました。

_DSZ1572.jpg
ヒューケラの花
_DSZ1586.jpg
エンビシューム
_DSZ1611.jpg
クレマチス(ダイアナ)

 安倍親衛隊のような自民党若手議員(いい大人のはずですが)がまた言論の自由に挑戦するような発言があったようです。あきれる半面与党議員の発言に不安と恐ろしさを感じます。数の力のおごりに怒り!
プロフィール

Author:nsuzuki
北海道のほぼ中心部に位置する旭川・美瑛・富 良野などの自然、人、産業、そして動物たちを写真をとおして紹介していきます。
上川盆地・富良野盆地は北海道の中でも冬の厳しい寒さと、夏の暑さの差が50度にもなる地域であり、大陸的な気候を思わせる地域です。
それだけに自然も豊かであり、大雪山連峰と美瑛・富良野に見られる丘の風景は特筆するものがあります。
これから、自然とそこに生きる人たちが作る「彩りの大地」をお楽しみください。

詳しくはリンクのHPへどうぞ

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
QRコード
QR