北海道は好天が続いています

 6月中旬の梅雨のような天気もあがり、今週は本格的な北海道の夏空が帰ってきました。気温も25度前後で湿度は50%程度とさわやかな日々が続いています。
 先日上川町にある「大雪森のガーデン」に行ってきました。昨年一部オープンしていましたが、今年の春から本格的に見ることができるとのことで行ってきました。大雪の山並みが一望でき、雄大な牧場や広々とした畑が広がる高原の一角にある観光ガーデンですが、まだ草木も若くこれからよくなっていくと思います。ここは、このガーデンの花も被写体になるのですが、山並みや高原に広がる牧場を撮影するのもなかなかいいと思います。

_DSA6729.jpg  _DSC6436.jpg  _DSA6751.jpg

 集団的自衛権の行使を可能にする憲法解釈変更の閣議決定が秒読みのようです。なぜ、いま「集団的自衛権」なのかちっともわかりません。与党協議は国民無視協議なのでしょう。与党の某平和の党も結局は自分の党の平和の党でしたか・・若者が戦場に送り出される日本には絶対したくありません。
スポンサーサイト

6月も後半になりようやく青空が

 長雨からようやく解放され、青空を見ることができます。気温も少しづつ上昇しているようで、週末には30度近くまで上昇しそうです。雨が上がると草木も急に大きくなり、いろいろな花の姿も見ることができます。昆虫たちも晴れるのをまっていたように活動を始めています。

_DSA6671.jpg  _DSA6703.jpg  _DSC6404.jpg  _DSC6392.jpg

 ブラジルで開催されているW杯サッカーをで世間は大騒ぎのようです(?)テレビも新聞もW杯一色のような感があります。私もついつい見入っていますが。この大騒ぎの裏では何とも怪しい動きがあるようです。「集団自衛権」をめぐり国民無視でいろいろなことを変えようとしています。正しい戦争なんてあるのでしょうか?それより東北を福島を復興することが優先されることでは、格差社会を是正することが急務では・・・・・
政治家さん「金目発言」や「セクハラヤジ」の前にやることがあるのではと、初夏の青空を見ながら思っています。

森は新緑から深緑へ

 ここ2週間ほど毎日が雨、雨、雨でした。北海道はこれからがいい季節などと言っていましたが、梅雨のような日が続き太陽の姿を見ることはできない日々でした。今日は久しぶりに青空が顔を出し、新緑の森の姿もすっかり深緑に変わりました。
 明日から晴れる予報なので本当の初夏の北海道が帰ってくるでしょう。久しぶり太陽の日を浴び木々も草木も輝いて見えました。

_DSC6315.jpg  _DSC6326.jpg  _DSC6328.jpg  _DSC6383.jpg

雨に濡れた森は美しい

 札幌で篠山紀信さんの写真展をみてきました。「写真力」と題した写真展は迫力満点で、展示のうまさも光っていました。写真が迫ってくる感があり、さすがと思いました。40年ほど前にも東京で篠山さんの写真展をみる機会がありましたが、そのときの印象がよみがえりました。
 雨降りの中でしたが、帰り道の途中に岩見沢市栗沢町上幌にあるイギリス風ガーデンのある「LITTLE ROCK HILLS」に寄り、森や草木を撮影してきました。イギリスから移築した住宅と森が雨に打たれ緑色に輝いていました。雨の日は森の新緑をさらに美しく見せてくれます。ここでは10月から上映される大泉 洋さん主演の「ぶどうのなみだ」のロケ地になったとのことです。

_DSA6653.jpg _DSA6656.jpg _DSA6636.jpg _DSA6659.jpg

猛暑一転、北海道らしい初夏の風が吹いています

 6月に入り、季節がおかしくなったような日本で一番の猛暑でしたが、今週はすっかりさわやかな初夏の北海道に戻りました。北海道は梅雨がなくこれから3か月ほどさわやかな季節なのですが、明日からは梅雨(蝦夷梅雨と呼ばれることもあります)のような雨模様の日々が少し続くようです。明日からの雨模様の前の農作業が見ることができました。丘ではさわやかな風も吹き、作業も進むのかもしれません。それでも太陽の下での作業は大変です。
 北海道の初夏に誘われて我が家の庭にオリエンタル・ポピー(オニゲシ)が咲き始めました。風に揺られれるとフラメンコを踊る姿を何となく連想する花です。

_DSC5628.jpg  _DSA6605.jpg  _DSA6612.jpg  _DSC6274.jpg

三日間連続の猛暑です

 まだ6月なのに、強烈な暑さが北海道を襲っています。今日の予想気温は34度なので、3日連続で35度前後の暑さとなるでしょう。例年20度程度が平年の気温なので15度も高いこととになります。6月にこれほどの暑さになるのは初めてのことで、さわやかな北海道を期待してきた観光の人たちも驚きのようです。同じ北海道でも道東(釧路方面)は15度前後の気温のようです。明日からは少しずつ気温も平年値になっていくようですが。それにしても暑いです。
 この暑さで春から一気に夏空のになってしまいました。例年初夏の雲がさわやかさを感じさせてくれるのですが、早くも積乱雲が発生しました。大地を照りつける太陽と積乱雲まさに真夏です。四国や、東海地方では大雨のようですがこちらは半月ほど雨が降っていません。水田はこの暑さで順調に生育していますが、畑作地帯は水不足が深刻です。所々で散水作業もしていますが、広い大地をすべて散水することはムリ、恵みの雨を農家の人たちは待っています。

_DSC5580.jpg  _DSC5584.jpg  _DSC5589.jpg  _DSC5610.jpg

今日は33度になりました

 朝から暑い1日でした。午前中に30度近くまで上昇していた気温が、14時には33度になりました。全然暑さに慣れていない体にこたえます。この暑さから少しでも逃れようと、東川の旭岳温泉へ撮影に出かけました。しかし山も結構な暑さで、残雪の中でTシャツ姿です。
 大雪山の麓は春の花盛りで、ヤチブキ(エゾノリュウキンカ)や水芭蕉などが咲いています。今週中は十分にみることができます。大雪の山並みも真っ白だった山肌が夏の山になりつつあります。ただ中腹以上はまだまだ残雪があり、ある程度本格的な準備をしなくては登れません。

_DSA6409.jpg  _DSA6442.jpg  _DSC6138.jpg  _DSC6077.jpg
プロフィール

Author:nsuzuki
北海道のほぼ中心部に位置する旭川・美瑛・富 良野などの自然、人、産業、そして動物たちを写真をとおして紹介していきます。
上川盆地・富良野盆地は北海道の中でも冬の厳しい寒さと、夏の暑さの差が50度にもなる地域であり、大陸的な気候を思わせる地域です。
それだけに自然も豊かであり、大雪山連峰と美瑛・富良野に見られる丘の風景は特筆するものがあります。
これから、自然とそこに生きる人たちが作る「彩りの大地」をお楽しみください。

詳しくはリンクのHPへどうぞ

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
QRコード
QR