雪どけ

 日に日に積雪が少なくなる北海道ですが。昨日から雪がちらつ木少し冬に逆戻りです。道東では結構な雪が降ったようですが、これもゆっくり春に向かう一日です。
 雪に覆われていた川面も流れを取り戻し、カモの姿とカヌーで楽しむ若者たちの姿も(寒そうでした)

_DSC8124.jpg
カモも春を楽しんでるのか
_DSC8119.jpg
まだ雪の残る石狩川でカヌーを楽しむ(気温2度でした)

「共謀罪」法案を提出
国民の半数以上が反対、疑問に思っている「共謀罪」法案が国会に提出された。「何もしていなくても捕まる」これが狂暴化するアベが狙う共謀罪。小林多喜二が特高に惨殺されたり、三浦綾子の「銃口」の戦前の治安維持法へ逆戻りか。
スポンサーサイト

春の光

 春の光が降り注ぐ季節となり、自然も人もウキウキした雰囲気になってきました。昨日は快晴の春の日でした。上空を飛ぶ飛行機も春の太陽に向かって上昇していきました。

_DSC8127.jpg

_DSC8131.jpg
春の太陽はやさしく感じます。

本当に 「記憶にない」?
 昨日の都議会の調査特別委員会(百条委員会)による証人喚問に出席した石原慎太郎元知事は全く真実を語らなかったようです。結局都民の安全より優先される政治家の保身の術!原発問題、沖縄基地問題、「森友学園」さらに防衛相隠ぺい疑惑などすべてがそうであるように。国民は蚊帳の外?アベよキレる答弁より真実が聞きたい。

雪解けの季節

 3月も中旬に入り雪解けも進んできました。まだまだ一面白の世界ですが、確実に春がやってきているようです。つい一月前までは雪と氷におおわれていた川面が顔を出し、水鳥たちも姿を見せています。間もなく北に向かう白鳥を見ることもできそうです。

_DSB9651.jpg

_DSB9655.jpg
氷と雪に覆われていた川面が現れました。水鳥も春を感じているのか

残業100時間
 政府、経団連、連合は17日、罰則付きの残業上限規制について合意した。繁忙期の残業は100時間以下とか・・・・
過労死につながる長時間労働が社会的問題となっているが、繁忙期なら100時でもOKとは!繁忙期は過労死の問題はないの?
勤労者に命の切り売りをさせるのか。連合はどっち向いてるの。

春の青空

 少しずつ春に近づいてきました。普段は車で撮影に出かけることが多いのですが、春の陽気に誘われて歩きながら撮影してまわりました。風はまだ冷たいのですが、雪が融け流れる音が聞こえてきます。春を少し感じました。
 空は、青空が広がり、つい空に向かいシャッターをきってしまいました。

_DSB9634.jpg
春の陽射しを浴び電線にカラスがが休憩中
_DSY1342.jpg
真っ青な空を旅客機が上昇中

 「森友学園」問題や稲田うそつき大臣問題で最近あまりマスコミでおざなりになっている「共謀罪」を与党が成立のため動きが活発になっています。東京オリンピック(税金を垂れ流しするようなオリンピック開催も疑問ですが)を人質にとったような脅し文句で成立をねらっています。アベが目指すもの教育基本法改悪、特定秘密保護法、戦争法そして共謀罪の流れそして憲法改悪とすすみ、戦前の「思想犯保護観察法」のような最悪な監視社会を作ろうとしているのでは?今だつて警察・検察の違法捜査があるのに、これにお墨付きを与えるような法律には反対です。(このようなブログも監視されるのだろうか・・・・)

春は近づきまいたが

 今週から来週にかけ春らしい陽気が続きそうです。春の農作業の準備も始まりましたが、まだまだ雪深い北の春です。今日現在の積雪は旭川で50㎝以上あります。4月中旬まで雪は残りそうです。

_DSC8073.jpg
まだ間白一色の風景 その雪の中をキタキツネが走り回っています
_DSY1354.jpg
林もまだ雪景色 新緑にはまだまだ先のようです。

稲田朋美防衛相のうそ答弁にほころびが出てきた
「私は籠池氏から法律相談を受けたこともなければ、実際に裁判を行ったことはない」と強気の答弁が一転!裁判所の記録を見せられ記憶違いとか。また籠池氏とは10年以上会っていないこともどうやら嘘らしい。誰も信じていませんよ「日本会議」でしっかりつながっているのだから。アベも同じでしょうが。
国会に森友学園の籠池(前)理事長が出てきそうですが、籠池夫妻で出でほしいものです。
プロフィール

Author:nsuzuki
北海道のほぼ中心部に位置する旭川・美瑛・富 良野などの自然、人、産業、そして動物たちを写真をとおして紹介していきます。
上川盆地・富良野盆地は北海道の中でも冬の厳しい寒さと、夏の暑さの差が50度にもなる地域であり、大陸的な気候を思わせる地域です。
それだけに自然も豊かであり、大雪山連峰と美瑛・富良野に見られる丘の風景は特筆するものがあります。
これから、自然とそこに生きる人たちが作る「彩りの大地」をお楽しみください。

詳しくはリンクのHPへどうぞ

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
QRコード
QR