2月も終わります

 早いもので2月もあと1日を残すだけとなりました。今月は厳しい寒さや季節外れのような暖かさがあり、体調管理も大変でした。さすがにに3月に近づくと冬のどんよりとした空から、春を感じさせる空へと変化があります。日中の暖かい空気と朝の冷たい空気が木々に霧氷の華をさかせています。木々に霧氷の華がさかなくなると北海道の長い冬も終わりです。春への足音が聞こえてくるのも間もなくでしょう。
 明日から撮影に出る予定です。3月に入りましたら撮影してきた写真を載せたいと思います。

_DSC5489.jpg  _DSC549601.jpg
スポンサーサイト

氷と雪の世界

 北海道の厳し寒さも今がピークで、これからは少しずつ寒さに中に春を感じる日があるとお思います。(本州方面は真冬のようですが)私は久しぶりにインフルエンザになり寝込んでしまい久しぶりの更新になってしまいました。北海道は冬のお祭りが各地で開催されますがそのころにインフルエンザにかかる人も多いようです。(私も札幌の雪祭り会場をちょっとみてきましたのでうつったのかな?)
 寝込む前に雪山を散策した写真を掲載しました。氷と雪の世界の北海道ですが自然がつくりだす造形や色彩に魅了されます。水のしぶきがそのまま凍りついた氷の造形、マイナス20度近くになるとみられるダイヤモンドダスト現象そして山並みをオレンジ路に染める夕暮れなど飽きることなく撮影できます。スノーシューでの移動も楽しいです。

_DSC4630.jpg _DSA4958.jpg _DSC4675.jpg _DSC4632.jpg

2月に入り早速寒波がやってきました

 最近は異常に暖かい日があったり、大雪になったりとめまぐるしい天候でしたが、2月に入り久しぶりにマイナス25度近くまで気温が下がりました。気温が下がると冬の青空となるのですが、寒気が体中にまとわりついてきます。木々は霧氷の華がさき、青空によく映えます。今日は大雪山の山並みも青空の下、一望することができました。
 気温の上昇とともに、霧氷は木々から散り出しますが、そこに寒さに耐えていたスズメたちが集まりだしています。
私たちもそうですが、動物や鳥たちもこの寒さに耐えながら春の来る日を待っています。南の地方は春ですね。日本列島は本当に南北に長い!

_DSA4920.jpg  _DSC4606.jpg  _DSA4939.jpg
プロフィール

nsuzuki

Author:nsuzuki
北海道のほぼ中心部に位置する旭川・美瑛・富 良野などの自然、人、産業、そして動物たちを写真をとおして紹介していきます。
上川盆地・富良野盆地は北海道の中でも冬の厳しい寒さと、夏の暑さの差が50度にもなる地域であり、大陸的な気候を思わせる地域です。
それだけに自然も豊かであり、大雪山連峰と美瑛・富良野に見られる丘の風景は特筆するものがあります。
これから、自然とそこに生きる人たちが作る「彩りの大地」をお楽しみください。

詳しくはリンクのHPへどうぞ

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
QRコード
QR