大阪散策 その1

 2月も今日で終わり、明日からは3月になります。今年の北海道上川地方は例年になく早い春を感じる気候ととなってきました。雪解けまでおよそ1か月です。
 ブログの更新をすっかりサボってしまいましたが、実は先週から大阪に出向いていたため更新もできませんでした。今日はその大阪をぶらりと散策した写真をUPします。

_DSC9511.jpg
日本日高いビルアベノハルカスです。確かに高いですが通天閣のほうが味がありました。
P2233118.jpg
アベノハルカス最上階でジオラマ風に撮影(60階約300m)
_DSC9566.jpg
手前は小学校周りは高層マンション(大阪市天王寺区) 


スポンサーサイト

光る雪

 今日まるで春が来たような天候となっています。気温もプラス3度近くまで上昇し雪解けが進んでいます。例年この季節はまだまだ真冬なのですが。雪原では積もった雪が日中とけて、夜間には凍るため鏡のように光って見えることがあります。例年は3月中旬になると見ることができるのですが、今年は早いですね。
_DSA9699.jpg
美瑛の丘が光って見えました
_DSA9896.jpg
夕日に当たり少しオレンジ色に見えました

久しぶりの雪

 今年の冬は同じところに大量の雪が降る傾向にあり、私のところは驚くほど少ない積雪となっています。例年は50㎝以上の積雪があるのですが今年は20㎝もありません。これも地球全体の気象が変わりつつある表れなんでしょうか?
 昨日と今日は久しぶりの雪で、除雪作業もほぼ1カ月ぶりです。雪の中をスナップしてきましたのでご覧ください。

_DSC9499.jpg
雪中の森 久しぶりの新雪が木々を白くしています
_DSC9505.jpg
冬季休業中の公園の恐竜のモニュメントにも雪をかぶっています 例年は雪で埋もれているのですが
_DSA9978.jpg
雪が少ないのでキタキツネも雪原を駆け回っています

冬の日

 厳しいい寒さもひと段落しましたが、今日は朝から北風が吹いています。北海道の2月らしいい天気なのですが、今年は雪が少なくさらに積もった雪もしっかりしまっているので地吹雪が少ないようです。その地吹雪風景を求めうろうろしてきましたが、結局穏やかな冬の日の撮影になってしましました。吹雪は生活にも支障がでて大変なので穏やかな天気はいいことなのですが・・・・・

_DSA9918.jpg
冬の太陽が木々をシルエットに演出中
_DSA9931.jpg
冬道を犬と散歩

 寒さも和らぎ、今日の最低気温は12度ほどでした。日中も0度近くまで気温が上がり、暖かく感じました。明日は今日以上に気温が上がる予報が出ています。
 昨日言ってきた旭岳方面で撮影した木の作品を見てください。今年は雪が少ないためか、木々に張り付いている雪が少ないようです。そんな気の姿を見てください。

_DSC9374.jpg
青空をバックに立つ一本の木
_DSC9327.jpg
森の木も2月らしくない姿です(上空には旅客機の飛行機雲が二本)
_DSC9314.jpg
雪の中で静かに春を待つ樹

冬晴れの旭岳

 今日で3日連続の最低気温マイナス20度以下が続いています。少し体が慣れてきたのか昨日ほど寒くは感じませんがそれでも1時間ほど外にいると寒いより痛い感覚になります。厳しい寒さの日は(北海道ではシバレルと表現)見事な快晴となります。冬の青空と突き刺さるような空気感が北海道の冬を実感させます。
 そこで今日は北海道の最高峰旭岳の麓に行ってきました。真っ白い雪と青い空のもとスノーシュで散策しながら撮影しました。

_DSA9868.jpg
青空の下の大雪の山並みを遠望する(東神楽町で撮影)
_DSC9288.jpg
旭岳温泉付近の新雪の中をスノーシュで歩く
_DSC9284.jpg
動物たちの足跡も見ることができます。(最近冬眠中のクマが起きだして事故もあるようなので用心深く・・・・)

厳寒の川面

 今日もマイナス22度まで下がりました。マイナス20度以下になると川面から水蒸気が上がり、周りの木が霧氷でおおおわれることが多いので、朝から撮影してきました。思ったほどの霧氷にはなっていませんでした。自然が作り出す風景ですから人間の思うようにはなかなか・・・・。
 この週末から来週にかけて北海道各地で冬の祭りは開催されます。最も寒さの厳しい時期だから楽しまなくては。

_DSA9839.jpg

_DSA9833.jpg
マイナス20度の朝 川からは水蒸気が
_DSA9806.jpg
凍りついた川面には雪の華が咲いています

厳寒の青空

 今朝は今冬一番の寒さで早朝にはマイナス23度を下回りました。昨夜から冬の星空一面の空でしたが、朝は放射冷却減少により大地の熱が奪われ一気に冷え込みました。日中もマイナス10度で1日中冷凍庫の中で生活しているようです。
 一気の冷え込んだ日は冬の快晴になりますが、雲一つない1日でした。雪がまぶしいく澄みきった青空の中で山並みが姿を見せてくれました。
 明日もマイナス20度で、1日中晴れの予報となっています。

_DSC9154.jpg
青空と大雪の山並み(東川町)
_DSC9220.jpg
赤い屋根の家の奥には十勝岳の山頂が
プロフィール

Author:nsuzuki
北海道のほぼ中心部に位置する旭川・美瑛・富 良野などの自然、人、産業、そして動物たちを写真をとおして紹介していきます。
上川盆地・富良野盆地は北海道の中でも冬の厳しい寒さと、夏の暑さの差が50度にもなる地域であり、大陸的な気候を思わせる地域です。
それだけに自然も豊かであり、大雪山連峰と美瑛・富良野に見られる丘の風景は特筆するものがあります。
これから、自然とそこに生きる人たちが作る「彩りの大地」をお楽しみください。

詳しくはリンクのHPへどうぞ

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
QRコード
QR