小さな訪問者たち

 今日は朝から快晴、早朝は肌寒かったのですが、気温がぐんぐんと上がり、予想気温は31度です。ただ湿度が少ないのか日陰に入るとさわやかな風を感じることができます。北海道の短い夏を堪能したいものです。
 朝に我が家の狭い庭を眺めていると、あじさいの葉の陰に小さな来訪者がいました。今年は先日まで小雨の状態で蛙たちも苦労していたのかもしれませんが、一昨日の大雨ですっかり元気を取り戻したような顔をしています(?)。朝の挨拶がわりに我が庭の小さな訪問者たちを撮影しました。

_DSA7376.jpg  _DSA7379.jpg  _DSA7385.jpg  _DSA7398.jpg
スポンサーサイト

今日は涼しい北海道です

 昨日の午後から本格的な雨となり、また25日から大気がかすんだような状態(煙霧といいます)となっています。大陸から微小粒子状物質(PM2.5)が流れてきたようで、注意喚起情報が出されています。今日は朝から雨模様で微小粒子状物質も雨とともに流されたようです。気温もただいま18度で半袖では少し寒く感じます。北海道以外では猛暑で、熱中症も出ているようですが北海道は涼しさ一杯となっています。明日からは雨も上がりさわやかな夏の陽ざしが戻る予報です。
 先日(25日)旭川にある神楽岡公園を撮影してきました。街の中にある公園ですが木々も多くあり、また暑い日でも涼しさを感じる公園です。原生林も見られ、この公園に入ると木々が話しかけてくるような気がします。四季を通じて被写体になる場所のひとつです。

_DSA7254.jpg  _DSA7262.jpg  _DSA7259.jpg  _DSA7312.jpg

ラベンダーが満開です

 北海道の夏を彩る代表的な花のラベンダーがいろいろなところで見ることができますが、その中でもやはり中富良野町にある「富田ファーム」は格段の規模です。ラベンダーに限らず様々な花を見ることができ、花の撮影の被写体選びに困ることはないのですが、時間帯によっては人・人・人でじっくりと撮影するのは厳しいです。私は早朝(6時過ぎ)から撮影を始め9時頃には上がります。日の出の頃は花の色が朝日の影響を受けることもあるので、ある程度太陽が上がってから撮影しています。
 人や建物を入れないように写すこともいいのですが、観光する人や、働く人を写しこむのもおもいろいと思います。

_DSA7201.jpg  _DSC6967.jpg  _DSC6975.jpg  _DSC7034.jpg

美瑛・上富良野は麦の収穫がはじまりました。 

 今日は30度になる予想なので、早朝より撮影してきました。朝の空気はさわやかで、太陽が昇るにつれ丘の様子も変わっていきます。朝靄が残る風景も違った印象に見えます。
 麦色の大地に収穫が始まり、収穫された後には飼料となるホールが見ることはできます。これから次々と収穫作業が日に日に忙しくなると思いますが、邪魔にならないように撮影をしていこうと思っています。

_DSC5922.jpg  _DSC5916.jpg

 夏真っ盛りの北海道ですが、トンボの姿が見えるようになりました。特に朝夕の涼しい時間にはたくさんのトンボが飛んでいます。また、農業貯水用のダムでは水鳥が気持ちよさそうに浮かんでいます。移動すると水紋がきれいで、おもしろい被写体になります。
 中富良野の富田ファームにも行ってきましたので、明日にでもUPします。

_DSA7243.jpg  _DSC5904.jpg

 

夕立の後に虹

 暑い日が続きますが、暗雲がたちこめ突然の大雨が。雨雲の移動とともに太陽の陽ざしが戻り東の空には虹が!
慌ててカメラをかかえ、車に飛び乗り小高い場所へ・・・・ 今日の虹はうまく撮影できるかと思いながらCameraをセットしシャッターをきる。消えかかる虹、雨がふりだしまた姿を見せる虹。思い通りにはいきません。自然は人間がコントロールできるような代物じゃないからまた美しさに感動するのかも。
 原発再稼働の話題がニュースになっていますが、人間がコントロールできない原発を安全なんて誰が言えるのでしょうか。3.11は過去の話じゃないはずです。虹を見ながら地球上で最もおろかなのは人間かもと思いながら撮影してきました。
_DSC6839.jpg  _DSC6868.jpg

夏の夕焼け雲

 今年の夏は涼しい予報でしたが、連日30度近くまで気温が上がっています。気温の上昇とともに積乱雲も発生していますが、空模様も不安定で今日も大雨警報と雷注意報が出ました。夕立が1時間ほど続き、その後に虹が出ました。しかし、今年は夕焼け空になる日が少ないようです。
 15日の日は空の様子がいいので日没まで撮影をしてきました。ちょっと有名な撮影ポイントなので何人かが撮影していました。朝焼けや夕焼けは根気よく通わないとなかなか写真になりません。
 今度は夕立の時に虹の撮影をと考えていますが、これまた条件とタイミングがむずかしい被写体です。

_DSC5819.jpg  _DSC5824.jpg  _DSA7175.jpg  _DSA7165.jpg


丘に広がる夏の雲

 澄み切った青空に、白い夏の雲が印象的な日が続いています。朝夕はすっきりしないことも多いのですが、日中は本当に真っ青な空が丘を包んでいます。今日は美瑛の北瑛地区で撮影をしてきました。ジャガイモの花はピークを過ぎましたが、麦がすっかり色づき、黄金色や様々な緑の色が丘を彩っています。パッチワークの丘そのものです。青い空に浮かぶ雲がさらに印象的な丘の風景に演出してくれます。

_DSA7119.jpg  _DSA7106.jpg  _DSA7086.jpg

睡蓮の花

 今日は薄曇りの空ですが気温は30度近くありそうです。湿気が多く北海道の夏らしくない日となっています。各地に被害をもたらした台風8号が運んできた湿気かもしれません。
 曇り空の日は花の写真を撮影するには最適と思い午前中に睡蓮の花を撮影してきました。旭山動物園に隣接する「三浦庭園」での撮影です。「三浦庭園」は今年から旭川市が管理運営し、睡蓮の咲く池の周辺整備を行い3年ぶり公開されました。今日のような薄曇りからさす太陽の光は優しく水面に浮かぶ睡蓮の花や葉が自然な色合いを見せてくれます。モネの世界を感じながら撮影してきました。夏が終わる頃にはまた違う風景になると思います。

_DSC5766.jpg  _DSC5793.jpg  _DSC5799.jpg  _DSC5775.jpg

夏の空と夏の丘

 好天が続いている北海道の上川地方ですが、沖縄や九州地方は大型の台風8号で大変な荒れ模様ですね。3月に撮影に行った石垣島なども台風直撃でひどい風雨のようですが大きな被害がないといいですね。
 北海道は日増しに真夏の装いになってきています。夏らしい雲と彩り豊かな丘の風景を撮影することができます。麦も間もなく収穫が始まると思いますが、黄金色の麦の穂を揺らす風が丘を通り向けています。明日から少し天候が崩れそうですが、その後はさらに彩り豊かな風景を見ることができるでしょう。

_DSC6552.jpg  _DSC6598.jpg

美瑛の丘は花ざかり

 北海道は今が夏本番の真っ最中です。朝の気温は15度ほどですが、太陽が上昇するにつれ気温もぐーんと跳ね上がり、28度ほどになっています。特に旭川周辺は盆地なので、最高気温も30度以上になることも珍しくはありません。同じ北海道でも釧路方面は20度以上になることはほとんどありません。
 しかし気温は高くても丘に吹く風はさわやかで、今は作物の花が見ることができます。特にジャガイモの花は今が満開で、風に乗ってジャガイモの花の香りが丘をつつんでいます。
_DSC5752.jpg  _DSA6859.jpg

 ジャガイモ以外にもエンドウの花や白い菜の花などいろいろ咲いているので花をアップで撮影するのもいいかと思います。ただし、畑に入り撮影することは避けてください。
_DSA6869.jpg   _DSC6461.jpg

7月になりました

 猛暑だったり、雨の日が続いたりした6月も終わり、7月になりました。天気も夏らしい日が続きそうです。今年の夏は冷夏の予想から、平年並みの予想に変わりました。今年も夏らしい雲が北海道の空に広がりそうです。
 気温の上昇とともに畑の作物も雑草もぐんぐん伸びています。畑では除草作業の人たちが仕事をしている姿をよく見ることができます。
_DSC5667.jpg  _DSC5674.jpg

 ジャガイモの花が咲きだしました。丘一面に広がるジャガイモの花は丘を広大な花畑にしてくれます。また白と淡い紫い菜の花を撮影してきました。アブラナ科の植物なので、たぶん大根の花だと思います。
_DSC5731.jpg  _DSC5685.jpg

 ついに「集団的自衛権行使を可能にする」閣議決定がなされてしまいました。立憲主義の否定、平和主義の放棄そして戦争のできる国に突き進むきでしょうか。国民の願いとはかけ離れた決定に唖然!みんなでNOを表明しないと大変なことに・・・・
プロフィール

Author:nsuzuki
北海道のほぼ中心部に位置する旭川・美瑛・富 良野などの自然、人、産業、そして動物たちを写真をとおして紹介していきます。
上川盆地・富良野盆地は北海道の中でも冬の厳しい寒さと、夏の暑さの差が50度にもなる地域であり、大陸的な気候を思わせる地域です。
それだけに自然も豊かであり、大雪山連峰と美瑛・富良野に見られる丘の風景は特筆するものがあります。
これから、自然とそこに生きる人たちが作る「彩りの大地」をお楽しみください。

詳しくはリンクのHPへどうぞ

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
QRコード
QR