落照

 今日は朝から雨模様で午前中に最高気温(プラス3度ほど)になったようです。ここ1週間ほどで積雪も半分になったかもしれません。午後に入り気温も下がりだし雨が雪に変わりました。明日の朝はマイナス10度近くまで下がりそうなので、道路はスケートリンク状態でしょう。
 1月25日の日没に撮影し多写真をUPします。冬はぐーんんと冷え込みマイナス20度近くまで下がり、晴れると本当に鮮やかな日没を見ることができます。今年はまだ冷え込む日がなく夕方になると雲がでて夕焼けにもならないことが多いのですがこの日は雲の切れ間から日没を写すことができました。撮影地は美瑛町のマイルドセブンの丘です。

_DSC9097.jpg

_DSA9610.jpg
1時間以上粘り、日没を待ちました。雲が出始めあきらめかけていましたが、どうにか太陽の姿を写すことができました。
スポンサーサイト

快晴の十勝岳連峰

 快晴の日が続いています。気温もプラスで真冬の北海道とは思えません。このまま春にはならないでしょうから、このあとやってくる寒波が気になります。快晴のもとで大雪山十勝の山並みが望むことができました。例年の冬はなかなかすっきりと山並みを見れないのですが、十勝の噴煙も見えます。

_DSC9068.jpg

_DSA9578.jpg
火山活動が徐々に高まってきている予報が出てい十勝岳です。噴煙も見えています。地球は絶えず変化している表れかもしれません。

雪の風紋

 昨日と今日は朝から冬の快晴ので、北海道の1月らしくない気温と青空の1日でした。撮影に行ってきましたが日曜日で天気もよい条件がそろい、美瑛方面は多くのカメラマンがどこにでもいる状態でした。特に外国から撮影に来ている方が多く、韓国の方に囲まれて撮影してきました。
 数日前少し風が強かったので雪の風紋を狙ってみました。今年は上川中央部は雪が少なく、ひどく荒れた天気も少ないためなのか例年より雪の風紋は出ていません。かといって大荒れの天気も困るのですが。

_DSA9563.jpg

_DSA9560.jpg

あまり大きな雪の風紋ではありませんンが、白黒で写してみました。動物の足跡(たぶんキタキツネ)が見えます。

1月のしらひげの滝

 少し寒さか戻ってきた感がありますが、予報では明日以降また暖冬気味になるとか。
この季節、定期的に撮影している場所の一つに美瑛町白金温泉にあるしらひげの滝があります。ブルーの水面と氷におおおわれた滝の姿は時期によって変わって見えます。今年は今のところ暖冬気味なのか滝周辺の氷の規模が小さいような気がします。

_DSA9548.jpg
氷と雪に覆われた「しらひげの滝」 ブルーな水面いいですね
_DSC9015.jpg
川に流れ込む滝の温度が高いため水蒸気が発生し樹氷になっています

白い冬

 今日は冬としては穏やかな1日でした。気温も平年並みとなり日中でもマイナス5度以下でした。久しぶりの真冬日で北海道らしい空気を感じています。
 さて、今日は白い冬を意識しながら美瑛に撮影に行ってきました。例年より雪が少ないようですが、山麓に向かうとやはり厳寒の北海道でした。白い世界が広がっています。
_DSA9511.jpg
丘に立つ一本の木 白い大地と冬の空の間に一本の木が静かに立っています
_DSC9019.jpg
厳寒の美瑛白金の森  森一面が深い雪の中に

 大みそかの紅白歌合戦に出場したサザンの桑田佳祐さんのパフォーマンスがいろいろ話題になっているようです。ちょび髭をつけて登場=ヒットラー=独裁者=日本の首相に対する風刺とか、歌の内容やバックに流れた映像が反日的だとか・・・・ちょっとこの騒ぎにはあきれると同時に恐ろしさも感じます。芸術や歌にはメッセージ性があって当然です。批判する機能が鈍化したら社会は誤った方向に向かいます。マスコミが本来の姿を失いつつある今日ですからなおさらです。冬の寒さより寒く感じました。
(私はサザンの年越しライブを見ました。そんなに騒ぎ立てることとは思えません。桑田さんの謝罪にも違和感ありでした。)

マイルドセブンの丘

 今日は久しぶりに本格的な雪の1日でした。朝から2度ほど除雪作業をし汗を流しました。例年と比較するとまだ積雪量は少ないのですが、これからどれだけの雪が降り出すのか気になります。
 さて、昨日の午後に美瑛の丘にある「マイルドセブンの丘」に撮影に行ってきました。夕日撮影の有名なポイントになっており、観光シーズンにはカメラがずらーと並ぶことがあります。私は夏の「マイルドセブンの丘」より雪深いこの季節が好きです。
_DSA9460.jpg
日が沈みだすと丘の姿が刻々と変わっていきます。 ちょっと雲が多すぎましたが
_DSA9471B.jpg
違う角度からマイルドセブンの丘を撮影しまた。午後3時過ぎから2時間は粘る必要があります。

 今日で神戸・淡路大震災から20年がたちました。この災害を風化させず後世に伝えなくてはとテレビでは叫ばれていますが、つい先日の東北の震災すら過去のものになろうと、いや、過去のものにしようとしています。(特に政治の世界では)
 これらの大災害の教訓が生かされない未来にはしたくないものです。

雪の表情 その3

 新年に入ってから暖かい日が続いています。雪もちらつくほどで積雪状態になることもなく除雪作業から解放されています。昨日も暖かかったのですが、今朝は少し冷えこみ霞がかかり、空気中の水分が木の枝などで霧氷を見ることがでました。冷え込みがゆるかったためすぐに溶け出すかもしれませんがこれも雪の表情かもしれません。

_DSC8948.jpg
近くの公園の松に霧氷が 氷の結晶も見えます
_DSC8943.jpg
赤い実にできた霧氷 朝の寒さが厳しいとまだまだ可憐な氷の華を咲かせるのですが

冬日の街角

 荒れていた天候もおさまり今日は雪がちらつく程度の1日です。ここ数日で結構な積雪もありましたが、気温はこの季節としては暖かくなっています。(とはいっても0度前後ですが)
 冬真っ最中の旭川中心部のスナップ写真の撮影に行ってきました。スナップ写真は楽しいのですが、最近は肖像権だの個人情報だの撮影しづらい時代になりました。スナップ写真は自然な人の表情や生活感を写しこむことが醍醐味なのですが・・
 そんな気を遣いながらUPしました。

_DSC8831.jpg
役者絵のウィンドーの前を足早に人々は通り過ぎていきます。スローシャッターで
_DSC8821.jpg
雪だるまのウィンドー 人影もほしかった

1月の大雪の森

 今日の北海道の上川地方は1月とは思えない気温で、プラス3度を記録し日中は雨模様でした。北海道の冬=厳寒の日々のイメージなのですが年に一度か二度このような天気もあります。この暖気の後はまた寒気が下りてきて明日からは吹雪く予報となっています。
 大雪山の麓はこの暖気には関係ない冬の風景が広がっています。日没前の大雪の森を撮影してきました。(1月5日に撮影)

_DSA9332.jpg
森に積もった雪が夕日に赤く染まっていました。日没前のわずかな時間の色です。
_DSA9360.jpg
原生林の木々の奥には大雪の山並みが

雪の表情 その2

 昨日に続き、雪を題材に撮影した写真を掲載します。今年の降雪は局地的に多いところがあれば、例年より少ないところもあるなど場所により大きな差があるようです。すでに1メートル以上の積雪の場所もありますが、私のところは25センチメートル程度で例年よりかなり少ないと思います。ひどい吹雪も少なく降り積もった雪が雑木林の木々に積もった状態でいい被写体となっています。
_DSA9290.jpg
雑木林の冬景色 (木々に積もった雪が日の出や日没のころ赤く染まります。モノクロで撮影しました。)
_DSC8891.jpg
川の中の岩に積もった雪塊 (降雪量や寒さにより大きさを変えていきます。)

雪の表情 その1

 北海道の上川地方に降る雪は、さらさらした雪で、結晶の一つ一つがよく見ることができます。特に寒さが本格的になるこれからは気温や風向きまたは時間によりいろんな表情を見せてくれるのが雪の魅力でもあります。この冬が終わるまでその雪の姿を撮影していこうと思っています。春になれば溶け出し水となり作物を育て、人間を潤す貴重な自然からの恵みでもあります。

_DSA9258.jpg
太陽の光で雪原に陰影が浮かぶ
_DSA9273.jpg
雪のキャンバスに夕日が木々の影を描いていく

新年の空

 今年も2日目を迎え、元日とは違い朝から小雪が降っています。全国的にも雪模様のようですが、北海道と違い少しの雪でもさまざまな影響があるようですね。
 今日は元日に撮影した風景を見ていただきます。昨日撮影に行きましたが元旦早々から美瑛の丘には多くの写真愛好家たちが集結していました。(私もその一人ですが)

_DSA9268.jpg
美瑛の丘にある撮影ポイントの一つ「マイルドセブンの丘」
DSC8807.jpg
セブンスターの木と北瑛の丘の夕暮れ

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。2015年の初撮影に行ってきました。日付が変わる0時にさっそく撮影し、日中は東神楽と美瑛の1月1日を撮影しながら一回りしてきました。新年の幕開けは静かな1日で年末にふっていた雪もおさまり冬晴れの撮影でした。
 今年はいい年であることを願いまず初詣の神社へ撮影に。田舎の小さな神社の元日にカメラを向けてみました。有名な神社とは違い雪の中の静かな神社の風景です。
_DSC8745.jpg
新年が明けるとともに神社の参道にも参拝者の姿が
_DSC8757.jpg
小さな神社の鳥居を初詣の人がくぐる
_DSC8778.jpg
畑の小高い丘に小さな神社が

 今年もその時、その場所でしか出会えない風景を切り取っていきたいと思っています。ぜひご覧になり感想をお願いします。

プロフィール

nsuzuki

Author:nsuzuki
北海道のほぼ中心部に位置する旭川・美瑛・富 良野などの自然、人、産業、そして動物たちを写真をとおして紹介していきます。
上川盆地・富良野盆地は北海道の中でも冬の厳しい寒さと、夏の暑さの差が50度にもなる地域であり、大陸的な気候を思わせる地域です。
それだけに自然も豊かであり、大雪山連峰と美瑛・富良野に見られる丘の風景は特筆するものがあります。
これから、自然とそこに生きる人たちが作る「彩りの大地」をお楽しみください。

詳しくはリンクのHPへどうぞ

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
QRコード
QR