旭川空港にて

 6月も明日で終わり7月になるのになかなか気温が上がってきません。5月は暖かい日が続いたのですが、6月は晴れて気温が上がる日が少なく、水田の稲の成長も遅れ気味の北海道です。それでも北海道観光の方が日に日に増えています。特に中国や東南アジアからの観光客の方と撮影の際に会うことが多いです。旭川・美瑛・富良野観光の玄関口である旭川空港での1枚です。
 台湾に向け飛び立つトランスアジアのエアバスA330です

_DSC6624.jpg
旭川空港公園グリーンポートで撮影
スポンサーサイト

いやなニュースばかりなのでさわやかな風景を

 北海道も夏の季節をむかえ、今日は春花のパンジーから夏花の植え替えをしました。我が家の庭もカラフルな夏花と紫のラベンダーでにぎやかになってきました。花が落ち着きまいたらここに載せていきたいと思います。
 朝からいやなニュースをでちょっと怒っています。与党の若手議員の勉強会で報道規制が公然と発言されたとか。そんないやな気分を少しでもいやすために、北海道のさわやかな初夏の風景を・・・

_DSB1331.jpg
丘の空には初夏の雲と風が(美瑛町)
_DSB1342.jpg
青い空と白い雲が黄色い菜の花を引き立ててくれます。(富良野市)

 与党の若手議員の勉強会で「政権の意に沿わない報道は許さないという」信じられない発言があったようです。民主主義の根幹である表現の自由、報道の自由を否定するとは・・・・この人たち独裁国家の国会議員なの?
 また、この勉強会で作家の百田尚樹が「沖縄の二つの新聞はつぶさなあかん」と発言し、参加者も同調したらしいのですが、百田って何様のつもり!(この件でのNHの報道の甘さも気になっています。マスコミしっかりしろーーー)

霧雨の1日でした

 順調に気温の上昇が続くと思っていましたが、今日は朝から低い雲が空を覆っていました。冷たい霧雨の中で撮影してきましたが晴れの日とは違い雨に濡れた植物の色がなかなかいいものです。麦の穂に滴が付き、普段とは違う麦畑の風景です。そんな雨の1日の作品をご覧ください。

_DSZ1558.jpg
麦の穂にはが付き、淡い緑の麦畑が現れました
_DSZ1520.jpg
_DSZ1518.jpg
ナスタチュームの葉の上でで滴が転がっています。霧雨にぬれ花も鮮やかな色でした。

青い空と白い雲

 ブログの更新少し間が開きましたが今日撮影してきた作品をUPします。
 今日は本格的な夏を感じる1日でした。そこで青い空に白い雲が浮かぶ北海道の夏を感じる写真をご覧ください。6月上旬の低温と長雨で成長が遅くれぎみだった畑の作物も日に日に大きくなっています。そんな初夏の青い空と白い雲が丘の風景をさらに彩り豊かに演出してくれていました。

_DSB1305.jpg
玉ねぎ畑に浮かぶ白い雲
_DSB1312.jpg
スイートコーン畑の初夏の空

 戦争法案(安保法案)や労働者派遣法改悪さらには教育への政治介入・・・・国民無視の政治に不信がいっぱい!子どもや若者が希望の持てる社会にすることが政治(政治家)の仕事です。憲法をもう一度読みましょう。

庭に咲く花

 今日は25度以上の気温となり、夏を思わせる1日でした。気温の上昇とともに我が家の庭もいろいろな花が咲きだしました。これから8月まで北海道の短い夏の始まりです。7月にはラベンダーをはじめ一気に花の季節となります。

_DSZ1419.jpg
オニゲシ(英名 オリエンタル・ポピー)が咲き始めました。一気に咲きすぐ散ってしまいますが
_DSZ1447.jpg
ゲラニュームの花が満開です、奥にはかカモミールも咲いています
_DSZ1476.jpg
ヒューケラの花 ヒューケラはさまざまな葉色があり、花の色もいろいろです

初夏の雲

 曇天で雨の日が続いていますが、昨日は久しぶりに束の間の晴の1日でした。空には初夏らしい雲が浮かびさわやかな北海道でした。残念ながら今日は朝から雨模様で気温も肌寒く感じます。来週からは晴れ間も期待できそうです。

_DSB1033.jpg
大雪山もすっかり残雪も少なくなり、夏山らしくなってきました
_DSB1043.jpg
畑の作物も日に日に大きくなってきました。じゃがいもと大豆の畑です。
_DSB1116.jpg
一本木の葉の緑も深くなりました。初夏の雲が丘の風景を演出してくれます

 国会中継を見ていると理解不能の答弁が多いのにあきれています。特に中谷大臣は無能と立憲主義すら理解できてないのかとあきれています。大臣失格かな(議員も失格かな)と思ってしまいます。政権の暴走を抑えるのは憲法です!

丘に立つ木

 6月なのに寒い日が数日続きました。昨日は上富良野町の十勝岳温泉で積雪になる雪が降ったようで、さすがに北海道の住人もびっくりです。5月の桜の季節に雪が降ることはありますが、6月に降る雪はめったに見ることができません。
 北海道も季節的.には初夏なので、初夏らしい丘に立つ木の写真をご覧ください。美瑛の丘には名前がつけられた木もありますが(誰がつけたのかは不明なものが多く、テレビやCMで紹介され際につけられたものが多いようです)ただ丘に立つ名もない木です。丘を歩くとたくさんありますし、有名な木より作品になることもあります。

_DSC6598.jpg
東神楽町で撮影しました
_DSC6592.jpg
これは美瑛町です。

安保法制案(戦争法案)が憲法学者から「憲法違反」を突き付けられ、自民党もあたふたしているようです。官房長官が「違憲かどうかは最高裁が決めるもの」と意味不明のことを言っていましたが、どう考えてもこれは憲法違反法案でしょう。

6月になりました

 北海道が一番過ごしやすい季節の6月になりました。北海道は梅雨もない、さわやかな初夏が始まりました。今日も6月らしい1日でした。撮影するにもいい季節で、どこにでも被写体があるような時期です。(作品になるかは別問題ですが)
 今日は先日撮影してきた大雪山の様子をUPしました。

_DSB1010.jpg
旭岳ロープウエィの山麓周辺に群生するエゾノリュウキンカ(別名 ヤチブキ) 水芭蕉も見ることができます
_DSB1026.jpg
黄色の花が鮮やかなエゾノリュウキンカですが、見ごろは1週間程度

 安全保障法制関連法案(私は戦争法案だと思いますが)の国会審議が始まりました。中継を見ていても結論ありきのようで不安です。「野党もしっかりしろよ!」と思ってしまいます。そんな時、昔聞いた反戦歌の歌詞を思い出しました。
高石ともやさんが歌った曲で「死んだ男の残したものは」で、詞は谷川俊太郎さんだったはずです。その中の1節
「死んだ兵士の残したものは 壊れた銃とゆがんだ世界 他には何も残せなかった 平和ひとつ残せなかった」
・・・・・・・過去の歌ではないですね

 
プロフィール

Author:nsuzuki
北海道のほぼ中心部に位置する旭川・美瑛・富 良野などの自然、人、産業、そして動物たちを写真をとおして紹介していきます。
上川盆地・富良野盆地は北海道の中でも冬の厳しい寒さと、夏の暑さの差が50度にもなる地域であり、大陸的な気候を思わせる地域です。
それだけに自然も豊かであり、大雪山連峰と美瑛・富良野に見られる丘の風景は特筆するものがあります。
これから、自然とそこに生きる人たちが作る「彩りの大地」をお楽しみください。

詳しくはリンクのHPへどうぞ

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
QRコード
QR