イチョウの絨毯

 先日の寒さでイチョウの葉が一気に散りました。イチョウの木もまわりはイチョウの葉の絨毯のようです。イチョウの木に葉がなくなるといよいよ雪の季節の到来です。ちなみに朝夕は夏タイヤではこれからは危険です。

_DSY4080.jpg
一晩で散ってしまったイチョウの葉
_DSY4071.jpg
葉をお落としたイチョウの木が朝の陽に照らされています。

選挙もいよいよ明日が投票日。選挙が終わった途端に耳障りのいい公約がイチョウの葉のように一気に散ってどこかに飛んで行かないように!
スポンサーサイト

初冬の大雪山を遠望する

 秋晴れが数日続きますが、街並みは晩秋から初冬へと向かっています。南から北上する大型の台風が紅葉で染まる木々の葉をすべて散らすでしょう。いよいよ冬の始まりです。この台風被害がないことを祈ります。
 空気の澄んだ秋晴れで大雪の山並みがよく見えました。大雪山はもう冬でつい先日には遭難も。

_DSC1395.jpg
紅葉の木々と旭岳
_DSY4097.jpg
晩秋の丘初冬の大雪山連峰

明後日はいよいよ衆議院選投票日です。台風が心配ですが、ぜひ一票を投じなくては。棄権は政治に対する白紙委任となり、取り返しのつかな政治のの第一歩に・・・・・・

ついに氷点下

 昨日は初雪が降り、いよいよ冬の到来かとお思いましたが、今日は朝からの快晴の空で、朝こそ氷点下2度まで下がりましたが日中は陽ざしがそそぐ一日でした。それでも晩秋の風景の中に初冬の空気を感じます。

_DSC1360.jpg
早朝には笹の葉にもうっすらと霜が
_DSC1368.jpg
緑が残る草木も白く氷の華が

 10月22日の総選挙までわずかとなりました。終盤にきてもどうも自公与党が勝利しそうな予想のようです。スタート時には大きく勢力分野が変わりそうなマスコミ報道でしたが、小池さんの化けの皮がはがれすっかり「希望の党」も「失望の党」になったようです。国民は二大保守党政治は望まない表れでも。立憲民主党は健闘しているようですがこれだけ野党がばらばらだと与党はニヤニヤでしょう。もし、与党が大勝してもアベ政治を信任したのではありませんから。

紅く染まる秋

秋もすっかり深まり、いよいよ朝の気温もマイナスになりそうです。紅葉と黄葉で彩られている晩秋の風景もまもなくおわりです。紅く染まる最後の秋をみつけてきました。

_DSC1309.jpg

_DSC1301.jpg
紅が目に飛び込んできました

産経新聞は本当にアベ機関紙ですね。アベや与党を厳しく報道するマスコミを批判し、事実を曲げることも平気なようで。今日はサンデーモーニング批判でしたね。
私は今日投票してきました。当然アベ「政治は許さない」意思表示の一票を行使しました。みなさんも投票に!

枯葉よ枯葉

 久しぶりに秋晴れの1日でした。こんな晴れの日はなかなかないので、今日1日写真撮影はお休みにし、庭の片づけを行いました。冬に向けての準備ですが、枯葉の掃除はしばらく続きそうです。

_DSY4039.jpg
落葉も秋の一こまです
_DSY4062.jpg
ついついレンズを向けてしまいます

小池劇場も先細り状態、アベ与党勝利でモリカケ疑惑も逃げ得しそうな・・・・ 選挙が終わると例の森友学園格安国有地疑惑の会計検査院の報告があるとか、さらに加計学園の獣医学部新設の答申もある。選挙でアベ与党が勝つとドサクサに紛れうやむやの終わるのでは。まさにモリカケもみ消し解散です。これでいいの?
プロフィール

nsuzuki

Author:nsuzuki
北海道のほぼ中心部に位置する旭川・美瑛・富 良野などの自然、人、産業、そして動物たちを写真をとおして紹介していきます。
上川盆地・富良野盆地は北海道の中でも冬の厳しい寒さと、夏の暑さの差が50度にもなる地域であり、大陸的な気候を思わせる地域です。
それだけに自然も豊かであり、大雪山連峰と美瑛・富良野に見られる丘の風景は特筆するものがあります。
これから、自然とそこに生きる人たちが作る「彩りの大地」をお楽しみください。

詳しくはリンクのHPへどうぞ

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
QRコード
QR