朝は雪、午後は春

 今朝、カーテンを開けビックリ!外は真っ白の雪模様。朝7時から町内花壇のパンジー移植作業なのに・・・・ 花壇に積った雪の中での作業になってしまいました。その雪も10時には跡形もなく消え、午後からは春の陽射しも戻ってきました。雪雲が去り、春の空に誘われ車でふらっと出かけてきました。

_DSY1548.jpg

_DSY1552.jpg
まだまだ寒い春ですが、空に浮かぶ雲に暖かさを感じます。

ちょっと寄り道をして美瑛町美馬牛にある Gosh [ゴーシュ]でコーヒを楽しんできました。
_DSY1588.jpg

_DSY1583.jpg

「共謀罪法案」を審議した衆院法務委員会から
金田勝年法相は「一般の人は対象にならない」と強調
盛山正仁法務副大臣が「一般の人が処罰の対象にならないことはないが、ボリュームは大変限られている」と本音をポロリ
金田大臣は反論もできず。ただオロオロ
アベ政権は一般人も「共謀罪」を適用することがバレバレ!
スポンサーサイト

春の嵐でも

 昨日から強い風が吹く、春の嵐の1日でした。道内でも風による被害もあったようで。先週は春の吹雪で雪景色。今日は春の嵐で砂埃でしたが、日に日に春の光を感じることができます。

_DSC8261.jpg
先週は春の吹雪で雪景色に戻りました
_DSY1540.jpg
先週は雪の下で蕾だったチヨノドクサ
_DSY1544.jpg
クロッカスも一気に開花

米国のペンス副大統領が訪日。 アベ、アソウのご両人すっかりハイテンション、米国になんでも貢ぐ勢い。アメリカのポチ状態!
「ポチ」さんに失礼か。

快晴の春の日

 久しぶりのブログ更新です。更新をさぼっているうちにすっかり北海道も春模様となり、水田も丘も春の農作業が始まりつつあります。今日は朝からか青空の1日でした。先週は撮影に出ることができませんでしたが、ここ1週間ほどで日陰の残雪も消え、春の風が気持ちのいい1日でした。明日からは春の嵐の予報ですが。

_DSY1513.jpg
大雪・十勝の山並みが一望できる快晴の1日でした
_DSY1530.jpg
冬枯れした草木も少しずつ緑になりつつあります。

北朝鮮と米国の緊張状態がニュースのトップや新聞の一面記事となっていますが、原発事故自主避難は自己責任発言の今村復興相やまたまた出た山本地方創生相の「一番のがんなのは学芸員」発言などアベの任命責任が問われる大臣オンパレードです。
しどろもどろ答弁の金田法務相、うそ答弁の稲田防衛相などなどぞろぞろいますね。
民進党もすっかり「民退党」状態で.国会論争も低調!

丘はまだ残雪が

 旭川をはじめ近辺の街中はすっかり雪が消えましたが、郊外や丘にはまだまだ雪が残っています。これからゆっくり春がやってきそうです。春の訪れとともにトラクターの音が響くのももう少し。

_DSY1501.jpg
まだ雪深い丘風景 
_DSY1505.jpg
畑の土も見えてきましたが春まではもう少し
_DSY1510.jpg
雪解けの水田は白鳥たちの休息場

「米、シリア政権に軍事攻撃」のニュースが飛び込んできた。アサド政権が化学兵器を使用して攻撃を行ったことへの対抗措置とか。負の連鎖が始まるのか!犠牲者は普通の生活を望む市民や子どもたち。北朝鮮情勢もきな臭くなってきた。世界が揺れ動く時代になったのか。戦争では何も解決しない歴史を指導者は忘れているのか。

庭先の春の花

 本日の最高気温は16度ほど。すっかり雪解けが進み積雪なしになりました。日陰ではまだ残雪がありますがすっかり春景色です。
我が家の庭にも早春の花が咲きだしました。明日からも気温が高いようで長い冬も終わりを告げました。

_DSY1496.jpg

_DSY1489.jpg
早春の花フクジュソウの花が咲きだしました
_DSY1494.jpg
チヨノドクサはまだ蕾ですが2,3日中には咲きそうです

失言?本音?
今村復興相の原発事故の自主避難者について、「(福島に)帰れないのは本人の責任」と発言した。また記者会見で「キレる」はまともに答えることはできないはと醜態を披露した。福島原発事故の復興は福島県の仕事で政府はサポート役?(東電には寛大ですが)
稲田防衛相、金田法相そして今村復興相はこれまでならクビでしょう。そういえばアベもよく「キレる」てますが。
プロフィール

nsuzuki

Author:nsuzuki
北海道のほぼ中心部に位置する旭川・美瑛・富 良野などの自然、人、産業、そして動物たちを写真をとおして紹介していきます。
上川盆地・富良野盆地は北海道の中でも冬の厳しい寒さと、夏の暑さの差が50度にもなる地域であり、大陸的な気候を思わせる地域です。
それだけに自然も豊かであり、大雪山連峰と美瑛・富良野に見られる丘の風景は特筆するものがあります。
これから、自然とそこに生きる人たちが作る「彩りの大地」をお楽しみください。

詳しくはリンクのHPへどうぞ

最新記事
月別アーカイブ
ブロとも一覧
リンク
検索フォーム
QRコード
QR