桜が咲きました

 函館に上陸した桜前線が昨日旭川地方にも到達し、今日の25度を超える気温で一気に咲きました。まるで初夏のような日差しで祝日だった今日は多くの人が春を堪能した1日でした。新緑も芽生え、野の花も咲きだし、北海道を春の色がつつみだしています。撮影に忙しい毎日になりそうです。明日の天気予報も晴で気温も26度とのこと。待ちに待った北の春です。

_DSC1296.jpg
昨日までまだつぼみだったさくらが今日は満開です
_DSC1293.jpg
春の風を受けながら散歩するご夫婦
_DSC1305.jpg
すっかり色づいた芝生の上で春を堪能しています
スポンサーサイト

プールサイド

 今日も沖縄で撮影した写真をUPします。4月の沖縄はまだ肌寒く、プールで泳ぐ姿は見ることができませんでしたが、ヤシの木の影や波打つプールで沖縄の初夏の風を感じながら作品にしてみました。

_DSZ0467.jpg

_DSZ0471.jpg

沖縄の人たち

 沖縄は観光の県でもあります。4月はオフシーズなのですが、海外特に中国や東南アジアからの観光客が大変多く、有名な観光地でホテルでは多くの外国からの人と遭遇しました。これも平和であるからこそであり、「戦争法案」にまい進するボンボン首相には理解できないのかも。
 そんな観光地に那覇市の国際通り面したアーケード街に「第一牧志公設市場」がります。沖縄の食材が所狭しと並んでおり、そこで声をかけてくれた方々のスナップです。
_DSC1019.jpg
「島ラッキョウ食べてみなさい」とすすめられました。私はラッキョウが苦手 ごめんなさい
_DSC1026.jpg
かまぼこ屋さんの店先 大小さまざまなかまぼこが並んでいます
_DSC1020.jpg
海産物から惣菜まで何でもあります。値段も安いようで沖縄の台所、まちぐゎー(市場)
_DSC1022.jpg
沖縄のおやつの定番サーターアンギダーのお店です。この方は福岡出身で結婚し沖縄県人に

初夏の沖縄 その2

 北海道の内陸地方に住んでいると、海へのあこがれのようなものがあります。北海道にも美しい海岸線はありますが、沖縄の海は白い砂浜、青い海そして南の太陽とやはり違います。そんな気持ちで写してきた写真です。

_DSC1062.jpg
宮古島池間大橋付近
_DSC1085.jpg
池間島の海岸
_DSC1223.jpg
沖縄県海洋博公園

明日からこちらも春の陽射しになりそうなので、撮影に行ってきます。

美しい海と悲劇の島沖縄

 今回の沖縄行きのの目的の一つは辺野古新基地の問題を自分の目で感じたいことにありました。沖縄に米軍が上陸し本土防衛の最終戦として沖縄戦がありました。本土を守るため沖縄は捨石にされたのです。米軍の一方的な攻撃の日本軍は民間人を犠牲にした戦いとなり、沖縄は占領されます。沖縄知事は沖縄県民の土地は銃剣とブルドーザーで基地に変わったといっています。美しい沖縄の観光地を巡るとっそこに似合わないフェンスがあります。米軍関連施設がが33か所!1957年に米国は米軍地上部隊を日本から撤退させました。しかしその中には沖縄は含まれてはいません。ここでもまた沖縄を切り捨てたのです。その時の首相は岸信介です、あの首相のおじいちゃまです。普天間の基地を見て世界一危険な基地であるなら無条件に撤去し1日の早く県民に返す努力こそ政治だと感じました。

_DSZ0350.jpg
沖縄師範学校女子部と県立第一女学校の教師・生徒で編成された「ひめゆり学徒隊」は看護要員として沖縄陸軍病院に従軍したが、陸軍ははげしい戦闘で、学徒を置き去りにし撤退、多くの若い命が失われた沖縄戦の悲劇です。修学旅行の生徒たちもいましたがわずか70年前に同じ世代の命を守れなかった戦争の愚かさを感じました。(ひめゆりの塔・ひめゆり平和祈念資料館 糸満市)
_DSC1281.jpg
丸木位里・俊さんの「沖縄戦の図」が展示されている佐喜眞美術館 沖縄戦の悲劇をじっくり考えることができます。
米軍普天間基地にくさびを打つように隣接しています
(宜野湾市上原358 http/sakima.jp)
_DSC1272.jpg
佐喜眞美術館屋上から見える米軍普天間基地 周りは住宅地でその奥くには青い海が
沖縄の基地を見ているとなぜか原発の問題と同じ構造に見えます。経済や安全保障、雇用やエネルギーを命と天秤にかける差別が生み出したものといえます。

初夏の沖縄 その1

 久しぶりの更新です。1週間ほど北海道を離れ、カメラをかついで沖縄に撮影に行ってきました。初夏のブルーな海と太陽さらに政治に翻弄される沖縄を写したく行ってきました。宮古島を中心に海を写す予定でしたが、初日から飛行機が欠航し、連日の雨で初夏らしい作品は思ったほど作ることができません出した。撮影旅行はいつも予定通りにはいかなものです。
撮影した写真を今日から何度かUPします。

_DSC1204.jpg
飛行機の窓から宮古島の海岸線を撮影しました。快晴だとまだまだ青い海岸線が広がると地元の方が教えてくれました
_DSC1044.jpg
3月31日に開通した宮古島と伊良部島を結ぶ「伊良部大橋」です。全長3540メートルあります。この日は曇天雨模様で海の色が・・・・
_DSC1080.jpg
宮古島の北に位置する池間大橋です。奥に見える池間島は周囲10キロメートルの小さな島ですが周りの海は本当にきれいです。

上川町の旭ヶ丘は雪の中

 先日上川町の旭ヶ丘に様子を見に行ってきました。旭川周辺は残雪もほとんどありませんが、小高い旭が丘はまだ一面雪です。ここ数日寒さが戻ってきましたが、4月でもまだ冬に逆戻りもあるのが北海道です。明日から撮影を兼ねて出かけますのでブログの更新ちょっとお休みします。

_DSZ0124.jpg
雪が解けると牛が放牧される牧場です
_DSZ0119.jpg
新緑のころは素晴らしいロケーションになります

水鳥たちの休息

 旭川市の永山地区に水鳥たちが生息している永山新川があります。永山新川は水害対策のために作られた人工河川ですが、多くの渡り鳥が飛来するようになっています。白鳥もよく見ることができますが、今年はほとんど北へ旅立ったようです。今はカモが集まってきています。

_DSZ0096.jpg
カモたちがの集まっています
DSC_0870.jpg
オナガガモの夫婦かな

丘からの遠望

 今日も快晴の1日でしたが、明日の予報は雨です。ここ数日間暖かい日が続いたので肌寒く感じるかもしれません。
この快晴の中で周りの山並みがよく見えます。これからは朝靄が出ることもあり、面白い被写体に出合いそうです。

_DSZ0026.jpg
旭川の就実の丘や美瑛の丘からは大雪の山並みが一望できます
_DSB0325.jpg
雑木林の奥には芦別岳・夕張岳も望めます

4月の夕暮れ

 4月になりました。桜の便りも各地から聞こえてきますが、北海道はまだまだです。5月に入り本格的な桜の季節になることでしょう。高校野球の決勝で北海道の東海大四高を応援した後に撮影に出たので4月の夕暮れの風景となりました。

_DSB0328.jpg
残り少ない雪が夕日の照らされています
_DSB0337.jpg
雑木林の奥には沈みゆく太陽が 明日はいい天気になりそう

 爆笑問題の太田 光さんがラジオ番組で安倍政権を強烈に批判したようです。「安倍はバカだ」といったとか。沖縄の辺野古の問題での発言らしいのですが、その賛否がネット上では話題になっているようです。マスコミがあまりにも現政権に対し問題提起ができないからだと思います。特にNHKとフジテレビはひどいものです。
プロフィール

nsuzuki

Author:nsuzuki
北海道のほぼ中心部に位置する旭川・美瑛・富 良野などの自然、人、産業、そして動物たちを写真をとおして紹介していきます。
上川盆地・富良野盆地は北海道の中でも冬の厳しい寒さと、夏の暑さの差が50度にもなる地域であり、大陸的な気候を思わせる地域です。
それだけに自然も豊かであり、大雪山連峰と美瑛・富良野に見られる丘の風景は特筆するものがあります。
これから、自然とそこに生きる人たちが作る「彩りの大地」をお楽しみください。

詳しくはリンクのHPへどうぞ

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
QRコード
QR